風の大陸 第21部 地の書
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

風の大陸 第21部 地の書

迫る大陸崩壊の危機。どう動くティーエ!?
著者: 竹河聖 (著者) / いのまたむつみ (イラスト)
シリーズ:風の大陸(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ついに大神官に就任することを受諾したティーエ。しかし、仲間との別離を前に、彼は書庫でふさぎ込む。ティーエの胸に訪れる寂寞とした想い――それは、ラクシへのものか。それとも……。大河ファンタジー21弾!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 文庫フリーク@灯れ松明の火

    ストーリーが前進しているのやら、後退してるのやら。やっと復讐のマレブ復帰。政治的駆け引きや暗躍も、ついついグインと比較してしまう。すでに興味はヴァユラの裏切り者・レスドゥの扱いのみ。《凶星エネリオン》 《ティーエと巫女王の聖婚》どこへ行った? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 珂音

    政争に巻き込まれカリスウェン、ピーンチ!何が悲しいかって、ラクシがどんどん女の子になってきてて、初登場時の凛々しさが薄れてる。凜とはしてるんだけど、恋する女の子なのよねぇ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 朱音

    ちょいと物語は動いた、かのように見えるがそれは誤解だ(泣)イラストがだんだんかっこよくなってきてるのはいいんだけど(線の細さが軽減&筋肉増強。男は美形でも何でも多少は筋肉必要だろ派なので)中身はあまり変ってないので…表紙イラスト、後書きによればカリスウェン&ヴァユラの恋人だそうです。おかっぱじゃなかったんだねキミ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • p.p.

    ラスカーンの生き方には思い当たる節があるので共感するところがある。別に人を殺したことはないけど……。相変わらずのろのろ進行。村に隠した武器がみつかったりカリスウェンがキリに第六侯家の家督を譲ったりしたけどやっぱりのろのろ。マレブは復讐鬼になって再登場。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みとん

    うっかり、二十二部を先に読んじゃいましたが、全然気が付きませんでした…。どんだけ進んでないんだこの話。いつのまにかジャカンが敵の手に落ちてティーエたちがユーザの屋敷に引越してましたが、その過程を省くことは他の小説では多々あると思うし。とりあえず、『地の書』ってサブタイトルだから解読できたのかと流し読みをしましたが解読が大変だってことしか書かれてないし。っていうか、表紙は誰だ?女の子はレイトリンっぽいけど、男は全く思い当たらないんだけど。でも、いい雰囲気☆口絵のカリスウェンが敵っぽく見えるwww 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK