S.I.R.E.N. 次世代新生物統合研究特区
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

S.I.R.E.N. 次世代新生物統合研究特区

人造と幻想――世界を繋ぐ少年と、扉を開く鍵を詠う少女の物語
著者: 細音啓 (著者) / 蒼崎律 (イラスト)
シリーズ:S.I.R.E.N.(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

生命工学の中心地――次世代新生物統合研究特区、通称S.I.R.E.N.に現れた少女・フィア。その身を狙われ居場所をなくした彼女を救うため、少年・ミソラは、異能の力『方程式』でふたつの世界を連結させる!

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ひめありす@灯れ松明の火

    あの子はたった一人の本物で、それゆえに仲間は誰ひとりもいない。黄昏の蛇に唆される間でもなく、禁断の智慧の実を一口齧って、覚えてしまった罪"寂しい""貴方に会いたい"振り返る時、扉は既に固く閉ざされて、叩きつける拳が血に塗れても、もう永劫開かない。闇の中で蹲り、特異の翼は力なく垂れ下がる。涙にぬれた羽根、重たくなって動けなくない独りぼっちの天使を、どうか救って。これは追放された楽園を目指して、二人並んで歩み始めた、少年と少女の物語。どんな空にも飛び立てる天使の羽根も、今はいらない。二人並んで、歩んでいこう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 765@リハビリ

    これは面白かった。最初、絵柄が好みじゃなくて読むのためらっていたけど中身読み出したらサクサクでした。ただ、設定が濃い。 内容はあらすじが最適に思える。化学が発展した世界で女の子を救うお話だね。設定以外はありがちの展開。  続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    細音啓の新作。設定が今までの作品と繋がっているため過去作に出てきた用語や技術が色々出ており相変わらず凝った世界観だなぁと感心しました。出てくる用語が思いっきり黄昏色を思い出させるし舞台はエデン、イリスに似ているので今後過去作からのゲストキャラも期待できそう。今回は説明や人物紹介がメインという事もあってか展開はあっさりしていましたがこの優しい雰囲気は好きだな。これから先シャオ、ツァリ達もゲストとして出てきそうな気もするし次巻も楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シンヤ

    普通作。ちょっと情報が入り込みにくいかも。設定への腐心と繋がる描写はいいのですが、科学的要素はこの作者映えしないのかなと言う感じですかね。ファンタジーだと精巧なディティールになるのだけれと、科学だと余分な説明に感じるのと、取っ付き難い説明感かなぁ。既知の科学常識の説明あたりとか。雰囲気としては作者らしく安定かな。展開は、安心して読める王道的展開です。一方、起承転結がしっかりしているけど意外性は少ない伏線力の進み方でやや軽いかなという感じですね。そして顔見せもあり全体的に1巻は薄味といったところでしょうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナカショー

    面白かった!1巻は世界観や能力の説明がメインだったので次の展開に期待です。あと、どうせならフィア以外の他のバイオテスタのイラストも見たかったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK