青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない

《新章・大学生編》も大好評展開中! ちょっと不思議な青春物語・第2弾。
鴨志田一 (著者) / 溝口ケージ (イラスト)
シリーズ:『青春ブタ野郎』シリーズ(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

タレント活動に復帰した麻衣先輩と、念願の彼氏彼女になり浮かれる咲太。──のはずが、翌朝起きたら付き合う前に戻っていた!? これは僕がブタ野郎だからなのか? 青春のバカ野郎!
 原因は“思春期症候群”だと考えた咲太は、事象を起こしている人物を探すことに。 そんな咲太の前に、尻を蹴り合った仲の後輩・朋絵が現れる。彼女は友達の憧れの先輩からの告白を回避すべく、逃げ回っているらしい。 その最中、ふとしたことで「咲太と朋絵がつきあっている」と周囲に誤解されてしまう。しかも朋絵はこれ幸いと、咲太に「嘘の彼氏」になってほしいと頼んでくるのだった。 ち、違うんだ麻衣さ~ん! 咲太の心の声もむなしく、二人は「恋人のふり」をすることになり──!? シリーズ第2弾登場!

みんなのデータ

  • 246
    評価する
  • 101
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ダイスケ

    『青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない』は、タレント活動を再開した高校の先輩桜島麻衣が彼女になると浮かれていたらその前の日に戻っていることを梓川咲太以外には認識されないことから始まるSF青春小説です。尻を蹴り合った仲の後輩 古賀朋絵の「思春期症候群」が原因だと考え、二度三度と同じ日を繰り返し中で、古賀朋絵の本音を引き出す展開がおもしろかったです。“当事者だけが何度も経験を積み上げられるのは倫理的に良いのか?”、“梓川咲太は歳を取らないのか?”などとどうでもいいことに考えを飛ばせるので楽しかったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 寂しがり屋の狼さん

    前作でお尻合いになった『古賀朋絵』のお話しです。【ラプラスの悪魔】がキーワード…最後に朋絵ちゃんが選んだ選択は素敵です(*^.^*)過去を繰り返すのではなく、未来を疑似体験していたなんて…朋絵ちゃんの福岡弁は可愛い(*^^*) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    先輩から告白にOKをもらって翌日目覚めたら昨日に戻っていた咲太が、一学期の間だけ後輩朋絵の嘘の彼氏役を演じるお話。何だかんだ言いながら朋絵を放っておけない、きちんと向き合ってあげるのが咲太だし、先輩もそんな咲太だからこそ好きになったんですよね。ほんと先輩は咲太のことをよく分かってるなあと思いました。朋絵にとっては残念な恋になっちゃいましたが、これはもうしょうがない。でも無理せずいられる友達もできてこれからですよね。最後に出てきた存在からして、これからも咲太と先輩の信頼関係が問われる展開になりそうですねー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いーたん

    青春ブタ野郎シリーズ第2弾。まずは表紙、いいですか?朋絵ちゃんのナマ足。やーばーいー!ドキマギしちゃいました。さて、表紙の通り、小悪魔朋絵がメインヒロインでした。何なのこれ?咲太、青春しすぎ。まさにブタ野郎。前回で麻衣さんと付き合えることになったと思ったら、思春期症候群の影響で朋絵ちゃんと恋人ごっことか。すごく良い感じだし。はっきり言って羨ましかったデスヨ。だけどあくまで『ごっこ=契約』だから、咲太自身は麻衣さんへの気持ちはブレてないし、きちんと麻衣さんに好きと言える。咲太、好感度高いよ。。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    今回はラプラスの小悪魔朋絵の嘘彼氏を演じる回。何度もループするのかと思いきや最初と最後だけでそれ以外は普通にラブコメです。茶化しながらも後輩の事を放っておけない咲太。なんだかんだで良い男なんですよね。麻衣先輩も出番は少ないながら咲太に理解を示しヒロインとしての存在感出してました。そして朋絵も小悪魔とは程遠い空気の読める可愛い後輩で良かった。何気にさくら荘からのゲストキャラがいたりと嬉しいファンサービスもありました。次回はどうするのか気になりますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • ジャンル問わず、激推し作品3つ!
    ノリボーが作成したまとめジャンル問わず、激推し作品3つ!で紹介されています。
    2

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/08/09
  • 定価
    671円(本体610円+税)
  • ISBN
    9784048668088

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK