メイドが教える魔王学! 3 大魔王祭からは逃げられない
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

メイドが教える魔王学! 3 大魔王祭からは逃げられない

毒舌メイド×ザコ魔王がおくる、かろうじて魔王風味な学園コメディ第3弾!
泉谷一樹 (著者) / しゅがすく (イラスト)
シリーズ:メイドが教える魔王学!

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

季節は秋、いきなりミカゲに最大のピンチが訪れる――あらゆる魔王らしさが試される体育祭・通称「大魔王祭」、そして暗上院家の家族出現で新たなる退学のクライシス……!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 1_k

    打ち切り展開っぽいな、とおもったらやっぱりそうだった。ネタに発展性がなく、マンネリに陥りがちだったのが短命な理由か。さすがに、シチュエーションは違えど、同じメンツの同じような反応を3巻も天丼されるとお腹いっぱいになる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 登良

    二巻で打ち切りっぽかったけど今巻こそ打ち切りかな?ツッコミが好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真林

    打ち切りなのだろうが一応完結。息子の成績を見かねた父が退学を迫り、なんとか見返してやろうと計画することに。最後までワンパターンなリアクションしかしないキャラ達でした。大魔王祭の学年代表もいつも通りなメンツだった辺り、製作していた側も投げやりになっていたんじやないかという気さえしてくる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • RVII

    完結。特に語ること無し。なんで最後まで買ったんだろ? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • InfiniteLibri

    Book☆Walkerにて拝読。本巻を持って、完結。バカテスみたいなテイストでもあったが、そこに二匹目の泥鰌は居なかった模様。主人公の割りには、突っ込みはするが能動的でもなく流されることが遠因ではと思う。俯瞰する視点のキャラで、物語に積極的に関わらずそれ故に読み手を引き吊り込めなかったのではないだろうか。そして、主要キャラのアクションが硬直していて、元を取っ替え引っ替えしてもリアクションが変わらず早くに飽きられてのではと思う。繰り返しでも花があれば別だが、味気ないコピーではしょうがない。次作を期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/08/09
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784048668057

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK