コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった

一章 再会(1)


 ────もう無理死のう。


 高校二年の春。

 オレ、くろみねリクは幼少期から仲の良かったおさなじみに告白し──あっなく振られた。

 信じられるか? 小学生の頃は、一緒におに入ったり、同じベッドで手をつなぎながら寝ていたんだぞ。中学生や高校生になっても一緒にお風呂に入る──ことは流石さすがになかったが、共に登下校していたものだ。

 いつだって一緒に居たオレたちは、よく周りからカップル扱いされていた。

 ここまで来れば、誰だって両おもいだと確信するだろ? 少なくともオレは確信していた。

 だから幼馴染に告白したのだ。高校二年に進級するのに合わせて……。

 だが、結果はどうだ?

『ごめんなさい。リクちゃんのことは、幼馴染というか、異性としては見てなかったの』

 だってよ! なんだよそれ! オレを異性として見てないとか、なにそれ!

 こっちは色々考えていたんだぞ!

 付き合った後、どこへ遊びに行こうかとか、手を繫いで色んなところに行って……。

 お互いドキドキしながらも、は、初体験したり……。

 いずれ結婚して夫婦になって子供ができて──まで色んな想像を膨らませていたんだ!

 なのに……ひでぇよ。異性として見てないとか、なんだよ。

 オレは両生類か? 人外か? ゲロゲロ。

「もうマジ無理ぃ、生きる価値いだせねえよー」

 本気で幼馴染のことが好きだったのによー。両想いだと思っていたのによー。

 勝ち戦だと思ったら負け戦どころか戦う前に負けていたでござる。はい切腹切腹〜。

「どうでもいい。オレの人生なんてクソ食らえだ」

 このつらい思いから逃れたい。


 オレは────自殺することにした。


 ただいまの時刻、午後9時なり。

 誰にも見つからない自殺場所を求め、オレは自転車にまたがり山の方に来ていた。

 家から三時間の距離である。もう帰るつもりはない。さよならだ。

 荒く息を吐き出しながら舗装された山道を懸命に上る。

 辺りは暗闇でまともに視界の確保ができない。自転車のライトだけが頼りだった。

「やべ、喉渇いた……死ぬ」

 バカみたいに自転車をぎ、汗がダラダラだった。オレの全細胞が水分をほっしている。

 どこかに自販機はないものか……。

 自転車で進んでいると、少し行った先に明かりが見えた。

 あれは────コンビニだ。

 こんな山中にコンビニがあるんだな。いやー救われた気分だ。

 砂漠で遭難した人がオアシスを発見したようなものだろ。

 オレはルンルン気分でコンビニを目指す。

 駐車場には一台も車が止まっていない。片隅で自転車が一台止まっているくらいだ。

 今の時間帯だと、山中のコンビニに客は来ないのだろう。住宅地から離れているしな。

 オレは自転車を止めてコンビニに向かう。

 自動ドアを通り過ぎ、心地よい冷気が体を突き抜けた。くー、最高だ!

「いらっしゃいませー」

 レジに居る女の子と目が合う。……なんだか地味な感じの女の子だな。

 モッサリとした茶髪に、大きなメガネで素顔が見えにくい。

 言い方は少し悪いが、教室の隅っこで大人しくしていそうなタイプに見えた。

「ぐっ! うぅ……!」

 な、なんということだ。急に腹が痛くなってきた!

「す、すみません。トイレ借ります……!」

「どうぞー」

 店員さんに断りを入れてトイレに駆け込む。漏れそうだった。


    ◇ ◇ ◇


 ふぅ、スッキリしたー。

 実に二十分近くに及ぶ大激戦だったが、何とか勝利を収めることができた。

「…………つーかオレ、なにしてんだろ」

 自殺するつもりで山まで来たのに、水分を求めてコンビニに来るとか……。

 幼馴染に振られてサイクリングですか?

 あー、やべ。最悪の気分になってきた。

 幼馴染に振られたことを思い出したら死にたくなってきた。

 何というか、全てに対して無気力になっていくような……自分の感情が消えていく。

 さっさと飲み物を買って自殺場所を探しに行こう。

 トイレから出て手を洗い、ドリンクコーナーに足を運ぶと──。

「おい! 早く金出せや! ぶっ殺すぞ!」

 野太いオッサンの声が聞こえてきた。……なんだ?

 オレはスポーツドリンクを片手に、レジへ向かう。

 するとニット帽をかぶった小太りのオッサンが、レジの地味な店員さんに包丁を突きつけていた。ふーん、コンビニ強盗か。

「早く金出せや!」

「ひっ……あ、あぅ……ぐすっ……ひぐっ」

 あまりの恐怖に店員さんはグスグスと泣き出している。震えた手で必死にレジを操作し、お金を取り出そうとしていた。その手には硬貨しかない。

「あ、あの……ひぐっ……こ、これで……」

「あぁ!? 全部だよ全部! てめぇ、硬貨だけ渡してどうするんだよ! こういうときは万札だろうが! 常識的に考えてよぉ!!」

「ひぅっ! ご、ごめんなさいごめんなさい! ……ぐすっ……っ!」

 男の怒声を浴びせられた店員さんは、ついにボロボロと涙をこぼし始める。

 あーあ、可哀かわいそうにな。ていうか早くオレの順番にならないかなぁ。

 さっきからオッサンの後ろに並んでいるんだけど、これ、どうしたらいいんだろう。

 と、次の瞬間、クルリとオッサンがこちらに振り返った。

 オレは反射的に頭を下げてしまう。

「あ、ども」

「ども……って、はぁあああああ!?」

 オッサンの驚き声が店内に響き渡る。うるせー。耳いてえー。

「な、なんすか。声、でかいっすよ」

「でかいって、おま……はぁああ!? どういうつもりだよお前! どこから来た!」

「トイレです。トイレに居たんすよ」

「トイレか……じゃなくてよ! お前、状況わかってる!?」

「わかってますよ。オッサンがコンビニ強盗してるんですよね?」

「わかってたよ! わかっててこの落ち着きっぷり! お前は特殊部隊の隊員か!?」

「いえ、自殺場所を求めている男子高校生です」

「闇ふけえ!」

 なんかこのオッサン、テンション高いなぁ。

 こっちは今から自殺するんだぞ? もう少し控え目にしてほしい。

 店員さんは店員さんで「すんっ……ぐすっ……」と泣き続けているし……。

「おいクソガキ! 俺をめてんのか!?」

「え?」

「俺に人は殺せねえと舐めてんだろ!」

 なにやらブチギレたオッサンが包丁を突きつけてくる。

 以前のオレなら小便をらすほどビビっていただろうが、今の虚無に陥ったオレには『包丁を向けられている』以外の感想は抱けなかった。

「ぶっ殺すぞガキ!」

「……殺せば?」

「へぇ?」

 なんとも間抜けな声を発するオッサン。

「いや、殺せよ。さっき言ったじゃん。オレ、自殺場所を求めているって」

「い、いやいやお前! んな簡単に」

「家族を交通事故でくし、唯一の心のり所だった幼馴染にも振られて……もう人生が嫌になったんだよ」

「おま……まじか」

「やるなら早くやれよ。あとオレを殺した後、店員さんには手を出すなよ? もし店員さんに危害を加えたらオッサンを呪い殺す」

 店員さんを守ることがオレにできる最後の善行か。

 オレはオッサンの顔を見つめながら堂々と言い放つ。

「殺せよ」

「くっ、あ……あっ!」

「殺せ」

「ぐ、ぅ……無理だぁああああ!」

 そう叫ぶとオッサンは包丁を落とし、ダダダーとコンビニの外へ走って行った。

 ……んだよ、コンチクショウ。自殺場所を探す手間が省けると思ったのにな。

 残念に思いながらスポーツドリンクをレジに置く。

「……ぐすっ……ひくっ……あ、あの?」

「会計お願いします」

「き、君……黒峰くん……だよね?」

「え?」

 驚いた。地味な店員さんがオレの名前を口にしたのだから。

「……わ、私……同じクラスの……ほしみやあや……だけど」

「……え?」

 星宮彩奈とは、オレと同じクラスのわいいギャルだ。

 茶髪のワンサイドアップに、程よく化粧が施されたれいな顔。さらにスタイルも抜群で、まず見た目からして男たちから注目される。性格に関しても非の打ち所がなく、明るく陽気で誰にでも優しい。教室内でもよく可愛らしい笑顔を見せている。

 そんな星宮彩奈は、校内でもトップクラスにモテるとされる白ギャルだ。

 ようはモテのごんみたいな存在である。

 …………いや、ウソだろ。

 オレには目の前の地味な少女が、とても星宮彩奈とは思えなかった。

 じっくりと顔を見つめてみる。

 モッサリした茶髪とメガネでわかりにくかったが、確かに輪郭は同じで面影が見えた。

「……えと、悪いんだけど……店長が来るまで……残ってくれないかな?」

「なんで?」

「そういう……規則だから……。色々と、話を聞かれると思うけど……」

「はぁ……分かった」

 面倒だが仕方ない。星宮に迷惑をかけるわけにはいかないだろう。

 オレは渋々うなずくのだった。

ファンタジア推しヒロイン

関連書籍

  • コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった 1

    コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった 1

    あボーン/なかむら

  • コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった 2

    コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった 2

    あボーン/なかむら

  • ネトゲの嫁が人気アイドルだった クール系の彼女は現実でも嫁のつもりでいる 1

    ネトゲの嫁が人気アイドルだった クール系の彼女は現実でも嫁のつもりでいる 1

    あボーン/館田ダン

Close