【5/20(金)発売!!】史上最強の大魔王、村人Aに転生する 10

第一一三話 元・《魔王》様と、学者神の慟哭 前編

「ヴェーダ様の説得について、私は十分に可能性があるのではないかと考えています」

 沈黙を破る形で、俺は場に一石を投じた。

「師(おや)と友、両者を乗せた天秤は未だ、揺れ動いている状態にあるのではなかろうかと」

「……根拠は?」

 アルヴァートの問いかけに対し、俺よりも先にオリヴィアが返答を投げた。

「《固有魔法(オリジナル)》、か」

 彼女の言葉に俺は首肯を返す。

「えぇ。先の一件において、ヴェーダ様は《固有魔法(オリジナル)》の詠唱はおろか、その前段階である異能の行使さえしなかった」

 彼女が有するそれは創造と破壊。

 その究極形である《固有魔法(オリジナル)》を用いたなら、我々を殲滅することも不可能ではない。

 だが、ヴェーダはそうしなかった。出来たはずのことをしなかったのだ。

 この根拠に対し、アルヴァートは腕を組みながら頷いて。

「なるほど。賭けてみるだけの価値はある、か」

 アルヴァートの納得を受けて、オリヴィアは話を次へと進めていった。

「……どのようにして、奴のもとへ辿り着くのだ?」

 当然の疑問である。

 おそらくヴェーダはもうこちら側と対話するつもりはないだろう。

 よって彼女が拠点とするキングスグレイブへと侵入し、面と向かって言葉をぶつける必要がある。そのためには確実性の高い侵入経路を確保したいところ、だが。

 ここでアルヴァートが口を開き、

「その点については既に調査済みだ」

 言い終わるや否や、奴の隣に何者かが顕現する。

 それはゴシックロリータを身に纏った麗しい少女であった。

 カルミア。外見は人間そのものだが、その正体は三大聖剣の一振りにして、およそ剣と名が付く概念の頂点、ディルガ=ゼルヴァディス。

 アルヴァートは彼女に斥候を任せていたのだろう。相も変わらず抜け目がない。

「カルミア、報告を」

「……結論から言えば、陸も空も隙がない。ただ一カ所、陸路のルートが比較的容易に見えたのだけど、おそらくブラフだと思う。認識不能な罠が仕掛けられている可能性が高い」

「アード・メテオール。貴様の異能で以て、トラップを無力化することは?」

「対策されていると考えるべきでしょう」

「つまり……陸にも空にも、確実なルートなどないというわけか」

 アルヴァートの結論を受けて、皆が唸る中。

 ただ一人、エルザードだけが淀みない口振りで断言する。

「だったら、空から侵入しよう」

 まるで決定事項を語るような言いざま。これにアルヴァートが眉をひそめながら、

「空路を選んだ根拠は?」

「お前さぁ、さっきから根拠、根拠ってうるさいんだよ。そんなのあろうがなかろうが、どうだっていいだろ」

「……何を言ってるんだ、このトカゲは」

 頭痛を覚えたか、こめかみを抑えるアルヴァート。

 それを一瞥もすることなく、エルザードは言い続けた。

「竜族は空の支配者だ。それが引き下がったまま終わりだなんて、絶対にありえないね」

「……あなたのプライドを守るために皆を危険に晒していいわけがない。クソトカゲは少し黙っていてほしい」

「お前が黙れよ、ガラクタ」

「ガラ、クタっ……!?」

「あるいは役立たずと言うべきかなぁ? 三大聖剣ってのも、たいしたことないよねぇ」

「…………ねぇアル。こいつ、ブチ殺していいよね?」

「今はまだそのときじゃあない。そんなことよりも」

 大きく溜息を吐いてから奴はこちらを見た。全ての決定権を俺に委ねると、そう言いたいのだろう。どうやら皆、同意見だったようだ。

「ふむ……エルザードさん、自信と覚悟はおありで?」

「ボクが空を拓く。文句があるなら言ってみろ」

 向けてくる眼差しが何よりの答え、か。

「よろしい。狂龍王の面目躍如、魅せ付けていただきましょう」

 彼女は力強く頷いて……白き巨龍へと変異する。皆、その背へと乗り込み、そして。

「さぁ、リベンジと参りましょうか。エルザードさん」

「勝手に負けたことにすんなよ、アード・メテオール」

 翔ぶ。

 三対の翼を展開し、蒼穹の只中を駆ける狂龍王。

「そろそろ迎撃エリアに入りますよ。準備はよろしいですか?」

 これはエルザードへの問いかけであると同時に、皆に対するものでもあった。

 彼女の力だけを恃むつもりはない。全員、一丸となって、これを突破するのだ。

 そうした意思が皆の視線から伝わってくる。

「……やはり、善き仲間であったのだな」

 ローグの口からポツリと声が漏れた、次の瞬間。

 飛来する。煌めく球体が。超高熱の塊が。我々を撃墜せんと、飛来する。

「これしきのことでッ! 竜を墜とせると思うなッッ!」

 勇ましい叫び声を上げながら、エルザードが吶喊する。

 大気を引き裂いて、膨大な熱源のことごとくを躱し、突き進んでいく。

 飛翔速度を秒刻みで高めながら。

「君の辞書には慎重って言葉がないんだな、阿呆トカゲ」

「ハッ! そんなもの、君達が居れば必要ないだろ!」

 疾さを増すは、信頼の証。

 万が一仕損じたなら我々がどうにかするという、彼女の考えを表すもの。

「……あの狂龍王が、私達のことを」

 驚嘆するジニー。その隣で、俺は首肯を返しながら。

「信を置かれた以上、気張らねば面目が立ちませんよ、ジニーさん」

「そう、ですわね」

 貸し与えた魔装具、紅き槍を握り締めて、ジニーが呟く。そして――次の瞬間。

「備えろ。新手か来るぞ」

 獣人族(オリヴィア)の視力が我々の目に映らぬそれを捉えたらしい。

 彼女の警告から数秒後、異形の群れが波濤の如く押し寄せてきた。

 魔物ではない。ヴェーダ手製の実験動物であろう。

「とんでもない物量だが、僕達には関係がないな」

「そうだね、アル」

 相棒の意を察したか、カルミアがその姿を変異させる。

 美しい少女のそれから、七色の煌めきを放つ聖剣へと。

「やるぞ、カルミア」

「了解」

 龍の背に立ちながら、アルヴァートは聖剣を構え、

「ヴァスク・ヘルゲキア・フォル・ナガン(矮小なる者共よ、我に頭を垂れよ、さもなくば)――」

 超古代言語による詠唱を経て、アルヴァートが大技を放つ。

「ガルバ・クェイサ(無へと還るがいい)ァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!」

 聖剣の刀身が繰り出したそれは、破壊力を伴う虹色の煌めきであった。

 空一面を覆い尽くすような超・広範囲攻撃。

 その一撃で以て、敵方の群れは全滅…………とまでは、いかなかった。

 装甲めいた硬質な鱗を有する個体達が、まだ多く残っている。

「手抜きしてんじゃねぇよ、女男」

「ここで力を使い果たす方がどうかしてるだろ。それぐらいわかれよ、阿呆トカゲ」

 応酬する二人をよそに、オリヴィアが小さく呟いた。

「……任せろ」

 粛然とした声音に反し、心は熱く燃えているのだろう。

 腰元に提げた魔剣を鋭く抜き放ち……龍の背を蹴って、飛んだ。

 まるで打ち出された砲弾のように空を征くオリヴィア。

 そして。

「斬る」

 切断。

 すぐ近くまで接近していた敵方の巨体を一刀のもとに斬り捨て、落下直前の亡骸を足場のように利用し、跳躍。再び空を直進し、次の敵を切断。彼女はそれを繰り返した。

 敵の鱗がいかに頑強であろうとも、オリヴィアにとっては紙切れも同然。

 斬って斬って斬って斬って斬りまくる。

「……終いだ」

 最後の一体を両断し、その亡骸を蹴って、こちらへと帰ってくる。

「剣聖、オリヴィア・ヴェル・ヴァイン。その腕、錆び付いてはいなかったようだね」

「……これしきのこと、どうということもない」

 初撃を放ったアルヴァートと、それを見事に次へと繋げたオリヴィア。

 四天王二人の活躍に、ジニーは己が槍をギュッと握り締めながら、

「せめて、足だけは引っ張らないように、しませんと」

「……気負うな。お前にはお前の領分がある」

 ローグに話しかけられたことがあまりにも意外だったか、ジニーは目を見開いた。

 俺も少々、予想外ではあったが……かまけてはいられない。

「次から次へとキリがありませんね」

 一時消失した敵方と熱球。されど所詮、第一波に過ぎなかったか、今回は先刻に倍する数がやってきた。とはいえ――この程度なら、特に問題はない。

 先刻の状況を再現し、第二波も片が付いた。その後の第三波、第四波もまた。

「奇妙ですね。ヴェーダ様が操作している割りには、あまりにも弱々しい」

「……おそらくは、奴の手が入っていないのだろう」

 敵方の動作を思うに、ローグの言葉は正しいのだろうが、しかし。

「なぜ迎撃に関与していないのか。これがわからない」

「俺にも見当が付かん。しかし、いずれにせよ」

「あぁ。好機と見るべき、か」

 この分なら危険空域を一息に突破し、キングスグレイブへと侵入出来るだろう――と、楽観的な考えを抱いた、そのとき。

「ぬぁっ!?」

 エルザードの巨体が停止する。まるで、見えない壁にぶつかったかのように。

 ……いや、まるで、ではなく。事実その通りだったのだろう。

 眼前に在る透明の壁を睨みながら、俺とローグは同時に口を開いた。

「結界、ですか」

「張られていて当然だな」

「~~~~っ! 知ってたなら事前に教えとけよっ! ダブル馬鹿っ!」

「いや、少し考えればわかることかと」

「貴様の頭脳はシルフィーと同レベルか、狂龍王」

「こんなときだけ息合わせてんじゃねぇぞ、このド畜生共がっ!」

 やり取りしつつ、我が異能、解析と支配を用いて結界の硬度を測定する。

「……なるほど、最終防衛機構として申し分ないものですね、これは」

「生半可な業では破壊出来んな」

 そうこうしているうちに、周辺の虚空にて闇色の穴が開き……無数の怪物が出現する。

 手をこまねいていれば消耗が続き、ジリ貧となろう。

 ゆえにここは。

「皆さん、邪魔な羽虫の対処をお願いします」

「……うむ。我々が時間を稼ぐ間に」

「えぇ。私とローグ、そしてエルザードさんの三人で、結界を破壊いたします」

 各自、役割を認識した瞬間……一斉に動作する。

「オリヴィア、今回は君に任せる。これ以上の消耗は望ましくない。ジニー・サルヴァン、君と僕で彼女の援護だ。いいな?」

「は、はいっ! 必ずやお役に立ってみせますわっ!」

「……期待しているぞ、ジニー」

 アルヴァートが聖剣を、ジニーが紅槍を構える中、オリヴィアが竜の背を蹴って敵の大群へと突入。三人が状況を開始すると同時に、俺はエルザードに呼びかけた。

「過去の再現にして、我等が関係の変化を証する連携。即ち……大技のぶつけ合いと参りましょうか、エルザードさん」

「ハッ! 上等だよ、アード・メテオール」

 次いで、ローグへと視線をやる。さすがもう一人の俺だけあって、詳細など話さずとも意図が理解出来たらしい。奴の首肯を確認すると共に、

「コード:シグマを発動する。合わせろ、ディザスター・ローグ」

「……補完術式の構築を開始。発動まで残り一〇秒」

 俺が有する最大威力の大技アルティメイタム・ゼロ。これは元来、《固有魔法(オリジナル)》を発動したうえでしか使用出来ず、魔力の消耗も甚大である。

 されどもう一人の自分という特殊な存在の助力を借りたなら、平時の状態で発動出来るだけでなく、魔力の消費も半分以下まで削減可能。

 こちらが着々と準備を進めていく中で、エルザードのそれもまた整いつつあった。

「《フルム》《エヴィザ》《グウィネス》……」

 彼女の眼前にて、黄金色の魔法陣が形成される。

 次の瞬間、それと重なるように、我が漆黒の魔法陣が出現。

「《エヴシム》《ルファサ》《ウルヴィス》《アズラ》……」

「魔力充填率六〇%、七〇%、八〇%、九〇%……」

 過去の記憶が脳裏に浮かぶ。まだエルザードが敵方であった頃、イリーナを誘拐した彼女との決戦において、我々は互いの大技をぶつけ合った。

 これはその再演にして……変化の証明。その瞬間が、今。

「行くぞ、アード・メテオール……!」

「準備は整っていますよ、エルザードさん」

 息を合わせ、そして――

「消えてなくなれッッ! 《エルダー・ブレス》ッッ!」

「《アルティメイタム・ゼロ》、発射(ファイア)」

 黄金色の魔法陣から蒼い奔流が。闇色の魔法陣から紅き奔流が。一気呵成に、放たれた。

 まるで大瀑布の如き光線が、重なる形で突き進む。

 その過程において、紅と蒼、両者が融合し、尋常ならざる破壊の渦へと進化。

 それは瞬く間に不可視の防壁へと衝突し――

「ボク(狂龍王)と君(《魔王》)の合わせ技だ。打ち破れない壁なんて、あるものか」

「左様。これしきの防壁など、我々の前では薄紙も同然かと」

 目前の光景は俺達にとって、当然の結果であった。

 数秒間の拮抗を経て、不可視の防壁が崩壊。木っ端微塵となったそれが、まるで陽光を浴びたガラス片の如く煌めいて、眼下へと降り注いでいく。

「……頃合いか」

 遠方にて、敵方を刻み続けていたオリヴィアが、最後の一体を両断。その亡骸を足場にして跳躍し、こちらへと戻ってくる。

「とりあえず、挑戦権は得られたといったところかな」

 呟いたアルヴァートに、エルザードが一言。

「おい女男、何か言うことは?」

「……褒め言葉でもくれてやればいいのか? 阿呆トカゲ」

「違ぇよ、馬鹿。謝罪しろって言ってんだよ、馬鹿」

「は? 何に対して謝れと?」

「ボクの力を舐めてただろ。けれど結果はご覧の通りさ。見事に空路を――」

「あぁ、そうだね。僕達が援護してやったおかげで無事に突破出来た。もし君だけだったなら、序盤の段階で撃墜されていただろうさ。叩き殺された羽虫みたいに。だから君は僕達に感謝すべきだな、雑魚トカゲ」

「…………お前、本当に覚えてろよ。全部終わったら真っ先に殺すからな」

 侮蔑と殺意の応酬に、俺は肩を竦めながら、

「気を引き締めてください。先程アルヴァート様がおっしゃられた通り、我々はまだ挑戦権を得ただけなのですから」

 割って入り、口喧嘩を止めた後。

「下降してください、エルザードさん」

 要塞化された古都・キングスグレイブへと降り立つ。

 着地点は真下。ヴェーダの拠点と思しき、ラボラトリーの敷地であった。

 竜の巨体が地面へと着き、重量感に満ちた音を響かせる。それからすぐ、我々は彼女の背中から飛び降りて、着地。……そんな俺達を迎え入れるかのように。

「やっぱり、君達か」

 ヴェーダが、施設の中から顔を出した。

「おや、これは予想外ですね。貴女は最後の最後まで、拠点の内側に篭もるものと想定していたのですが」

「……そうしたところで、君達はどうせワタシのもとへ辿り着く。だったら無駄な時間は省くべきだし、それに……」

 言葉が句切られた、その直後。ヴェーダを取り囲むように、闇色の穴が開く。

 そして彼女は言った。我等への拒絶に等しき、その言葉を。

「実験台になってくれる相手を探してたんだ。君達がそれを務めてくれるというのなら、こちらとしても助かるよ」

 口から出た声は冷ややかで。

 向けてくる瞳は、まるで無機物のように情の色味がなかった。

 初めて会った頃を思い出す。あのときも、あいつはこんな目で俺達を見ていた。

 だが。

「貴女は誰よりも自分に正直だった。それゆえに……嘘のつき方がわからないと見える」

 ヴェーダの眉がピクリと動く。されど、彼女の意思は不変のまま。

「……ワタシ、嫌いなんだよね。君みたいにしつこい奴は」

 来る。

 ヴェーダ・アル・ハザードが。

 かつての四天王が。

 己が道の只中にて惑う、我が友が。

 ――それを前にして。

「矛を交えねば解し合えぬ思いもある」

 俺は、宣言した。


「参りますよ、ヴェーダ様」


------------------------------

試し読みは以上です。


続きは2022年5月20日(金)発売

『史上最強の大魔王、村人Aに転生する 10.大魔王降臨』

でお楽しみください!


※本ページ内の文章は制作中のものです。実際の商品と一部異なる場合があります。

------------------------------

関連書籍

  • 史上最強の大魔王、村人Aに転生する 1 神話殺しの優等生

    史上最強の大魔王、村人Aに転生する 1 神話殺しの優等生

    下等 妙人/水野 早桜

  • 史上最強の大魔王、村人Aに転生する 2 激動の勇者

    史上最強の大魔王、村人Aに転生する 2 激動の勇者

    下等 妙人/水野 早桜

  • 史上最強の大魔王、村人Aに転生する 10 大魔王降臨

    史上最強の大魔王、村人Aに転生する 10 大魔王降臨

    下等 妙人/水野 早桜

Close