12(トゥエルヴ) demons 12の悪魔 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

12(トゥエルヴ) demons 12の悪魔 2

著者: 御堂彰彦 (著者) / タケシマサトシ (イラスト)
シリーズ:12DEMONS

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

みんなからのレビュー

  • 鑑真@本の虫

    下巻。 悪魔の部位争奪戦もこれにて決着。 保護派の作戦変更は、人間の醜さというところか。 終始、緊迫感に満ちており、窮地を如何に切り抜けていくかが楽しめる。 やはり黒幕はあの部位の保持者だったようだ。 一つだけ、能力抜きでも無敵なのがあったから仕方ないかな。 赦せないことがある時、人はどう染まるのか、という点でも、これはよく表していたと思う。 綺麗にまとまっていたが、ラストのラブコメエンドは必要だったのだろうか。 良くできた作品だったかと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • CCC

    そつのないゲームものだけどサプライズがなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ブナ太郎

    面白かったが、最後のラブコメエンドは要らなかったと思う。あと、前巻に比べてわかりきった結末のくせに、それまでにいたる戦闘がただの小競り合いに見えてならない。もうちょっと、悪魔の存在を全面に出しても良かったのでは? と思った。とはいえ、僕っ娘の黒百合空亜が可愛かったので、よしとします(笑)。文章もしっかりした方なので、この作者の今後の作品はきっともっと面白くなるだろう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ■■■(伏せ字)

    緊迫感があってダレずに楽しく読めた。ラストの突然のラブコメがカオス。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 霜月無二

    張られては回収され、その驚きの後ろでまた張られていく伏線。深夜零時が近付く中で、緊迫感はどんどん増していって、最後の舞台に立つ役者以外は脱落していく。悪魔の部位を巡る争奪戦の結末は、全ての伏線と過去のあやまちを回収して、ハッピーエンドへと向かう。読後感は爽快な部類に入ると思う。出来すぎなくらいかもしれないが、それもたまにはアリだろう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2005/11/25
  • 定価
    650円+税
  • ISBN
    9784840232227

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル