心空管レトロアクタ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

心空管レトロアクタ

世界を再構築せよ――! 第25回ファンタジア大賞金賞受賞作登場!
著者: 羽根川牧人 (著者) / 片倉真二 (イラスト)
シリーズ:心空管レトロアクタ(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

電子機器が廃れ、新たに「心空子文明」が発展した世界。メカオタクの少年クウゴは、両親亡き後従妹一家と島で平穏に暮らしていた。しかし「邪禍」と呼ばれる化物が襲来。あわやというところに一人の少女が現れ――?

みんなからのレビュー

  • まりも

    そこそこ。パッとした要素は無いが文章も書けているし読みやすい。ファンタジア文庫の金賞作品として考えるなら妥当な出来ですね。1冊の中でうまく纏められているとは思うんだけどキャラの魅力が薄いですね。物語の盛り上がりも地味で惹かれる要素が無いのは厳しいかな。可もなく不可も無いすごく無難な1冊でした。まぁ設定は好きなので次巻も買うと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シンヤ

    平凡。説明過多なんだけど用語の前提条件的なところで説明し切れていないを除けば、大筋としてはよく出来ているかなと。ややオールドタイプではありますが、一工夫があり。構成、展開もよく纏まって書けているかなと思います。よく考えるとおかしなところはあるけど、物語の伏線回収力は高いかなと。登場人物は配置はよく出来ているけど、全体的にパッとしないかなと。よく出来ていて熱量はあるんだけど、出てきたものは地味で盛り上がりに欠ける感じかな。文章は書けてるけど切れが無い。物語がこぢんまりとし過ぎて無難なところでもう一歩かなと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 豚山田

    タイトルは重要です。何故なら読者はそこから本の内容を想像し、期待を膨らませて、お財布から貴重なお金を出すわけですから。僕がこの「心空管レトロアクタ」からどんな物語を想像したかと言えば…何となくセピア色の風景の、トライガン的な現代とは違う方向に発展した蒸気漂う街が舞台で、機械いじりの得意な少年が繰り広げる冒険とか、出会いとか…そんな感じでした。なので、少なくとも他のラノベと大差ない女子に囲まれてウハウハの少年が能力覚醒で剣を振り回して怪物を倒す話、等とは想像の埒外。まぁ勝手に想像した側が悪いのですが。無念。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    悪くない。前半がやや説明過多気味だが、それを乗り越えればきちんと伏線なども含めて理想的な物語展開ができている。しかし、こぢんまりとまとまりすぎていて、地味か。キャラとか何か一つ突き抜けた要素があれば一気にブレイクするくらいの余力はあると思うのだが。まあ、現状でも順当にシリーズ化されても十分楽しめるだけの力量はあるはず。次を楽しみに待てる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ymartak

    人の心の力を取り入れエネルギーに換える心空管が一般化されている世界を舞台に、邪禍と呼ばれる謎の生命体と闘う機士となる事になった少年の物語。独特のテクノロジーが、物語・人物と無理なく融合していて、全体的に重過ぎずポジティブな雰囲気で展開していく。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル