風の大陸 第20部 水面下
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

風の大陸 第20部 水面下

ティーエとラクシとの心の間に訪れる転換と
著者: 竹河聖 (著者) / いのまたむつみ (イラスト)
シリーズ:風の大陸(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

太陽神殿大神官着任の要請を受諾するかどうかで、頭を悩ますティーエ。大陸を救うためには、不可避なことなのか? しかし、神官として神殿に入ることは、親しんだ仲間との別離を意味する。大河ファンタジー!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 文庫フリーク@灯れ松明の火

    ぜ、前巻の引きは何だったのか。引っ張っといて落とすどころか、引っ張っておきながら、スカす。暗殺者モリゼート&隻腕、隻眼のマレブ・影も形も無く全くのスルー。ここまで来て新たなアイテム《地の書》登場・・・。『間抜けども!』と言い放つマッティを、あっぱれと感じた時点で、私の負けなのか。ここまで徹底的にハズされると、被虐的な快感すら生まれてしまう。《心は麻のように乱れた》 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 朱音

    寸止めというか相変わらず停滞中…悩んでるばかりじゃないっすか!もうお子ちゃまなんだから!!なぜこの巻は表紙絵が表示されないんだラクシがますます女の子なのに(泣笑)イラストといえば表紙めくったところの六侯さま、黒いです!しかもいつもより逞しげな筋肉質っぽい感じ。こういう方向性で進んでいっちゃぁくれないもんでしょうか、イラストも物語も…!黒い敵は半ばあきらめてるぜ… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • p.p.

    ティーエが太陽神殿の大神官になる話がやっと進んだかと思えばまたしても二の足を踏み。ようやっと大災害を防ぐ方法が見つかったかと思えばラクシと逢引したり。したかと思えばやっぱり何もなかったり。カリスウェンもカリスウェンで何もしない。隠してた武器が見つかってさあ大変。また展開が遅くなるね。あと8巻でほんとに終わるんですか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 大之介

    唐突に「地の書」が登場。あとは特に進展を感じられない。説明の重複にあまり付き合いたくないけど、次巻もこのサイトの感想を読むために、読んでみるかも。そういえばむかし、この巻まで読んでいたはず… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みとん

    最近の表紙はいいですね〜。ラクシかわゆす♪っていうか、内容が停滞しすぎなんだと…。1冊の中に盛り上がる場所がないなんて!まぁ、ラクシとティーエの雨のシーンはよかったけどさ〜。サブタイの『水面下』って政治的なアレとかヴァユラ村のソレとかだよね?それとも巫女王のもじもじ仮縫い?それにしてもこんなに話が進まないとかありえない…。「あのぅ」「そのぅ」ともたもたティーエの条件提示のようだ。ところでさ、前巻ラストにいたマレブっぽい人は!?影すらなかったようなんですが…もしかして文章にすらでない“水面下”で動いてる? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK