デート・ア・ライブアンコール 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

デート・ア・ライブアンコール 9

さあ——精霊たちの成長と変化をお見せしましょう
著者: 橘公司 (著者) / つなこ (イラスト)
シリーズ:デート・ア・ライブ(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

二亜が豪邸購入計画を立てたり、七罪の知られざる才能が開花したり、折紙が花嫁修業に挑んだりと変わろうとしていく少女たち。しかし精霊たちと士道が乗った豪華客船で事件が何も起こらないはずもなく!?

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    「魂活寺花嫁修業最難関、血魂雄雌出塔でございます」。いやここで一番笑った、笑った。本編の様なシリアスさは欠片もなく、安心して読めるこの別シリーズ。この『折紙トレーニング』もそうだけど、上げて上げておいて最後落としてしまうこの間合いが絶妙だな。橘公司の引き出しの多さを実感できる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    アンコール短編集第九弾。家に帰ってきた士道たちの両親と精霊たちの邂逅、二亜の家探し、学校に行くのを避けたい七罪のマンガ家・小説家・音楽挑戦、折紙の花嫁修業、美九を付け狙う芸能記者、精霊みんなと行くクルージングの旅と今回も安定の面白さでした。士道の両親と見るや掌返しでお義父さんお義母さん呼びする折紙には笑いましたけど、暴走しがちな二亜とか実は多才なのに自虐的な七罪、女の子大好き美九のように、こういうコメディめいた短編でも魅力的なヒロインたちがいきいきと動くのがこの物語の特徴ですね(士道は毎回大変だけどw)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★だから間にアンコールを挟むなと何度も…正直、本編がクライマックスになっているこの時期に短編集を出すのは悪手だと思うのだが、内容自体は面白いのがタチが悪い。本編では語りきれなかったヒロインたちの魅力をこれでもかと披露してくれているのはこれまで通り。ただ、時系列的に仕方のないことだが、これ以上、冬のエピソードが増えてもなあと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シルビー

    今回も良作揃いの短編集。「五河ペアレンツ」ではまさかの士道の両親初登場。折紙の行動が予想通り過ぎて笑いました。「七罪チャレンジ」では七罪の意外な才能が存分に発揮されます。才能ある人の考えって分かんねえな。あと七罪の大人バージョン好きなのでもっと出番ください。次回は六喰の出番も増えるのだろうか?彼女の活躍をもっと見たいので10巻に期待ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    作者は後半のヒロインほど趣味が出ているとどこかで書いてたが、本当に二亜と七罪はお気に入りなんだなと感じる。グリグリ動かしてツッコミボケまんべんなくこなすその姿勢はギャグ短編だからこそ活きるのだろう。まぁ、折紙とか美九とかの変異種みたいなツッコミ皆無なヤツらもいるが(笑) ファンタジア文庫でよくみられる短編集で本編とは全く別の魅力発揮を見せる展開が目白押し。クセのあるキャラばかりなのにキレは増すばかりなので、ついつい手に取ってしまう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル