ゴ-ルドラッシュ・オブ・ザ・デッド
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ゴ-ルドラッシュ・オブ・ザ・デッド

ゾンビvsガンマンvs忍者!? 痛快ウエスタン・アクション!!
著者: 永菜葉一 (著者) / 獅子猿 (イラスト)
シリーズ:ゴールドラッシュ・オブ・ザ・デッド(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

新大陸全土を襲う“空飛ぶゾンビ”を倒すために必要なもの、それは唯一『黄金』である――。ロッキー山脈での修行を終えた少年・ウィルが、天才ガンマンの少女・ソフィアと共にゾンビたちに立ち向かう!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    西部劇+ゾンビ+忍者というカオスな面白さを狙ったと思われるがそれぞれの素材に対する掘り下げや描写の厚みがないのでちょっと変わった設定のお話レベルにとどまる。特にゾンビに関しては書きようが淡白すぎて恐怖が伝わってこない。会話のバカバカしさや終盤のトンデモバトルなど面白いとは思うがこういうぶっ飛びはもっと土台をシリアスにガッチリ固めてこそ映えるのではないか?これではただの何でもありだ。勢いはあるので楽しくは読めたが一種の珍作でいわゆる突き抜けた怪作までには到らない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 瀧ながれ

    暴走する西部劇ゾンビ対戦・主人公は忍者!クライマックスの苦悩にすっきりとした決着がついてないのが、もやっとしますが、勢いがとんでもないので、おもしろかったです。自由の女神のハイキックと、「最終究極大忍法、超日米和親条約人間砲の術」で気が遠くなった…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 豚山田

    わはは、なんじゃこりゃ。アメリカのB級映画というよりは、ジョジョ読み過ぎて悪ノリしちゃいました的な感じでしたが、かなりやり過ぎ感のあるキャラクターのノリもやり過ぎ感のある設定や展開の中なので妙にバランスが取れていて読み易かったような気がします。ただこの無茶苦茶の中にある爽快感が売りの筈の物語に、三竦み勢力の相関関係は必要だったのでしょうか? 盗人にも三分の理とは言いますが、この場合は完全に敵側に「正義」があったとしか読み取れず、何とも言えない肩透かし感がありました。このキャラ、この展開なら勧善懲悪でしょ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • きりひと

    ★☆☆☆☆ 野村美月さんの「文学少女」における遠子先輩の無茶ぶり。ゾンビ×西部劇×忍者の三題噺を心葉くんに書かせてみたような読了感。にがーい。からーい。舌がちぎれそう、目から火を噴きそう。心葉くん、この話、辛すぎるよーーっ!…と、恨めしそうな顔をして訴えかけてくる遠子さんの顔が目に浮かぶ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • METHIE

    極めてB級テイスト全開の作品、ニンジャが切腹する、ガンマンが撃つ、ザンビが空を飛び、クライマックスは自由の女神VS黒船というバカバカしくて最高。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK