未踏召喚://ブラッドサイン 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

未踏召喚://ブラッドサイン 9

白き女王、ここにきて衣装替え? 『人間を知る旅』の結末とは!?
著者: 鎌池和馬 (著者) / 依河和希 (イラスト)
シリーズ:未踏召喚://ブラッドサイン(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

東欧F国にて暴走した『白き女王』の戦装束『真実の剣』は、世界を吹き飛ばそうとしていた。
 一方、残された女王に信楽真紗美は告げる。城山恭介と世界を救うなら、人の何たるかを知る必要があると。

みんなからのレビュー

  • スズ

    純白の戦装束『真実の剣』の暴走による世界消滅を止めるべく、制御を離れた剣を御するため『人間を知る旅』に出た白き女王。一方恭介は、葵と共に失われた己の家族の記憶を取り戻すための旅に出るが…。徐々に明かされていく恭介の凄惨な過去もキツかったですが、どこまでいっても想いが交わる事はなく、ぶつかり合い殺し合う終着点に降り立ってしまう恭介と女王の関係性がより色濃く浮き上がってきました。恭介に救われた少女達の再登場が嬉しかったですが、物語全体を通して登場人物も読者も鎌池先生の掌で転がされている感じがして、凄く良かった 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 銀の星

    読了。シリーズ第9弾という事で、全ての原点「城山恭介の過去」を知る物語。いや〜滅茶苦茶面白かったです。派手なバトルこそなかったものの、この作品にしては場面転換も少なく登場人物も最小限に進められており大変読みやすかったです。あにうえと『白き女王』の話もあらかた回収されたのでそろそろ終わりかな?個人的にはこのまま突っ切ってもらいたいです。さて、家族愛vs危険な恋の行方とは……次巻も楽しみにしてます。個人的に『色彩なき童女』関連で鳥肌立った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    今巻は恭介の、白き女王の様々な過去が明らかになる巻、そして周りの努力も虚しくご破算へ…と相成るお話です。恭介の過去が壮絶すぎて何とも…、最後の蓮華のドクトルSへの一発で少しは溜飲も下がりましたが…。今後どうなるかは兎も角、現時点では本当にそれこそ後書きにあったようにビヨンデッタが何もしなくてもどうにもならない話だったんだなと言うのは痛感しました。次巻で恭介と白き女王が何処までど付き合いをするのか分かりませんが、そんなバトルに「妹」はどう行動するのかとか色々と気になる点も多く、どんな話になるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    白き女王の戦装束が世界を吹き飛ばそうとする中、女王が人間を知る為に旅に出る今巻。―――知りたい事を探す旅路、明かされるのは兎の心根。 恭介と女王、二人の激突も一旦小休止となり、世界がそれぞれ勝手な動きを見せ始める中、恭介の求めるものが明かされる今巻。最初から二人の求めるものは違っていた、故に最早激突するほかなし。改めて交わらぬ二人の道が明かされ、再びの激突の予感は迫る。その裏、どこでもない所でかの童女の中に芽生える思い。果たして、更に容赦ないだろう二人の戦いの行方とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HANA

    今回は恭介の過去というか始まりの話。結構壮絶な過去話でこんな展開になるのかと思ったけれど後半は相変わらずな感じで。本当に変わったラブコメ話で。ここからどうなっていくのか楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/11/10
  • 定価
    690円+税
  • ISBN
    9784049121667

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル