しけたい 日本史で試験対策委員会
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

しけたい 日本史で試験対策委員会

「1582年。本能寺の変――いちごパンツで本能が」
著者: 壱乗寺かるた (著者) / なつめえり (イラスト)
シリーズ:しけたい(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

藤嶋陸に与えられたミッション、それは日本史の試験で赤点を取ってしまった特待生の二人・鈴乃と優花を追試で合格させることだった。優等生の里子と天才幼女のオルガとともに陸の「試験対策委員会」が始まる――。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    これはいったい何がしたかったのか。まず最初に思ったことはこれですね。何一つ盛り上がるシーンもないただのごろ合わせをひたすらやるだけという糞作品。面白みの無い日常をグダグダするだけで読んでいて苦痛すら感じた。地雷作にも読んでいて許せる地雷とそうじゃないのがあるけどこれは間違いなく後者やね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シュエパイ

    にゅおぉぉぅぅ・・・なんていうか、頭の中がぐちゃごちゃしてきて、誰が誰なのかわかんなくなる場面が多かったのです・・・(;´Д`)んと、先生と里子さん、どっちか一人でよかったような。あと、アイドルの子と陸上部の子、喋ってる時の個性が区別つかなくてさ迷い続けたような。なんていうか、会話劇って過剰なくらいにしゃべり方や意見の個性を出してくれないと、判別つかないよう。。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 湯立

    変わったタイトルにひかれて購入。が、50頁くらいでギブアップ。その理由は..今日はもうネガティブなことを書きたくないので、簡単にすますと「読む時間がもったいないから」ということです。金銭の浪費は無かったことにできないので、せめて時間の浪費は防ごうかと.. 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    なんじゃこりゃ! GJ部の試験勉強版を目指したのだろうが、すべての要素が中途半端すぎて、残念な仕上がりに。キャラ紹介も無しに、更に各キャラを最大限活かすような(GJ部だと同じシチュエーションでの各人の反応の違いとか、生存では同じテーマに対する発想の違いとか)展開にしないものだから、半分くらいまでは誰が誰だか分からん。掛け合いもコメディもパロネタも、しっかりしたストーリーの合間に挟まれれば十分な品質でも、それ単体だと厳しい。試験ネタもガッツリした日本史知識で攻めてくるわけでもなく。なにもかもが中途半端。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みくきのこ™

    1000冊目。 「いちごぱんつで本能が」という帯を見て購入。語呂合わせも半分くらいは頭に残ったような気がします。ラノベならではの語呂合わせで現実の試験にも対応するというアイデアはとてもいいと思いました。 中高生の時にこの本が出ていたらうれしかったかな。 が、おしい。会話が多いのも説明が多いのも結構なんですが、どうも話にメリハリがない。淡々と話が進んでいき、全体としてライトノベル的な面白さを感じられなかった。主人公に魅力がないのかなーと。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK