西野~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~ 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

西野~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~ 5

「人生に一度くらいは」女装(男装)して注目を浴びてみたい人たちへ……。
著者: ぶんころり (著者) / またのんき▼ (イラスト)
シリーズ:西野 学内カースト最下位にして異能世界最強の少年(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

【新作ラノベ総選挙2019[文庫部門第2位! このライトノベルがすごい!2019[文庫部門]新作第6位!】
原作1~6巻、コミック1巻好評発売中! オーディオドラマ好評配信中!
月刊コミックアライブ&ComicWalker&ニコニコ静画にてコミカライズ連載中!
【部活動編、始動! ぶんころり書き下ろしエピソード<ローズのお弁当作り>収録!】

学園カーストの中間層、冴えない顔の高校生・西野五郷は界隈随一の能力者である。
海外での仕事を終えた彼は、どうにか無事に元の学生生活に戻ることに成功するが、その頭の中は相変わらずな青春一色。
異性からモテるため、今度はブレイクダンス同好会に入部を決める。
しかし、当の同好会はとある事情により離散、今まさに廃部の憂き目に晒されていた。
まさか放ってはおけないと、西野は同好会の危地を救うために協力を決める。
時を同じくしてローズを追いかけ日本にやって来たガブリエラが学校に転入学。
いつもの面々に彼女を加えてブレイクダンス同好会として活動することに。
舞台を再び学校に移して、部活動編、開幕。

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 7
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    1〜5巻まとめての感想。これはいい意味で裏切られた。主人公はフツメンとの事だがイラストを見るとどう考えてもブサ面よりやしその上コミュ障、ヒロインはド変態、クラスメイトはヤリチンに性悪メンヘラにヒステリックとキャラが濃ゆいのしかいない。それに加えてお下品な表現も満載と、爽やかさのさの字もない癖の塊みたいなのがこの作品の特徴だろう。最初はこの癖の強さに度肝を食らったが、慣れてくるとその強さが堪らなくなるからこれまたタチが悪い。これこそ珍味系ラブコメだ。 次巻予告も毎回上手いし、これからも期待したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • θ(シータ)

    「わ、わたしっ、旅行の最中に竹内君と鈴木君と、3Pしたもん!」海外での騒動も無事に解決し、一行は平穏な日常に戻ってこれた。しかし、あのニヒルな彼はモテるために次なる計画を立てていた。裏表紙のナイスボディの人は一体誰っ!?部活動編、開幕。ヤンデレ、メンヘラといいレズやゲイ。色々な属性が盛り沢山でまさに混沌の極み状態。新しい属性に目覚めそうな人もいるし相変わらず将来有望なクラスだね。全体的に前座という感じがして盛り上がりに欠けた気はするけど次回予告のあのセリフ、絶対にビッチ浦さんでしょ。星3つ【⭐️⭐️⭐️】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    フツメンと表紙の金髪美少女(本文よりマイルドに表現しております)が同居する事によって金髪美少女の性癖がバレる頻度が上がった。。 さらに銀髪美少女も転校して来て変態度が上がる。 さらに、片目を無くしたフツメンの眼は青くなっていた。 あのフツメンにオッドアイ、、 金髪美少女と同じ色の眼が、、 何だろう、著者さんの筆が凄まじく勢いに乗ってる気がする、、、 もうヤダこの著者さん。 でも文書が上手いから読んじゃうの。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    海外から帰国した西野は元の生活に戻るのだが、相変わらず青春したいと思いながらも空回りの日々が続く。異性からモテる為にブレイクダンス同好会に入部するも部は問題を抱えているわ、ガブリエラが転入して来るわと毎度の事ながらドタバタしながら青春?していく話。毎巻毎巻よくもまあ、こんな癖の強いキャラばっかり出てくるな。それでも面白さが保たれているのが凄い。ローズさん、お弁当に仕込みすぎて笑うw今回はホンマに青春ぽかったな。次巻も楽しみに待とう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    青春を繰り広げる為、ローズやガブリエラ達と一緒に廃部寸前のブレイクダンス同好会で活動する今巻。―――青春とは、リビドーに任せて踊るもの? 前巻までの海外の鉄火場から一変、久々の学生生活編であり西野の勘違いした青春が繰り広げられる今巻。 竹内君の度肝を抜いて彼の胃を痛めつけたりしながらダンスを繰り広げる、下品でロックな青春が心から笑いを引っ張り出してくる巻である。新たな仲間も交え繰り広げる青春は、更に混沌を増していく。果たして、彼の次の学生生活はどんな方向へと迷走するのだろうか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/04/25
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784040656717

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK