悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される ぷにちゃん

ステンドグラスクッキーよりも甘い?


 妊娠をしてから外出を控えるようになったティアラローズは、読書をしたり、スイーツレシピを書き起こしたりして過ごしていた。

 そこに、紅茶を淹れた侍女のフィリーネがやってきた。

「どうぞ。新しいレシピですか?」

「ありがとう。ええ、可愛いでしょう?」

「はい!」

 ティアラローズの書いたレシピを見たフィリーネが、目を輝かせている。

「これから作ってみようと思って」

 そう言って、ティアラローズは紅茶を一口飲む。

 飲んだらさっそく始めようと思っていると、部屋にノックの音が響いた。フィリーネが対応すると、アクアスティードが顔を出した。

「ティアラ、体調はどう?」

「大丈夫です」

 アクアスティードは「よかった」と、ティアラローズの隣に座る。

「ああ、お菓子のレシピを書いていたの?」

「これなら、落ち着いて出来るかと思いまして」

 お菓子作りをしてはいるが、回数は減った。そのせいもあり、レシピを書き出したりすることが増えている。

「今はまだ無理が出来ないからね。でも、それだとティアラが退屈かもしれないから……そうだ、国民に向けて作りやすいお菓子のレシピを配ってみたらどうかな?」

「え、わたくしの……ですか?」

 予想していなかった提案に、ティアラローズは驚いた。

 けれど、自分のスイーツで国民が少しでも笑顔になってくれるなら、これほど嬉しいことはない。

「ティアラのお菓子は人気だからね。どう?」

「ぜひ、やりたいです! あ、だったらこのレシピはいかがですか? 今から作ろうと思っていたんです」

 ちょうど書き終わったレシピを見せると、アクアスティードが「いいね」と頷いてくれた。


   ***


 時間があるということで、アクアスティードがお菓子作りを手伝うと申し出てくれた。

 ということで、キッチンに二人で並んでいる。

「でも、こんな綺麗なクッキーどうやって作るの?」

 ティアラローズの描いた完成図を見て、アクアスティードは首を傾げる。

「これを使うんです」

「ああ、確かに綺麗だね」

 ティアラローズが取り出したものは、飴。

 けれど、まずはクッキー生地を用意するのが先だ。

「いつも通り生地を伸ばして、好きな型でくり抜きます」

 ティアラローズは花の型で生地をくり抜き、アクアスティードは猫の型で生地をくり抜いていく。

「そうしたら、穴をあける感じで中心部分をくり抜きます」

 今くり抜いた花の型よりも、一回り小さな型で穴をあける。

 アクアスティードも頷くが……猫の型は一つの大きさしかないので、穴をあけることが出来ない。

「……この場合はどうすればいい?」

「ここにお魚の型があるので、これはどうですか?」

「ああ、確かにこれなら小さいからちょうどいいし、穴もあけられるね」

 アクアスティードの猫のクッキー生地に、魚の形をした穴があいた。

「そうしたら、今度は生地を焼きます」

 オーブンに入れて十分ほど。

「その間に、飴を砕きます」

 ティアラローズは袋に入れた飴をめん棒叩き、細かく砕いてみせる。すると、アクアスティードが「それなら」と口を開く。

「私がやるよ」

「はい、お願いします」

 アクアスティードにバトンタッチをし、残りを綺麗に砕いてもらう。すると、ちょうどクッキーが焼けた。

 オーブンから取り出してみると、薄いきつね色と香ばしい匂いが広がる。

「上手に焼けました」

「うん、美味しそうだ」

 ここまできたら、完成まであと少し。

「くり抜いて穴があいた部分に、砕いた飴を入れるんです」

「あ……もしかして、もう一回焼いて飴を溶かす?」

「正解です!」

 さすがはアクアスティードだと、ティアラローズは微笑む。

 ピンク、黄色、水色……と、カラフルな飴をくり抜いた部分に敷き詰めていく。これで、五分ほど焼いたら出来上がりだ。

 ティアラローズがオーブンへ入れると、アクアスティードが覗き込んだ。

「完成が楽しみだ」

「すぐですよ」

 ティアラローズがくすりと笑うと、後ろからアクアスティードに抱きしめられる。調理中だと言おうとするも、先手を打たれてしまう。

「焼き上がるまでこうさせて?」

「……っ、はい」

 耳元で甘く囁かれては、拒否することなんて出来ない。

 ――焼いてるのを見てるだけだもの。

 オーブンの前ということもあってか、ティアラローズの顔は赤くなる。

「こうやって二人でお菓子を作るのもいいね」

 アクアスティードはそう言って、優しく微笑む。

 確かに、普段は仕事が忙しく、二人そろってお菓子作りなんてすることはない。そう考えると、今はいい機会でもあるのかもしれない。

 さらにこのレシピは国民に配るので、同じように家族で作る人も出てくるかもしれない。

 ――お菓子作り好きの男性が増えるのは、大歓迎!

 そんなことを考えていると、オーブンの中の飴が溶け出してちょうどいい頃合いになった。

「あっ! 焼けました、アクア様!」

「私が取り出すよ」

 ティアラローズの頭をぽんと撫でて、アクアスティードはミトンを付けてオーブンからクッキーを取り出した。

「これはすごいな……想像していた以上に、綺麗だ」

「よかった、上手くいきましたね」


 出来上がったのは、『ステンドグラスクッキー』だ。

 くり抜いた穴に流し込んでいた飴が溶けて、キラキラしている。飴の部分は日の光にかざすと、さらに美しさが増す。

 これからの未来も、きっとこのクッキーのように明るいだろうと思えてくる。


 あとは飴が固まるまで冷やしたら、出来上がりだ。

「そうか、すぐには食べられないのか……」

「もう少しの我慢ですね。その間は、お茶を飲みながらゆっくりしましょう」

「ああ」

 ささっとキッチンを片付け、部屋へ戻る。

 すると、アクアスティードがソファへ座って「おいで」と腕を広げた。

「――っ!」

 もしや、自分の膝の上においでということだろうか。いや、間違いなくそうだろう。

 悩みつつも、ティアラローズはアクアスティードの膝の上にちょこんと座る。すると、アクアスティードがぷっと噴き出した。

「もっと近くにおいで」

「あっ!」

 ぐいっと腰を引かれて、アクアスティードの胸に抱きしめられる。そのまま頭にちゅっと口づけられ、「クッキーの匂いがするね」と言われてしまう。

「今まで作っていましたから」

 そう言ってティアラローズが顔を上げると、アクアスティードの金色の瞳と目が合って、どきりとする。

「ティアラはいつも甘いのに、これじゃあ本当のお菓子みたいだ」

「アクア様、ん……っ」

 おしゃべりは後でとでも言うように、キスで唇を塞がれてしまう。飴を舐めたように甘いのに、こちらが溶かされてしまいそうだ。

「飴が冷めるまでキスさせて?」

「っ、さ、さすがに長すぎです……!」

 そう言いつつも、ティアラローズは目を閉じてアクアスティードのキスを受け入れた。



 後日、国民に配布したステンドグラスクッキーのレシピは大好評だった。

 その見た目の美しさから専門店の立ち上げ話も出ているようで、ティアラローズは両手をあげて喜んだのだった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close