城ケ崎奈央と電撃文庫作家になるための10のメソッド
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

城ケ崎奈央と電撃文庫作家になるための10のメソッド

著者: 五十嵐雄策 (著者) / 翠燕 (イラスト)
シリーズ:城ヶ崎奈央と電撃文庫作家になるための10のメソッド(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

みんなからのレビュー

  • 謡遥@ぼっち党員

    いつも可愛い女の子を書いてくれる(逆にあまり他のことは憶えてないという意味で酷く印象的な)五十嵐先生の新作は、自虐モノでした(大嘘)。この作者の書きたいものは(可愛い女の子)がうんたらだと思っていますが、今回は経験に則って面白いところが多かったと思います(ぇ そしてキノのフィギュアとかいつのなんだろ。編集さんがイケメン過ぎてつらい(ぇ 同時に発売された時雨沢さんのとは、過去の話をしてるか現在進行形かの違いで努力的な意味で一生懸命の出方に差があったかなと思います。割と楽しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    クラスの人気者な女の子の秘密を偶然目撃し、それをきっかけに助けるようになるストーリーは、構図的にとてもソックリですね(苦笑)編集者である主人公の従姉の助けも借りつつ、女の子を手伝いながら電撃作家を目指すというお話は、ややトントン拍子に進み過ぎで、解説も含めベタな展開でしたが、とてもこの著者らしい話で安心して読めました。現時点では数巻構成くらいの奥行きで、ハプニングはあってもライバルはおらず、シンプルで予定調和的なお話になりそうですが、次巻以降いい意味で期待を裏切ってくれると、もっといいと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    あら?意外ととまでは思わないけど、結構酷評が多いのね。個人的には乃木坂の次か、下手したら同じくらい面白いと思ったけど。まぁ、同作者内での比較というのが既にアレなのは置いといて。創作論的な話だが、ここまで身内かつメタな造りをする作品は珍しい。実際、そういうルールを知らない側からしたら、なるほどと思う場面も確かに少なくはない。ラブコメ方面においてはいつもの王道ベタベタな五十嵐節なのであわない人にはあわんだろうけど。ただ、一つ問題なのはこれを読んだからって電撃文庫作家に必ずなれるわけじゃないってところだけど。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    期待通りのテンプレラブコメ。今月は2冊電撃からラノベ作家ものが出ていますがこちらはテンプレ通りの展開+ちょろいヒロインがいるので軽い気持ちで読めるのが強みですかね。電撃文庫のラノベ作家を目指すうえでのノウハウあり、ラブコメありだが全体的に薄いかなぁ。ある意味この薄さが作者の武器とも言えるのでアリなのかなとは思うけど次巻はいらんかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    ある事柄についてかつてライトノベル・・・とりわけ電撃文庫に救われた城ヶ崎奈央と彼女を支える事に生き甲斐を見出した一之瀬渉とのライトノベル作家としての電撃大賞受賞への道のりを描いたラブコメです・・・w 今作も大まかなストーリーとヒロインの安定さは乃木坂春香から連綿と続いている安心と信頼の五十嵐ブランドです・・・w それと電撃大賞に拘る事無く物書きとしてこう書いてこうステップアップしていけば良いんじゃないかな?と言った様な書き方はなかなか読んでて楽しく、かつ書いて見たくなる様な良い内容でした。次巻も期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/01/10
  • 定価
    590円+税
  • ISBN
    9784048662925

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル