青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない

おうちとお兄ちゃんが大好きな妹にピンチ到来!? シリーズ第5弾!
著者: 鴨志田一 (著者) / 溝口ケージ (イラスト)
シリーズ:『青春ブタ野郎』シリーズ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

おうち大好き妹から重大発表!
お兄ちゃんのためにお留守番卒業!?な、シリーズ第5弾!

中間試験間近のこの日、咲太は朝からあることに悩まされていた。
『明日、七里ヶ浜の海で会えないかな、翔子さんより』
初恋の相手、翔子から手紙が届いたのだ。しかも咲太は、おつきあいしている麻衣さんにそのことを話せないでいた。またもやこれは波乱の予感!?
――と思ったら、今度はおうち大好きな妹のかえでから、突然の重大発表が! その内容は「学校に行く」というもの。
いじめが原因で家から出られなくなったかえでが掲げた目標に、咲太は全面協力を決意。麻衣さんもまた力を尽くしてくれることに。しかし、2年間まともに外に出なかったかえでにとって、目標到達への道はなかなか険しく――。
フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ、おうち大好きかえでが「お兄ちゃんのためにお留守番卒業!」なシリーズ第5弾!

みんなのデータ

  • 172
    評価する
  • 71
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 寂しがり屋の狼さん

    シリーズ5作目📚️今回は妹の『かえで』ちゃんのお話し。ノートの行は辛かったよ…ちょっと泣いた😢そして謎の翔子さん!次回が気になります(*^^*) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    シリーズ第五弾はおうち大好きな咲太の妹・かえでが脱お留守番を目指して頑張る話。涙腺崩壊しました。酷い虐めによって不登校になったかえでのもう一つの事情、そして咲太と二人三脚で学校に行くために頑張る姿は涙なしには読めません。無事学校に行けるようになってみんなが笑顔になれる終わり方を想像してただけに、この結末は胸が張り裂けそうなくらい切ない。咲太の涙する姿にこちらの涙腺も刺激され、最終的には号泣してしまいました。こんなに泣かされたあとに修羅場エンドとかやめーや。 次巻はようやく翔子さん回っぽいし楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • giant★killing

    私的に今年刊行されたラノベの中では文句無しの1位作品!傑作中の傑作!内容は「初恋の相手」牧之原翔子から手紙で会えないかと聞かれ悩む咲太。そんな中、学校でのいじめにより思春期症候群に陥り不登校になっていた妹の”かえで”がようやく学校に行こうと決心する。そんな”かえで”を応援する咲太と麻衣だったが…。何だよ…このとてつもない喪失感は一体…(大号泣)。P312「かえでには、ゆっくりしてる時間がないんですよ!」←この言葉が本当に胸に染みる…その後の”かえで”の日記を見て、また…本当にお兄ちゃん想いの良い子や…。→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    初恋の相手・翔子から手紙が届き、波乱の予感を感じさせる状況で、おうち大好き妹・かえでが一念発起、最終的に「学校に行く」という最終目標を掲げ、咲太や麻衣さんたちも達成に向け協力する第五弾。今回改めて説明されるかえでの症状と現状。そこから脱却すべく少しずつでも前に進もうとするかえでと、それを支える咲太たちの頑張りと優しさはとても良かったんですが、待っていたのは喜ぶべきなのに素直に喜べない、何とも複雑な喪失感でしたね。翔子登場がまた絶妙なタイミングで、修麻衣さんとの羅場めいた雰囲気がどうなるか次巻が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とら

    この巻を読んで、このシリーズが名作であるということを確信した。(その分やはりタイトルの勿体無さも露呈していくことになるのだが笑)自分たち読者は「かえで」のほうをよく知っているからなあ…戻ってきて欲しいと少なからず思ってしまうが、そもそも戻るって何だって話である。そして咲太がどちらにより感情移入しているかという問題なんてのは更に難しい。どちらも同じくらいというのが最善になってしまう。「かえで」と過ごした二年間は本当に濃密だったのだろうなあ。凄い複雑である。「人生は、やさしくなるためにある」―考えさせられる。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • らぃを
    らぃをが作成したまとめらぃをで紹介されています。
    2

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/09/10
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784048653947

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK