プロローグ

 あの日のことは忘れもしない。

 俺には付き合い始めてから一年がとうとする彼女がいた。

 名前はあいさかれい

 大学は別々だが、同い年で話が合う。そして俺にはもつたいないくらい可愛かわいい容姿。

 性格も温厚で、周りからもよく羨ましがられた。

 大学生の交際は、中高生のそれに比べて一段大人の付き合いになる。

 当然、大人の関係にもなった。

 羨ましがられるのも、ある意味当然かもしれない。

 俺自身、こんなに出来た彼女と付き合っていることが誇らしく、似合わないサプライズまで計画するほどの熱具合だった。

「一年記念日って、こんな感じでいいかなあ」

 手に持っているのは、一年記念日デートのために購入した高価なシャンパン。

 付き合い始めた記念日に造られたシャンパンを二人で飲むという、カップルようたしと言わんばかりの計画を立てるなんて、以前の俺では考えられなかったことだ。

 明日は彼女が好きなイタリアンコースの予約もしたし、きっと喜んでくれるはず。

 家に近付くにつれて、礼奈がどんな反応をしてくれるかという期待感と、ここまでの用意が報われなかったらたまらないなという僅かな不安。

 だが家の前で待っていたのは、自分の彼女が他の男と手をつないでいるという訳の分からない状況だけだった。


「別れよう」


 一年という交際期間に、まさかこんな形で終止符が打たれるとは。

 ──サンタとう一ヶ月前の話だ。

 美少女サンタの到来により、俺の日常は大きく変わっていく。


    ◇◆


「サンタって良い子にしてても来ないよなあ……」

 今年に入って吸い始めたタバコの煙が寒空の下で揺らめく。

 俺、がわゆうは駅近の公園で不満を漏らすように口にした。

「サンタの報酬によっては良い子にしてやらないこともないわ」

 隣で俺がタバコを吸い終わるのを待ってくれている友人、あやがニヤリと笑いながら言葉を返す。その表情で何を言いたいのか大体察することができた。

「その報酬とは」

「彼氏!」

「だろうよ」

 予想通りの答えに素っ気なく返事をすると、彩華は口をすぼめた。

「なによ、当然でしょ? この時期なんてみんな大抵はそんなもんよ」

 俺が三本目のタバコをくわえるのを見ながら「あんたは何が欲しいのよ」と質問してくる。彩華も俺の答えは分かっているようで、既に口元は綻んでいた。

「金」

「プハッ、やっぱり!」

 彩華はその答えを待ってましたとばかりに吹き出す。

「うるせ」

 今度は俺が口をすぼめる番だった。それを見て彩華はますます可笑おかしそうに笑う。

「あんた、やっぱまだ元カノのこと引きずってんのね」

「ちげーよ」

「ははは、駄目。笑い止まらない」

「違うって!」

 ムキになって声を大きくすると、彩華はやっとのことで笑いんだ。

「ごめんごめん。ツボっちゃった」

「性格悪っ」

ねないでよ」

 俺の肩をたたきながら、いまだ笑いを我慢して口元をヒクつかせる彩華に思わずためいきいた。

 彩華とは高校二年から大学二年の現在に至るまでの、かなり長めの付き合いだ。学部も同じな為、一緒の時間を過ごすことが多い。

 世間でいう、れい系の顔をしている彩華は人気が高い。

 だが仲良くなるにつれ性格に難ありだと思われ、なんだかんだと彼氏ができないでいた。

 俺はこいつの人の不幸を笑い飛ばす性格は嫌いじゃない。むしろ元カノと別れた時に笑われた時は心が軽くなったくらいだ。

 元カノとは一ヶ月前に浮気をされた結果別れたのだが、大抵の友達はそれを聞くと動揺し、何とか俺を慰めようとしてくれる。

 そういった姿を見るのが嫌だった俺は、その件を笑い飛ばしてくれた彩華には感謝していた。

 それに一部から性格に難ありだとは言われているが、彩華は結構優しいやつだ。現に今こうして、喫煙者でもないのに嫌な顔一つせずタバコに付き合ってくれている。

「それで、どーなのよ元カノとは。連絡取り合ったりしてんの」

「アホ、してるわけねえだろ。そんなにメンタル強くねえよ」

「よしよし、そうこなくちゃ。そろそろ来る? 合コン」

 彩華は目をキラリと輝かせて笑う。色んなサークルの人と絡んで顔が広い彩華は、たまに合コンの幹事を務めては俺を誘ってくる。

「えー」

「私があんたのサンタになってやるからさ!」

「あ、給料出るの? 行くわ」

「ちっがうわ! 何が悲しくてあんたに金払わなくちゃいけないのよ!」

「じゃあ行かね」

 タバコを灰皿に押し付けて、喫煙スペースから離れる。

「あれ、行くの?」

「ごめん、今日バイトなんだ」

「そっか。またね、気が向いたらラインちょうだい」

「おう」

 短めの挨拶を済まして帰路につく。

 合コンはあまり好きじゃなかった。

 バイトはとっさについたうそだったが、あのまま彩華といると延々と誘いを受けそうだったので仕方ない。

 服に染み込んだタバコの残り香が、今日はえらく鼻についた。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています

    カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています

    御宮 ゆう/えーる

  • カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています 2

    カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています 2

    御宮 ゆう/えーる

  • カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています 3

    カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています 3

    御宮 ゆう/えーる

Close