バッカ-ノ! The Rolling Bootlegs
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

バッカ-ノ! The Rolling Bootlegs

第9回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞の異色作、その名は『バッカーノ!』
著者: 成田良悟 (著者) / エナミカツミ (イラスト)
シリーズ:バッカーノ!(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

禁酒法時代、ニューヨーク。 裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。 泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。 マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。 チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。 職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。 そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。 彼らはまだ互いに関わりの無い者同士であった。このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまでは――。

みんなのデータ

  • 83
    評価する
  • 35
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ソラ

    【読メ登録以前読了済】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ケロたん

    飽きさせずテンポ良い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いちとなな

    再読。相当昔に読んだので懐かしくて懐かしくて。 最初に読んだときに最高に面白くてラノベの中では一番といっていいほど大好きになった。なんとなく、不老不死というテーマは暗く扱わなくてはならないのではという前提をぶっ壊してくれた作品。楽しければいい、ラノベとはこういうもんだ!と。登場人物が多く視点がころころ変わるけど、最終的にきちんとひとつのストーリーに導かれる流れが大好きでした。この後出た、列車の話がファンの間では評価高いと思うけど、1冊目は特別だなあ… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • られ

    何年もの時を経て再読。 まぁ、オチを知ってるとドキドキ感はないな(^_^;) 文体とかもまだまだおとなし目だしね。 いつの間にかすごく続巻が出てるので、そいつらに追いつかないとね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Solveig_X

    久々に再読。やっぱり面白い。数ページ読んだだけでグイグイ引き込まれる展開の数々。肝心な場面で人が「車に撥ねられ」てしまうシーンが二度もあるのには笑いましたがw 舞台は禁酒法時代のNY。マイザーがかっこいい。笑いあり陰謀?ありアクションありラブコメもちょっぴり・・・錬金術や不老不死の酒というのも胡散臭さを醸し出しつつも物語の中で重要なキーワードになります。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 【なめこ印先生オススメ 】読み応えアリ長編ラノベ3選!
    綴野つむぎが作成したまとめ【なめこ印先生オススメ 】読み応えアリ長編ラノベ3選!で紹介されています。
    5

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2003/02/25
  • 定価
    627円(本体570円+税)
  • ISBN
    9784048669283

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK