デート・ア・ライブ 20
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

デート・ア・ライブ 20

救われた世界で、デートして、デレさせろ!?
著者: 橘公司 (著者) / つなこ (イラスト)
シリーズ:デート・ア・ライブ(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

澪によって、救われた世界。誰もが笑顔を浮かべ、賑やかで心地よい平穏な日常。しかしどこか違和感を覚える士道。そこに狂三が衝撃の事実を告げる。救われた世界でひとりだけ救われない少女、その名前は――。

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    士道のイラストが可愛くなり過ぎて、何かいけないスイッチが押されてしまったみたい…。それはともかく、お馬鹿もやるけど基本精霊の女の子達が優しいんだよなぁ。互いにバトルしあって士道と十香そして天香のデートを支援する身の張り様。そして十香や澪の正体はある程度明かされてきてたので、予想の付く静謐な悲劇へと物語は否応なしに転がっていく。ギリシャ悲劇の様にそれは避けられないものなのか、何かの救済がたとえご都合主義でも次巻降って来ないか、これまでを回想すると共に祈りたくなる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    崇宮澪によって救われた世界。しかし皆が笑顔で過ごす中、どこか違和感を覚える士道に狂三は衝撃の真実を告げる第二十弾。十香が作り上げたという理想の世界を元に戻すべく動き出す士道。世界を維持するための霊力を捻出すべく、そして士道への告白権を賭けて戦う精霊たち。精霊たちそれぞれのらしい魅力的な姿を存分に描きつつ、一方で天香こと反転十香も交えた十香とのデートも印象的でしたが、狂三も四糸乃もいい感じに存在感を見せた末の結末は切なかったです。でももちろんこれで終わりじゃないと思うので、ここからの巻き返し期待しています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★全ての事象が都合よく書き換えられた優しい世界を舞台に、無から生まれた精霊との最後の戦争〈デェト〉の幕が上がる。この1年で積み重ねたものを再確認するための穏やかで微笑ましい、それこそ世界の命運なんて関係ないほど自然なデェトだったのに、それが消えゆく彼女への餞のように思えて胸にズンとくる。優しい世界を少しでも延命させるために行われる精霊たちのバトルロイヤルと、その勝者が思いの丈をぶつけるシーンは、普段の彼女からは想像がつかないほど熱かった。そして、私の涙腺が持つわけもなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シルビー

    前回の続きから。十香の反転体が創った世界で十香とデート、その裏では精霊のバトルロワイヤルが行われるというお話。バトロワは引き伸ばしのようにも感じたけど、四糸乃が想いを口にして、最後に感情をぶつけ合うところは色々とキマした。次巻は十香を取り戻す話になるんだろうか。最終巻、期待してます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    偽りの平和。いない大切な人。精霊、乙女たちによるバトルロイヤル。前回までのシリアス全開の話ではないが、“十香”の核心に迫る物語。最後の慟哭。どうなるんだよぉぉぉぉぉっ! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル