両親の借金を肩代わりしてもらう条件は 日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。

第1話 人生何が起きるかわからない その2

 一葉楓。俺の通う私立めいだい高校の生徒で彼女の名前を知らない者はいないだろう。いたら情報に相当鈍感なやつか潜りだ。

 何を隠そう彼女は昨年末の十二月に発表された全国女子高生ミスコンという大会でグランプリに輝き、日本一可愛い女子高生に選ばれた美少女だ。

 一葉さんは高校生離れした大人びた容姿とプロポーションを併せ持つ学校一の美女だったし、時折見せる笑顔は女神のほほみで男女問わずとりこにしていた。かくいう俺も彼女に憧れを抱いていた一人である。あくまで憧れだ。好きとかじゃないぞ。というか一葉さんが何故なぜ俺のことを知っている? クラスも違うし話したこともないはずなのに。

「どうしたんですか、吉住君。顔が赤いですよ? もしかして風邪かぜですか!? それは大変です! すぐに病院に行かないと───!」

「いや、大丈夫! 熱とかないから! 俺は至って元気だから!」

「そうですか……? でも念のため、確かめさせてもらいますね」

 ひぃ! と失礼にも俺は悲鳴を上げてしまったのだがそれは仕方のないことだ。

 一葉さんは着けていた手袋を外して新雪のようなけがれのないれいな手を俺のおでこに当ててきたのだ。ひんやりとしているが確かなぬくもりが手の平から伝わって俺の体温は急上昇していく。頰だけじゃない、身体全体がっているのが自分でもわかる。

 そんな俺の緊張などお構いなしに一葉さんは小首をかしげる。それだけでも可愛い仕草なのに心なしか頰をフグのように膨らませているのだから破壊力は倍増だ。

「んぅん……やっぱり少し熱っぽいですよ? 病院に行った方が……」

「大丈夫! 気のせいだから! ほら、今まで暖房の効いた部屋にいたからそれが原因だよ、きっと! そんなことより、一葉さんはどうしてうちに? というか助けるってなんのこと?」

「あぁ! そうでした。吉住君、お部屋に上がらせてもらってもいいですか?」

 それは丁重にお断りしたかった。なにせ部屋には現在進行形でタカさん以下強面スーツな男性陣がいる。外見は怖いけど中身は優しい人だって俺はわかっているけれど、初対面かつ一葉さんのような人が遭遇したら卒倒してしまうかもしれない。だから全力で止めたかったんだけど、

「おい、勇也。お客さんか? 悪いが帰ってもらえ。お前はこれから出掛けるんだからな」

 間が悪い。どうしてここしかないタイミングで玄関に来るんですかタカさん! それと部下の皆さんも! あなた達に会わせたくないから帰ってもらおうとしたのに。

「も、も、もしかして一葉楓さんですか!? うわぁ……ネットで見るより全然わいい!」

 一葉さんを見るやタカさんの部下の一人が鼻息を荒くしていた。コンテスト中にSNSに投稿した写真や動画はあまりの可愛さにネット上で反響を呼び、『天使のような女子高生現る!』って見出しで記事にもなったほど。だからタカさんの部下が楓さんのことを知っていても不思議じゃない。

「おい、この嬢ちゃんのことを知ってんのか?」

「知らないんですかタカさん!? この子は一葉楓。日本一可愛い女子高生に選ばれた美少女ですよ!」

 拳を作り、タカさんに食らいつく勢いで説明する部下さん。緊迫した空気がかんする中、当事者である一葉さんは強面な風貌のタカさんやその仲間達を前にしても臆することなく女神の微笑を浮かべながら、

「あなたとお話がしたかったんです、大道貴さん。いえ、ここははら組若頭の大道さん、とお呼びしたほうがよろしいですか?」

 爆弾を投下してきた。なぜ彼女がタカさんが籍を置いている組のことやそこでの立場を知っている? そんななまぐさい世界とは無縁のはずだ。部下さんに詰め寄られて苦笑いしていたタカさんの目に殺気のようなものが宿る。俺にも向けたことのない鋭い目を女子高生に向けたらダメだ。

「タ、タカさん! 落ち着いて! そんな怖い顔をしたらダメだって! 昔祭りの縁日で射的屋のお兄さんをしていたら子供が泣いて逃げたのを忘れたの!? あれ以来優しいお兄さんになるって言ってただろう!?」

「……悪いな、勇也。それとこれとは話が別だぁ。おい、嬢ちゃん。どうして俺のことを知っている。勇也と同じところの制服を着ているみたいだが……あんた、いったい何者だい?」

 ついさっきまでの優しかった俺の兄としての姿はなりを潜め、今ここにいるのは組の若頭としてのタカさんだ。父さん相手にブチ切れている時と変わらない圧を一葉さんに向けている。だが彼女は一切動じることなく言葉を発した。

「私の名前は一葉楓と申します。あぁ、名前は覚えていただかなくて構いませんよ。むしろ覚えられないと思うのですぐに忘れてください」

「あぁ? お前、俺のことを馬鹿にしてんのか?」

「そうやってすごめば怖がると思っているところが何と言いますか……単細胞ですね。あ、失礼しました。あなたと単細胞生物を比べたら単細胞生物に失礼でした。ごめんなさい。それとそのネクタイ、ダサいですよ」

 なんで笑いながらあおってんの一葉さん!? タカさんは若くして組のナンバー2になるくらい実は仕事がめちゃくちゃ出来る人なんだよ!? どんな仕事をしているとかは聞かないでくれ。俺もそこには触れたくないんだ。

「ハ……ハハハ。み、見かけによらず毒舌じゃねぇか。お前さんがゆ、勇也の知り合いじゃなかったらぁ? 色々お仕置きとかしなきゃいけないところなんだけどよぉ? こ、今回のところは特別に大目に見てやるよ!」

 あぁ、タカさんが涙目になってすでにグロッキーだ。タカさんてば見かけによらず打たれ弱いんだよな。

 でも無理もないか。初対面の美少女に鳥頭とかミジンコ以下とか言われて最後には自分ではセンスがあると思っているどぎつい紫単色のネクタイをけなされたら泣きたくなるよな。うん、俺もそう思う。

「おい、勇也。お前も俺のことを馬鹿にしているな? 顔に出てるぞ?」

 出てましたか? いや、俺は別にタカさんのことを馬鹿になんてしていませんよ? むしろ尊敬していますよ?

「ふぅ……まぁいい。一葉楓さん、って言ったか? 散々煽ってくれたけど俺の質問に答えてないよな? もう一度聞くぞ。お前、何者だ?」

「……一葉よういちろう。あなたならこの名前に聞き覚えがあるはずですよね?」

 その名前を聞いても俺にはピンと来なかった。なんとなく一葉さんのお父さんか誰かかなってことは察しが付くが、タカさんにはそれがどんな人かわかったようで、怒りで真っ赤な顔がきょうがくに変わり、それは徐々に青く変色していく。

「警察庁刑事局長……お前のおやさんか?」

「いいえ、陽一郎さんは私の叔父です。ですが父同様、大変私のことを可愛がってくれていましてね。私が頼めば多少の職権乱用もしちゃうかもしれませんよ?」

「お前……俺達をどうするつもりだ?」

「簡単なことです。吉住君から手を引いてください。もちろんタダでとは言いません。吉住君のご両親があなた方からお借りした金額、利子含めて3606万7977円は後日お振込みいたします。ですので金輪際、二度と、吉住君には関わらないでください」

 おいおいおい。なんか黙って聞いていたら話が凄いことになってきたぞ。一葉さんの叔父さんが警察庁のすごく偉い人で、俺の父さんがこしらえた多額の借金を一葉さんが肩代わりするの? にしてもこの金額ゴロがいいな。山麓オウム鳴く?

 なんてくだらないことを考えてしまうくらいに、俺の頭は混乱していた。でも考えてもみてくれ。親が借金残して海外逃亡して、それを返すために十六歳から組で働くことになりかけて絶望していたところに、日本一可愛い女子高生に選ばれた同級生がやって来たと思ったら、若頭を涼しい顔で煽りまくって、挙句の果てに借金を全額返済するとか言い出したらパニックになるだろう?

 だが俺の混乱は終わらない。ならさらなる人物が現れたからだ。

「こら、楓。先に行くなとあれほど言ったのに───!」

 チャイムも鳴らさずノックもなく、突然扉を開けて入ってきたのは一葉さんがそのまま大人になったかのような美人なお姉様。急いできたのだろうか、真冬にもかかわらず額にはじんわりと汗がにじんでいる。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。

    両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。

    雨音 恵/kakao

  • 両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。 2

    両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。 2

    雨音 恵/kakao

  • 両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。 4

    両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。 4

    雨音 恵/kakao

Close