怪盗失格

「なーにやってんの?」


 目に痛いほど真っ青な空の下で、俺と同じ高校の制服を着た彼女――前園美冬まえぞのみふゆは、落下防止柵の向こう側に立っていた。


「あっついよなぁ~。今日の最高気温四十度だってよ? 溶死するわ」


 変化に乏しいその表情。それでも少しだけ驚いた様子を見せる美冬の近くで、柵にぐでっと寄りかか――


「あっつ!」


 なんだこれ! こんなの素手で触ったら火傷するわ!


「ふふっ」


「あ、笑ったな? 熱いもんは熱いんだからしょうがないじゃん。つーかどうやってそっち側行ったの? これ手で触れる熱さじゃなくない?」


「我慢できないほどじゃないですし」


「マジか。実は火傷したりしてない? ほら、ちょっと見せてみ?」


 手首を掴んで観察。リスカの痕はなし。そっち方面に病んでいるわけではなさそう。


「それで、なにか用、ですか?」


 手を振り払われる。若干の警戒の色。まあ当然か。


「アイス食べに行かない?」


「…………はい?」


「いやこの暑さじゃん? 友達とアイス食べに行こうぜって話してたんだけど、ドタキャンされたんだよね。いや~スマン、やっぱ彼女とデート行くからまた今度な、だってさ。は?って感じじゃね? みんなテンションだだ下がりで解散待ったなしだったわ。なに、彼女がいるのがそんなに偉いの? ペアルックとかできるぐらい仲がいいのがそんなに自慢か? 彼女いない歴=年齢がそんなに悪いことか!? クソがァ! 羨ましいんだよ!」


 おっと、いかんいかん。つい熱くなってしまった。美冬、ドン引きしてんじゃん。あれもこれもゆだるような暑さと彼女持ちの裏切者が悪い。


「まあそれでも口はアイスの気分なので、暇そうな人を探してた」


「……私、暇そうに見えますか?」


「少なくとも忙しくはなさそうだけど?」


 じっと目が合う。先に逸らしたのは美冬の方だった。


「本当は止めに来たんでしょう?」


「まーね。よっ、と」


 柵を乗り越えて美冬の隣に立つ。


「美冬ちゃんはさぁ、秘密探偵って知ってる? 簡単に言えば、虐めや体罰を調査するために生徒として潜入している探偵のことなんだけど。いくら教師が目を光らせたところで虐めはなくならないし、むしろ体罰とかセクハラとか教師が問題を起こすことも多いじゃん? そういう不祥事の早期発見と予防を目的として素行調査の名目で雇われてるのが秘密探偵ってわけ。生徒に紛れて不穏分子を監視、告発するって仕事内容が秘密警察と似てるから秘密探偵って言うらしいよ。これ豆知識ね」


「へー」


「あ、興味ない感じ? んじゃ巻きで。とにかくさ。俺、それなんだよね」


「高校生探偵とかフィクションの中だけの話だと思ってました」


「実在するんだなぁ、これが。まあ殺人事件に挑んだり、密室トリックを解き明かしたり、怪盗と対決したりはしないんだけど」


「でしょうね……」


「なんでちょっとガッカリした感じなの。怪盗なんていないんだからしょうがないじゃん」


「いますよ、怪盗。最近なら怪盗・赤羽あかばねとか。しかも日本です」


「何十年も前の話だろそれ……。しかも尾ひれがつきすぎてほとんど都市伝説じゃん」


「詳しいんですね。意外です」


「偶々知ってただけだけどなー。美冬こそよく知ってたね。そういうの、好きなの?」


「さあ、どうでしょう……? ただ、怪盗、なんて呼ばれた人が、なにを思って怪盗になったのかは少し気になります」


「所詮コソ泥だし、金のためじゃね? ……なにその目。わかったよ。ちゃんと考えるよ」


「お金のためなら、もっと盗みやすいところから盗めばいいはずです。わざわざ怪盗になんてなる必要がありません。……本当に探偵なんですか?」


「オーケーわかった。俺、能力面から疑われてるのね」


 それはちょっと困るな。よし、ちょっと雰囲気出して、信用を取り戻そう。なーに、俺ならできるさ。一拍置いて、いざ。


「――法では救えないなにかのため」


 美冬の視線が俺に定まり、わずかながら興味が向くのを感じる。ふっ、チョロいぜ。


「これは推理でもなんでもないただの私見だけどなー」


「正義の味方、ということですか?」


「まさか。怪盗なんて所詮は悪党。だからその行いは恣意的なものに過ぎない。正義の味方を名乗るには公平性が足りてないよ」


「探偵の勘、というやつですか?」


「みたいなもんかなー。ま、あれだ。プロファイリングってやつ?」


「そんな無理に探偵キャラアピールしなくても」


「アピールとか言うな。ってあれ? なんの話してたんだっけ?」


「秘密探偵について特にいらない豆知識を教えていただきました」


「そうだった、そうだった。それでさー、これがなかなかにブラックでさー。まともに仕事ができる高校生探偵なんてほとんどいないから常に人手不足だし。高校生になってからバイト感覚で探偵始めたなんちゃって探偵も少なくないし。数も質も足りないのに、なんかあったら俺らが責められるわけだし。なのに報酬クソ安いし。学費が経費扱いでタダってことぐらいしか旨みないんじゃねぇかなぁ」


 なお学費分を報酬に含めて計算しても素行調査の相場より安い模様。やっぱクソだわ。


「だからまあ、職務上、学校側に報告する前に自殺されると困るんだよね」


「……別に、本気で自殺しようなんて考えてたわけじゃないですよ」


「え? マジで? もしかして俺の早とちりだった? 痛いヤツになってる?」


「はい」


「否定してよ」


 嘘つきだなぁ、美冬。……それにしてもちょいちょい辛辣だよね。俺のこと嫌いなの?


「でもまあ、こんなところに立ってるくらいだし、ちょっとは考えてたんだろ? ならなんかしら悩みはあるわけだ。ほら、お兄さんに話してみ?」


「お兄さんって……。先輩だったんですか?」


「いや? 同級生だけど」


「えぇ……。じゃあ――……名前、なんて言うんですか?」


「お? 俺に興味出てきた感じ?」


「やっぱりいいです」


「あー! 待った待った! 俺は風間英詩かざまえいし。高校生名探偵・風間英詩だ」


「そうですか。私は前園美冬です」


「うん、知ってる」


「……そういえば、なんで知ってるんですか?」


「そりゃ探偵だから。調査対象の個人情報ぐらい頭に入ってる」


「ストーカー……?」


「人聞き悪すぎぃ」


 確かに探偵なんて職業ストーカーみたいなもんだけど。


「まあいいや。それよりアイス食べに行こっか」


「悩みの話はもういいんですか?」


「暑すぎて外で喋ってるの怠くなってきた。涼しい室内でアイスデートしながら話そ?」


「今さり気なく要求をアップグレードしませんでした?」


「えー。いいじゃん。付き合い立てのバカップルみたいに食べさせあいっこしようよ」


「絶対イヤです」


「なんで?」


「なんでって……。そもそも私たち恋人じゃないですし」


「んー……じゃあ付き合う?」


 ちらっ。ひえっ、視線が冷たい。人間ってこんなに冷たい目ができるものなんだ……。


「風間さんのことが一つわかりました。こうやっていつも女の子に声をかけては食い散らかしてるんですね。女なら誰でもいいんだ。女の敵」


「いやいや誰でもいいってわけじゃないって。まずなにはともあれ顔が良くないと」


「うっわ、しかもルッキズムですか。最低ですね」


「褒めてるつもりなんだけど?」


「ひょっとして人を褒めるの下手ですか?」


「そう言われてもなー。俺が美冬のことで知ってるのなんてまだ表面的なことだけだし。後は精々スリーサイズぐらいだよ……」


 今初めて話しているんだから、こればっかりはしょうがない。……ねぇ、なにその拳。


「あっ、ちょ、目はやめて、目は! 無言で殴りかかるのは勘弁して! 職業病! 職業病だから! つい外見的特徴を測っちゃうんだよ! 悪気はあんまりないって!」


 というかこんな狭い足場で暴れたら――ああ、ほら、言わんこっちゃない。


「へ? ――――っ!!」


 ズルっと足を滑らせた美冬の表情が凍り付いた。追いかけるように跳ぶ。


「っと、危ない危ない。口説いてる最中に死なれちゃ困る」


 柵に引っ掛けたワイヤーに掴まりながら美冬を片腕で抱え込み――


「というわけで。どうせ死ぬならさ。その前に俺と恋愛しない? ――美冬」


 ――精一杯の決め顔で告白した。

 …………。それにしても美冬って本当に表情変わらねぇな。ほぼほぼ無表情じゃん。今、命救って告白したんだよ? きゃっ、素敵! 抱いて! ってならんの? 少なくともジト目で睨まれてるのはおかしいでしょ。


「嵌めましたね?」


 あ、バレテーラ。


「ふいに落ちることで、飛び降りに対して恐怖を覚えさせて投身自殺を阻止」


「無知な一回目はできても、知ってしまった二回目はできないことって多いからなぁ」


「そしてこの恐怖だとか緊張だとかそういう心臓の高鳴りを恋によるものと錯覚させる。吊り橋効果、でしたか? ナメないでください。そう簡単に恋に落ちたりなんてしません」


 ゆっくりと降下して地面に足がついた。美冬が俺を突き飛ばすように離れる。


「あ、おい。どこ行くんだ」


「帰るんですよ」


「アイスデートは?」


「お断りします」


 残念。完全にフラれたらしい。でもまあ最低限の目的は達成できたので良しとしよう。


「それとさっきの返事ですが――私と心中してくれるなら付き合ってもいいですよ」


 返事も待たずに美冬は去って行った。


「あー……そいつは悩むなー」


 けどまぁ。まずは仕事の続きと行きますかね。


    *


「よっ」


 美冬のアルバイト先に訪れた俺は、そっと美冬の背後に忍び寄り、軽く肩を叩いて人差し指を伸ばす。振り向いた美冬の柔らかな頬に、手袋に包まれた俺の指が刺さった。怪訝そうに目を細める美冬に、サングラスをずらして顔を見せる。


「…………古い」


 美冬が面倒くさそうにボソッと呟いた。おいこら、こっちはお客様だぞ?


「一周回って新しくない?」


「古いです」


 そんな冷たい目で見なくてもいいじゃん……。


「セクハラで通報しますよ?」


「そこまで!? 確かに最近はそういうの厳しいけどさぁ!」


「わかってるじゃないですか」


「ああ、うん。表情じゃ全然わかんないけど、わりとおこなのね……。でもいいのかなー? 俺にそんな態度とって。うちの学校、バイト禁止だったと思うけどぉ? 俺の報告書次第では……美冬ちゃん、どうなっちゃうんだろうねぇー?」


「ゲスい悪役みたいな台詞ですね」


「三下の演技なら任せろ。助演男優賞も狙えるぜ」


 ここはアミューズメントカジノ。いわゆる普通のカジノとは違いチップを換金をすることはできないが、それ以外は本物のカジノ同様、カジノゲームを楽しむことができるアミューズメント施設だ。性質上、賭場というよりはゲームセンターに近い。

 美冬はディーラー役なのだろう。明るい色の髪を肩につかない程度にまとめたポニテ。ストライプのシャツに黒いネクタイとベスト。ホットパンツとニーハイの隙間を埋めるガーターと絶対領域が眩しい。美冬が俺の視線から逃れるようにもぞもぞと足を動かす。


「……どこ見てるんですか?」


「うなじ、太股。うなじ、太股。くっそエロい」


「ふんっ」


「ローキック!」


 他の客からは見えない絶妙な角度とこの威力……。やるな、美冬。


「はぁ……。風間さんこそ、なんでこんなところにいるんですか? ここ、十八歳未満入店禁止なんですけど」


「スーツ着てればいちいち年齢確認なんかされないっての」


 持っててよかった変装用スーツ。


「人を呼んで来ますね」


「ちょちょちょ、ちょっと待ったちょっと待った! ここは裏取引と行こうじゃないか。俺、美冬のバイト、黙る。美冬、俺の年齢、黙る。オーケー?」


 溜息交じりだったが、取引成立。これでお互いに弱みを握りあった。一蓮托生だぜ。


「とりあえずさ。せっかく来たんだし付き合ってよ。デートの埋め合わせってことで」


 誰もいないポーカーテーブルを親指で指差す。


「ルールは知ってるんですか?」


「ロンドンで親父に習った」


 俺と美冬しかいない一対一のテーブル。美冬が慣れた手つきでカードを二枚ずつ配った。遊びのチップを適当に賭ける。♥A♥J。悪くない。


「ここ、上のフロアってなにがあるの? VIP会員しか入れないとか言われたんだけど」


「そのままの意味ですよ。VIP会員しか入れない専用フロアがあります」


「VIPになる方法は?」


「さぁ? 私はそちらの担当ではないので」


 ♠Q♥10♦9。お、ワンチャンありそう。ちょっとレイズいっとくかー?


「それより風間さん。――つけましたね?」


「まさかー。そんなわけないじゃんー」


 やっべ。動揺して一気にチップ崩しちゃったよ。オールインじゃんこれ。でもダサいから引っ込めるのはやめよ。どーせ遊びだし。


「では今日初めて会った風間さんが、その日のうちに私のバイト先に来たのは偶然だと?」


「そうそう偶然偶然」


「……ではこうしましょうか。このゲーム、勝った方がなんでも一つ質問できるというのはいかがです? 当然、負けた方は嘘も誤魔化しもなしで」


「へぇー? いいね。乗った」


 キタ――! ♥K! ワンチャン♥Qがくればロイヤルストレートフラッシュ。こなくてもストレート! 勝ったな。ククッ、さーて、なにを質問してやろうか。夢が膨らむぜぃ。


「♣Qですね。それでは――ショーダウン」


 チッ。そう上手くはいかないか。まあいい。どっちにしろ勝ってるだろうしな。


「♥A♥J。ストレートだ」


「♥Q♦Q。フォーカードです」


 ……………………は?


「私の勝ちですね」


 得意げに、しかし淡々と美冬がチップを回収する。


「え? マジ? 嘘でしょ……」


「マジです。さてそれでは」


「ああ、うん。そうだよ。美冬を尾行してました」


「いえ、それはもう反応でわかってるので別の質問を。――風間さんって、本当に探偵なんですか?」


「まだ疑ってたの!?」


「よく考えたら特に証拠もないですし。単なる悪質なストーカーという可能性も……」


「いやいやいや! 本当だから!」


「でも告白とかしてきたじゃないですか」


「それは! …………あー、うん」


 冗談だから! → へー。風間さんってやっぱりそういう軽薄な人なんですね。女の敵。

 ガチだけど! → 恋愛感情を拗らせてストーカー化……。通報しておきますね。

 つ、詰んでる。どうしようもないやつだ、これ。


「ヤッホー。美冬チャン、元気カナ?」


「っ。ご無沙汰しております。酒井様」


 救世主おっさん! 救世主おっさん現る!


「今日は、最高気温、四十度だってネ。オジサンが若い頃は、もっと涼しかったヨ。美冬チャンは、熱中症とか、大丈夫カナ?」


「はい。ご心配いただきありがとうございます」


「そういえば、美冬チャンは、今日、フロアデビューだったヨネ? オジサン、張り切って来ちゃったヨ。今日は、美冬チャンと遊ぼうカナ? なんちゃって」


「かしこまりました。ではVIPフロアへとご案内いたします」


 酒井というらしい乏しい頭髪をなんとか隠そうと努力した形跡が見える腹の出っ張ったおっさんが、ねちょっとした手つきで美冬の肩を抱く。いや別に脂汗をかいているわけじゃないんだけど、なんというか、こう、空気というか雰囲気というかがねちょっとしているのだ。美冬、よくあれに顔色一つ変えずに耐えられるな……。俺なら反射的に背負い投げしそう。


「酒井様。こちらは一般フロアですので」


「ああっ、そうだったそうだった。ゴメンネ」


 酒井がパッと離れる。あ、やっぱり耐えがたかったのね。


「美冬」


 呼び止めれば、一度立ち止まって振り返ってくれた。


「なんでしょう?」


「ポーカーフェイス、上手いね。それも職業病?」


「――さあ? どうでしょうか?」


 美冬は一瞬きょとんとしてからクスリと小さく笑って、今度こそ酒井と連れ立ってVIPフロアとやらに向かった。


「さてと。俺も俺の仕事をしますかね……」


 席を立ち、歩き出す。途中、VIPフロアから降りてきた男性とぶつかったが、お互いに軽く頭を下げて何事もなかったかのようにすれ違った。ほくそ笑む。


「悪いね。ちょっと借りるよ。後で落とし物として届けておくからさ」


 スったVIP会員証。これで俺もVIPフロアに入れるわけだ。

 

    *


『あのクソガキ! どんなイカサマしてやがる! 優良顧客を蹴散らしやがって……。こっちのプランがオジャンだ! ……酒井様は?』


『まだフロアにはおられるようですが、私のテーブルにはもう』


『チッ。どこから湧いてきやがったんだクソガキが。……どこのどいつだ?』


『わかりません』


『だったら体でもなんでも使って上手いこと聞き出してこい!』


『…………』


『このフロアに上がった意味くらいわかってんだろ? 金がいるんじゃないのか?』


『…………わかりました』


『そうだ、それでいい。あの苦労の一つもしたことがなさそうなヘラヘラしたツラ、どうせどっかのボンボンだ。搾れるだけ搾り取って親を引きずり出せ。わかったな?』


『……はい』


「ハッ、苦労の一つもしたことがなさそうなヘラヘラしたツラで悪かったな」


 美冬に仕掛けた盗聴器から聞こえてくるのはきな臭い裏事情。まあいいさ。想定の範囲内だ。美冬がフロアに戻ってくるのを耳にしてイヤホンを外す。


「どーこ行ってたの?」


 後ろから忍び寄って肩を組む。びくっと美冬が一瞬緊張した。ちらっと横目で様子を窺ってみれば――うわっ、すごい露骨に迷惑そうな顔してる。相変わらず変化に乏しい表情だけど、だんだん読めるようになってきたわ。


「三度目……。足音を消して背後から近づくのが趣味なんですか? 変態ストーカーさん」


「オイオイ、趣味で尾行してるような三流以下と一緒にしないでくれよ。一流の名探偵は尾行対象に気取られるようなヘマはしないってだけさ」


 これ以上嫌われるのもあれなので、美冬の肩から腕を外して空いているテーブルに誘う。


「それよりさ。アイス食べない? 奢るよ」


「スタッフが口にしているものは一つ残らずお客様の奢りですよ。まあいいですけど」


 一個三千円の豪華な高級アイスと一杯四千円の無駄に洒落たノンアルカクテルを二人分注文する。これだけで一万四千円也。ぼったくりもいいところだ。


「なんていうか、カジノっていうより、ガールズバーとかキャバクラって感じだよな」


「へぇ……。行ったことあるんですか……」


「イメージだよイメージ! だからそんな冷たい目で見ないで! もしかして忘れてる? 俺、高校生だからね?」


「それにしてはずいぶんと羽振りがよろしいようで」


「全部おっさんどもから巻き上げたチップだけどな」


 テーブルにぶちまけられた数百万円分のチップを弄ぶ。これを全部換金して美冬に渡したら問題は解決するだろうか。まあパクった会員証だから無理なんだけど。


「ずいぶん強いんですね。意外でした」


「言ったろ? ロンドンで親父に習ったって」


「さっきは私にボロ負けしたクセに」


「わざとだよ、わざと。無理やり口を割らせるのは趣味じゃないんだ」


 ということにしておこう。だってその方がカッコいいじゃん?


「それでどんなイカサマをしたんですか?」


「えー、酷くない? イカサマなんてしてないよー」


「うそばっかり。うそつきは泥棒のはじまりですよ」


「泥棒、泥棒ねぇ。ま、そこはお互い様でしょ。ルーレットは回転数がコントロールされてるし、シックボーはダイスを振ってるカップの下が可動式でカジノ側にとって都合のいい目のダイスにすり替えるタイプ。シューも同じく細工済み。ずいぶん露骨だよねぇ。まあ闇カジノなんてたいていそんなもんらしいけど」


「…………もうここがどういう場所なのかわかったでしょう? 大火傷する前に帰った方がいいですよ」


 換金できるチップ。違法賭博。露骨な接客サービス。他の客の話や盗聴できた内容によれば性接待もか。しかもJKビジネス。――完全にアウト。真っ黒だ。いるだけでもヤバイ。そういうレベル。俺だって帰りたい。だけど俺にはまだやることがある。


「それは美冬次第じゃない?」


「はぁー、もう勝手に……っ? アイス? 涼しい室内……。……もしかして、私が話すまで尾行を続けるつもりじゃ……?」


「下卑た目つきした脂ぎったおっさんどもをカードで蹴散らしてあげたじゃん」


「それとこれとは、というかそのせいで」


「俺から巻き上げろって話になってるんでしょ。――どんな手を使ってでも」


 美冬が驚いたように目を見開く。


「……どこまで読んでるんですか?」


 残念。読んでなんかいない。ただ盗み聞いただけだ。


「ここのシステムって面白いよな。飲食ぐらいなら現金でも購入したチップでも獲得したチップでもなんでも支払えるけど、あっちのサービスはそうじゃないらしい」


 女性スタッフを連れて別のフロアに移動する男を顎で指し示す。


「その夜、一番多くのチップを積み上げたヤツが一夜を共にできる。ただしゲームで勝ち取ったチップでなければ積み上げられない。なるほど。ここにいるのは誰も彼もが勝ち組だ。おまけにギャンブルにのめり込むような人種。『勝ち取った』という付加価値はこれ以上ないほど大きいだろうさ」


 まあ大金に物を言わせてダランベールでチマチマ稼げば購入チップを獲得チップに変換することもできるだろうけど、そっちは例外というか救済措置みたいなものだろう。あんまりにも勝てなくてサービスも受けられないとなったら客が離れるしな。


「げへへっ。どうする? 美冬が望むならチップの塔を築いてあげてもいいわよん?」


「どうぞご自由に。私に止める権利はありませんから」


「足。足踏んでるから。口ほどに物を言うじゃん」


 まあ冗談はおいておいて。


「そんでもって美冬はそのことに納得していない、と」


「まさか。当然納得していますよ。そうじゃなきゃこんなところにいません」


「嘘だね」


「……どうしてそう言い切れるんですか?」


「だって美冬、俺のセクハラに過剰反応してたじゃん。美冬の性格からしてスルーする方がよっぽど自然だろ? だけど美冬は必ず反撃していた。これからここで起こり得ることを連想しての防衛反応だ」


 俺の足の上から美冬の足が退けられる。おいおい図星だって言ってるようなものだぜ。


「さぁ、それじゃあどうして自殺を考えるほど嫌なのに法的リスクを背負ってまでこんなところで働いているのか。なにかしらの事情があるんだろうけど……ま、金だろーね。身辺調査はしたけど、脅迫の線は薄かった。後の問題はなんのために金が必要なのかだけだ」


 美冬が諦めたように笑った。――落ちたな。単純なホットリーディングとバーナム効果の組み合わせだけど、これがなかなか効果的。心なんて本人にさえあやふやなものを見抜くぐらいなら、こちらで用意したシナリオに合わせて信じ込ませた方がよほど容易い。ホワイダニットは作るものなのさ。ここまでチョロいと将来騙されないか不安になるけど。


「ご明察。流石の推理力です。本当に探偵だったんですね」


「嘘でしょ。まだ疑ってたの……?」


「学費ですよ、学費。ほら、うちの学校、学費高いでしょう?」


 探偵を雇うにはコストがかかる。有名私立とはいえ、当然、それを支えるだけの収入が必要だ。学費も相応に高くなる。が、問題はそこじゃあない。


「なんでまた急に。入学できてるってことは一年の頃は問題なかったんだろ? 親の事業でも失敗したか? まぁなんにせよ急な経済困難事由なら奨学金が」


「母親が男と出て行ったんです」


「…………お、おう。お、お父様は……?」


「いませんよ。母子家庭だったので」


「そ、そうか……。ん? ってちょっと待てよ? じゃあ今美冬は、一人?」


「はい。なので奨学金の申請も転校手続きもできません。退学だって強制的に除籍にならない限り無理でしょう。なにせ保護者の許可がないので。……もういいですか? 探偵の仕事もこれで十分でしょう?」


「んー……ま、そうだな。予想外に重い話だったけど、確かに探偵の仕事はここまでだ」


「では私は仕事がありますので」


「ああ、ちょっと待って。これ、落とし物。返しといて」


「……どうやってVIPフロアに入ったのかと不思議に思ってましたけど、まさかこんな手だったとは思いませんでした」


 呆れたような表情を見せる美冬がVIP会員証を受け取って席を立つ。

 これで調査は終了。探偵の仕事は終わり。あくまでも探偵の仕事は調査だ。解決は警察か弁護士の仕事。これから美冬がどうなるのか。その答えは探偵である俺には関係ない。

 そう。だから。

 それじゃあカイトウ編といこうか。――さぁ、ショータイムだ。

 

    *

 

 流れ作業のようにカードを配りながら思う。

 きっと今夜、私が買われることはない。積み上げられたチップがそれを許さない。

 もちろん大金に物を言わせてこれ以上のチップを積み上げることはできるのだろうけど、今のところそれをする人はいなそうだ。あるいは風間さんの言う通り、ここに来る人たちにとって『勝ち取る』ということの価値は私が思うよりも遥かに大きいのかもしれない。

 結局、風間さんはチップを換金することなく、全て私に積み上げて帰った。……たぶん。

 フロアに姿は見られないし、帰ったはずなのだが、まだどこかに潜んでいてもおかしくない……。あの人ならやりそう。

 ――ウソだ。本当はわかってる。風間さんが私につきまとっていたのはあくまでも探偵としての仕事だったから。仕事が済んだのならこれ以上私に関わる理由はない。

 だからきっと、これは風間さんなりの執行猶予なのだろう。

 今晩中に足を洗え。これはそういうメッセージ。

 もし私が明日からもここを訪れるようならば、風間さんは容赦なく私を告発するだろう。そうなれば私は退学になる。それどころか犯罪者の烙印を押されるかもしれない。

 だけどここを辞めたら結局学費が払えずに退学になるしかない。もう三ヶ月も滞納しているのだ。これ以上は学校も待ってはくれないだろう。もっとも裏の事情を知ってしまっている私を運営が逃がしてくれればの話だが。

 ――詰んでいる。選択肢を与えるというにはあまりにも残酷だ。どちらを選んでも結果が変わらない。私は破滅する。


「ふふっ、流石は名探偵。犯人を追い詰めるのはお手の物というわけですか」


 もはや笑うしかない。

 その時、ふと、フロア内が騒がしいことに気付いた。


「美冬ちゃん。これ、なにかのイベント?」


 お客様に見せられたのは黒地に赤文字が踊る特徴的で不吉な予告状。


『今宵、貴方の“秘密”を頂戴する』


 凝ったデザインとは対照的に、ただ一文のみが書かれたシンプルなそれ。見覚えがないはずのそれに、なぜだか私は既視感を覚えた。


「いえ、特にそういった話は聞かされておりませんが……。確認いたします」


 インカムのスイッチを押す。


『なんだ! このクソ忙しい時に!』


「申し訳ございません。予告状?のようなものが出回っているようなのですが」


『知るかよ! こっちが聞きてえぐらいだ! クソッ、こっちはなにも聞いてねぇぞ……。客になんか聞かれたら、適当に誤魔化せ。わかったな』


 一方的に通信を打ち切られる。辺りを見渡せばいくつもあったディスプレイまでもが次々とこの予告状らしきものを映していった。


「申し訳ございません。お答えできないことだったようで」


「そっかー。これ、どこかで見たことがある気がするんだけど、どこだったかなー?」


「この予告状、どちらにございましたか?」


「あっちこっちにあるよ。そこら辺に普通に置いてあったり、シューから出てきたり。いつの間にかポケットに刺さってた、なんて人もいたね」


 悪戯にしてはずいぶんと手が込んでいる。なんて思った瞬間、視界が真っ暗になった。


「停電……? すぐに予備電源に切り替わりますので――っ!」


 急に腕を強く引かれて、口を塞がれる。驚き。恐怖。動けない。待って、どこに連れていかれるの!?

 照明が点いて視界が戻る。私を捕まえていたのは、仮面で顔を隠した赤い衣装の怪人。


「まさか……怪盗・赤羽?」


「これはまたずいぶんと懐かしい」


「なるほど、そういう趣向でしたか」


 お客様方に納得の輪が広がっていく。

 違う。これは余興なんかじゃない。本物の不審者だ。そう叫ぼうにも口を塞がれている。引きはがせない。足を踏みつける。微動だにしない。せめてもの抵抗として睨みつけようとして――


『前園美冬。ラストチャンスを差し上げよう。今から選択肢をくれてやる』


 いつの間にかつけられていたイヤホンから、今日一日でずいぶんと聞きなれてしまった声がした。


『二つに一つ。私とゆくか、彼らとあるかだ』


 私を押さえつけていた彼の腕から力が抜かれた。これならいつでも逃げ出せる。


『どちらを選んでも茨の道。君に安寧は訪れないだろう。しかし、その覚悟があるのなら――どうか私の手をとって欲しい』


 なにをやっているのだろう、この人は。

 こんなことをしてもなんの得もない。ただいたずらにリスクを背負うだけ。

 なにがしたいんですか? なにを敵に回しているのかわかっているんですか? どうやってこの状況を切り抜けるつもりなんですか? そのコスプレはなに?

 ああ、だけど。一つだけ確かなことがあるから。私の選択は――

 

    *

 

 や、や、や、やべええええええええええええええええええええ! やっちまったぁあああああああああああああああああああああ! データ改竄したら逃げるつもりだったのにいいいいいいいいいいいい! しくじったぁあああああああああああ!


「レディ――――ス、アンド、ジェントルメン! 今宵、当カジノへお越しの皆々様。支配人に代わり、歓迎の意を申し上げる。ようこそ! 私のステージへ!」


 ちくしょう! こんな状況でもペラ回しは絶好調だぜ! 主演男優賞は獲ったな!


「さて、先刻予告した通り、貴方の秘密を頂戴した。……今、私の手の中にある」


 ま、しょうがないか。上手いこと逃げ出せたならともかく、見つかってしまった以上、データ改竄がバレる前に、ここで闇カジノには引導を渡さなければならない。美冬をこいつらと心中させるわけにもいかないし、こんな時のための用意もしてある。

 なぜなら俺は怪盗・赤羽三世。この衣装に袖を通した時から覚悟はできている。

 赤い羽根は勇気と善行の象徴。怪盗はどこまでいっても悪党に過ぎないからこそ、己が良心に従い、勇気を持って己に恥じることなき行いをなさねばならない。だから。


「取り返す方法はただ一つ。この私を捕まえることだ!」


 大仰な身振りで注目を集め――黒服が突入してくるまで三、二、一、今――指を鳴らす。


「いたぞ! 取り押さえろ!」


 明らかに堅気ではないいかついスーツ姿の男たちがこのフロアへ入ってくる。同時、仕掛けた装置から着色ガスが一気に噴出。視界が奪われる中、美冬の手を引いて駆け抜ける。

 ところでまだ美冬から返事を貰ってないんだけど、逃げもしなければ抵抗もしないってことはそういうことでいいのかな? まあ都合よく解釈していいってことにしとこ。

 フロアから飛び出して向かう先は階段。前方から黒服が一人。バラバラに向かってくるとは練度が低いな。

 一瞬、美冬の手を放して、踏み込む。先手必勝。投げ飛ばす。チョロいな。バリツは探偵の必修科目だぜ? おっと、今は怪盗だったか。


『なんとしても捕まえろ! 野郎、よりにもよって顧客データを盗みやがった! これが表に出れば終わりだぞ!』


 拝借したインカムから怒鳴り声が聞こえる。情報が抜き放題で結構なことだが、うるさいのでもう少し静かに話して欲しいところだ。


「はっ、はっ、顧客データなんか盗んだんですか?」


 もう美冬の息が上がってきたか。思ったより体力ないな。いや、こんなもんか?


「それだけじゃない。そう、例えばこんな仕掛けも」


 ポチっとな。


『エレベーターが止められただぁ!? クソがぁ! システムがハッキングされてやがる!』


 はい、これで援軍は即席の檻に閉じ込められましたとさ。いやー、仕込んでよかったバックドア。スマホで簡単、遠隔操作。まあそのうち対策されるだろうから、そう何度も使うことはできないけど。

 階段に到着。駆け降りようとして、階下から複数の足音。ちっ、美冬を連れて突破するのはリスキーだな。ならプランRだ。美冬の手を引いて階段を駆け上がる。


「はぁっ、はぁっ、こ、こっちは、はっ、屋上」


「問題ない」


 屋上に到着。仕掛けを確認。時間は――参ったな。予定よりも少し早い。まあ美冬も限界っぽいし、ちょうどいい休憩時間か。引っ張れるだけ引っ張って、無理そうならすぐに離脱しよう。捕まったら元も子もないし。

 一分もしないうちに黒服どもが追いついてきた。屋上の縁に追い詰められる。


「美冬、てめぇ……。なに一緒になって逃げ回ってんだ。捕まえるなり、足止めするなり、ちったぁ働けや」


 この声はインカムに向かって怒鳴っていたヤツか。たぶん美冬の元上司。しかしこの状況で美冬が裏切っていないと考えるとは。存外人がいいのか、美冬が勝ち取った信用がそれだけ大きいのか、あるいは侮っているのか。まあどれでもいいか。


「すみません。私、カジノ辞めます」


「あ?」


「やっぱりオジさんとエッチするのイヤです。私は母とは違うので」


 一瞬の静寂。吊り上がる元上司のまなじり


「てめぇ!」


「フハハハハハハハハ! フラれたならば私が頂戴しても文句はあるまい?」


 高笑いで恫喝を阻止。もう時間稼ぎは十分だ。

 美冬を抱いて一歩後ろへ。あと一歩で落ちる。


「おい、待て。てめぇら、まさか」


 赤くなったり青くなったり忙しい男だ。


「覚悟はいいかな、お嬢さん?」


「はい。――ずっと前から」


 遠く。サイレンの音が聞こえる。美冬を抱えたまま空中に身を投げた。

 

    *


「雇ってもらいに来ました」


 ………………は?

 闇カジノでの華麗なる脱出劇から一夜明けて。事務所のドアを開けると、やたらと大荷物を持った美冬がいた。美冬は事務所に入るなり荷物を降ろしていく。いやちょっと待て。


「雇う? え? 誰が誰を?」


「英詩さんが私を、です」


「美冬が俺を、ではなく?」


「依頼したいこともないのに探偵なんて雇ってどうするんですか。そもそもそんなお金ありませんよ。私、今、一文無しなんですよ?」


 オーケー。まずは落ち着こう。俺は今、相当混乱している。うん、まずは、そう、とりあえず話を聞こう。まずは聞き取り調査。これ、探偵の基本。美冬を応接用のソファに座るよう促す。


「……なんで隣に座ったの? 普通、正面に座らない?」


「正面……? やれやれ英詩さんは欲張りですね」


 よっこいしょ、なんて美冬が俺の膝の上に登った。首に手を回されて、至近距離で見つめ合う。美冬の瞳に映る俺は……呆気に取られていた。そりゃそうだ。


「これで満足ですか?」


「うん、不満しかないね? 誰かさんの綺麗な顔に視界が占領されて、他になにも見えないんだわ。その瞳に吸い込まれそう」


「ところでここはお茶の一つも出さないんですか?」


「話聞けよ。傍若無人か」


 立ち上がったら美冬が落ちる。しょうがないので腰を支えて抱き上げる形で立ち上がろうとすると、俺の手が腰に触れる寸前で美冬が膝から降りた。


「なるほど。お茶汲みは助手の仕事というわけですね」


「いやそんなこと一言も言ってないけどね。というか助手ってなんだよ」


「助手では不満ですか? なら秘書でも内弟子でも、肩書はなんでも構いませんよ」


「そういう意味じゃないよね? どう考えてもなんで急に雇って欲しいとか言い出したのかでしょ……。美冬って、探偵になりたかったの?」


「いえ別に探偵になりたいわけではないです」


「じゃあなんでだよ……」


 台所に向かう美冬を見送りながら溜息をつく。わけがわからない。

 というか美冬、なんか距離感おかしくね? 昨日まで俺のこと風間さんって呼んでたじゃん。なんで急に英詩さんになったんだよ。隣に座ったり、膝の上に乗ってきたり、そういうことするタイプじゃないでしょ、君。その違和感に比べたらなぜか事務所の台所の位置を知ってることとかどうでもいいわ。いややっぱ気になるわ。なんで知ってるの?


「台所の場所は英詩さんの視線と間取りから推理しました」


「しれっと心読むのやめてくれない?」


「すみません。つい。どうでもいいことを考えていそうだったので。どうぞ」


「ひどい」


 美冬がちゃっかり俺の隣に座る。もうなにも言うまい。ツッコんだら負けだ、負け。いっそのことこの状況を楽しもう。せっかくなので淹れてもらったお茶を一口。うまっ。


「いつでも店が開けるレベル」


「うーん……ここはちょっと立地が」


「うん、誰も事務所潰して喫茶店開けなんて言ってないね」


「まあ二人の愛の力があれば大丈夫でしょう。よろしくお願いしますね、ア・ナ・タ?」


「言ってないねぇ!」


 つ、疲れる……! これホントに美冬か!? 誰かが変装してるんじゃないだろうな……? チラッ。このスリーサイズは間違いない。美冬だ。


「それでさっきの話ですが、立派な志望動機なんてありませんよ。そもそも私を探偵にしようとしたのは英詩さんでしょう? なにを今さら驚いてるんですか」


「俺、別に美冬を探偵にしようだなんて思ってないけど?」


「だったらなんで初めて会った時に秘密探偵について話してくれたんですか?」


「ただの愚痴だけど」


「バイト感覚で始められて人手不足。報酬は安いかもしれないけど学費が無料。ものの見事に今私が抱える問題を解決できますね? 英詩さんはこういう解決方法もあるって教えてくれたんでしょう?」


「名探偵じゃん」


「なので雇ってもらいに来ました」


「迷探偵じゃん」


 どうしてそうなった?


「それだと俺のところじゃなくてもよくない? なんでここに来たの?」


「それはもちろん英詩さんが一番頼りになるからですよ」


 …………。


「お、ぐらついた。ちょっろ」


「ちょろくねーわ。ぐらついとらんわ。精々震度7だわ」


「ぐらっぐらじゃないですか」


「お前、そりゃしょうがないだろ……。男は頼られると嬉しくなっちゃう可哀想な生き物なんだからさぁ」


「したたかな女ほどおねだり上手ですけどね」


「ところがどっこい、それでもいいのが男だ」


 哀しき習性よ。


「まあそれでも断固拒否するんだが」


「えー」


「えーじゃない。もっと大手に行けよ。そっちの方が研修とか色々充実してるって」


「まあまあそう言わずに。あ~んしてあげますから」


 お茶請けとして置かれていたクッキーを片手に美冬が身を乗り出してくる。


「え? 嘘でしょ。それで喜んで引き受けると思われてるの?」


 まあ食べるんだけど。


「もぐもぐ……。うっま。これどこの商品?」


「愛情たっぷりお手製クッキーです。手土産に持ってきました」


「着々と餌付けされてる気分」


 さてと、どうしたもんかな。知らない仲でもないし、できることなら助けてあげたいけど、正直、今の風間探偵事務所には人を雇う余裕なんてない。


「んー…………、うん。やっぱ」


「イヤです。責任とってください。……私にあんなことしたくせに」


「はいちょっと待ったー! 意味深な言い方やめようね!? 俺、なんもやってないよー!」


「私の職場を潰したじゃないですか」


「やってたわ」


「朝のテレビで違法カジノが摘発されたってニュースを見た私の気持ちわかります? いつ警察が来るのかと怖くて怖くてしょうがなかったですよ。なのに英詩さんは一人でさっさと帰っちゃうし……」


「でも警察は来なかっただろ?」


「はい。誰かさんがデータを改竄してくれたおかげで」


 おおう。そこまでバレてんのね……。


「落ち着いてからようやく気付きましたよ。予告状の『貴方の“秘密”』が指すのは私が違法カジノで働いているという秘密。そのために英詩さんは違法カジノにある私に関するデータを改竄した。わざわざ予告状を送ったのは現場を混乱させて警備に隙を作るため。まさか本気で犯行を行うつもりの人物が予告状を送ってくるなんて馬鹿なことをするはずがないという意識の間隙を突き、悪質な悪戯だと勘違いさせて必要以上に警戒させない。実際、お客様は予告状を見つけてもカジノ側が主催したイベントだと思っていましたよ」


「やってることが違法賭博だしな。少しでも不安を感じれば一気に客が離れかねない。だから悪戯を仕掛けられたなんて不祥事を避けたいカジノ側が全力で誤魔化してくれると読んでたよ」


「いつから準備していたんですか? あれだけの仕掛け、潜入したその日のうちにできるようなものではないでしょうし。それに考えてみれば偶然あの時私と出会ったと考えるよりも、以前から調査をしていたからあのタイミングで現れることができた、と考える方がよっぽど自然です」


「んー……まあ、そうね」


「ああ、やっぱり二ヶ月前からですか」


「俺、まだなんも言ってないよ?」


「学費の滞納をしてから私が呼び出されたのは一回だけ。それも一ヶ月目だけです。それ以降は私も母も呼び出されるどころか催促すらされていません。おかしいでしょう? 誰かが止めてくれていたとしか思えません」


「それが俺だって?」


「はい。身辺調査は探偵の仕事なのでしょう?」


「なるほど」


「…………足りませんか?」


「え? なにが?」


「私の探偵としての適性です」


「これ自己PRのつもりだったの!?」


「知らないんですか? 就活で重要なのは自己PRですよ。ネットに書いてありました」


「知らんわ! 就活なんてしたことないわ! まだ高校生だわ!」


「色仕掛けもダメ。正攻法もダメ。英詩さん、手強いですね……」


 いや色仕掛けはわりと効いてたよ。だって男の子だもん。

 でもそっか……色仕掛けのつもりだったのか…………。だから俺から触れようとしたら逃げたのね。うん……。そっか。……別に泣いてないよ? ホントだよ?


「もうなんでもいいので住み込みで雇ってください」


「今さり気なく要求をアップグレードしなかった?」


「してませんよ。内弟子でもいいって言ったじゃないですか」


「なるほどね! ダメに決まってんだろ!」


「そう言われても……。もう住むところもありませんし」


「なんで!? 今まで住んでた家は?」


「母が家賃払ってないのでそろそろ住めなくなります」


「おぅ……、大荷物はそういうことか……。いやでも流石に同棲はちょっと……」


「言い寄ってきたくせに」


「ぐふっ。いや、それは」


「わかってますよ。あれが本気じゃなかったことくらい。大方私の自殺を止めるためと、あわよくば調査対象との距離を縮めて調査を有利にしようってところでしょう?」


「いや、まあ、そういう意図がなきにしもあらずではあるけどぉ……。全部が全部嘘ってわけじゃ……」


「なに気まずそうにしてるんですか。別に怒ってませんよ。追い詰められて弱ってる女の子の純真無垢な乙女心を弄ぶクソ野郎だなんて思ってません」


「怒ってんじゃん」


 え? 俺、土下座した方がいい?


「ふふっ、そんな顔しないでください。そのことについては不思議なことに本当に怒ってないんです」


「あ、そうなの?」


「はい。散々セクハラされましたし、それで反撃したらバーナム効果とホットリーディングで適当に言いくるめられましたけど怒ってません」


「すみませんでしたー!」


 即土下座。やべぇわ。俺、完全にクズだったわ。他に盗聴器仕掛けるタイミングなかったとはいえ、もうちょっとやり方を考えるべきだったわ。


「このままだと私、英詩さんにたぶらかされた挙句、今日寝るところもないですけど、怒ってませんよ」


「雇わせて……ぜひとも雇わせていただきますぅ……!」


「……なるほど。罪悪感に訴えかけるのが効果的なタイプですか」


 不穏な呟きが聞こえてきたけど気にしない。気にしてはいけない。


「ほら、そんなところでうずくまってないで、こっちに座ってください」


「はい……」


 ソファをポンポンと叩く美冬に促されて隣に座る。思わず溜息が漏れた。


「もう、そんなに落ち込まないでくださいよ」


「いや、振り返ってみるとあんまりにもあんまりなガチクズムーブすぎて、ちょっと。いくら必死だったとはいえ流石になぁ」


「……必死だったんですか?」


 あ。


「そ、そんなことねーし? これくらい名探偵にとっては余裕よ、余裕」


「ふーん。そですか」


 美冬が俺の肩に頭を預けてくる。え? なにちょっと急に。なんか空気、甘くない?


「英詩さんは、どうして私を助けてくれたんですか?」


「えー。なんでって言われてもなぁ。そんなたいそうな理由なんてないよ」


「怪盗の犯行動機は恣意的なものだって言ったじゃないですか」


「だってさー。好きな子を助けるのに理由なんている?」


「うそばっかり」


「…………」


「……え? あの告白……、まさか、本気で…………?」


 じっと黙して見つめれば、露骨に美冬が狼狽する。可愛いけど、ちょっと面白い。


「む。英詩さん。楽しんでませんか?」


「さてと。じゃあまずは美冬を秘密探偵に登録するところからだな。仕事内容については追々、実地研修ってことで。いやーブラック感がスゴイな」


「話、逸らしましたね? はぁ……。ズルい人」


 なにかを諦めたように溜息をつく美冬が再び頭を預けてくる。……なんで?


「英詩さんって、探偵と怪盗、どっちが本業なんですか?」


「しいて言うならどっちも、だな。その二つは本質的にイコールなんだ」


「イコール、ですか?」


「フィクションでは探偵と怪盗はライバルとして描かれることが多いけどね。現実の探偵は情報を盗む者と言える。言うなれば探偵は情報怪盗なんだ」


「では私は探偵と怪盗、両方の助手に雇われたんですね」


「あー……無理に巻き込むつもりはないぞ?」


「やりますよ。助手ですから」


 …………。ねぇ、やっぱり空気、甘くない?


「あ。そういえば私、一つだけちょっと怒ってることあります」


「え? 俺まだなんかやらかしてる?」


「心中してくれませんでした」


「ごめ…………いや、それは俺、悪くなくない?」


「心中してくれるって言ったのに」


「言ってな――ひえっ。ハイライト、消さないで? 美人だから余計に怖いの。いつもの可愛いキミでいて?」


「『私と逝くか』って言ったじゃないですか」


「逝くか、じゃなくて行くか、ね! なにそれ、怖っ! そんなこと考えてたの!?」


「逃げ場もないし、心中してくれるつもりで屋上に向かってるんだと思ってました。なのにワイヤーとか使ってあっさり脱出するし」


「そこは華麗な脱出劇を褒めろよ! なんでそんなに心中したいんだよ!?」


「決まってるじゃないですか。もう置いて行かれたくないんですよ」


「あー……なら別に心中じゃなくてもいいんじゃない?」


「私は好きな人にも、私を愛してくれた人にも、そんな思いはさせたくありません」


「だから心中?」


「はい。最高のハッピーエンドでしょう?」


 母親は男と出て行って美冬を捨てた。父親がどうだったかは知らない。だけどもういないことだけは知っている。

 美冬がゾッとするような笑みを浮かべた。


「英詩さんは私を裏切らないでくださいね?」

MF文庫J evo

Close