エロマンガ先生 妹と開かずの間
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

エロマンガ先生 妹と開かずの間

エロマンガ先生? そんな恥ずかしい名前の人、しらない。 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のコンビが贈る、新シリーズ登場!
著者: 伏見つかさ (著者) / かんざきひろ (イラスト)
シリーズ:エロマンガ先生(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

高校生兼ラノベ作家の俺・和泉マサムネには、引きこもりの妹がいる。 和泉紗霧。 一年前に妹になったあいつは、まったく部屋から出てこない。今日も床をドンドンして、俺に食事を用意させやがる。 こんな関係『兄妹』じゃないぜ。なんとか自発的に部屋から出てきてもらいたい。俺たちは二人きりの『家族』なんだから――。 俺の相棒・担当イラストレーターの『エロマンガ先生』は、すっげーえろい絵を描く頼りになるヤツだ。会ったことないしたぶんキモオタだろうけど、いつも感謝してる! ……のだが、衝撃の事実が俺を襲う。 『エロマンガ先生』は、俺の妹だった!一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、あの、えっちなイラストを描いていた!? そして俺達兄妹の関係に、超売れっ子美少女作家のライバルも加わって、大変動が起こる!新たなる兄妹ラブコメディ!

みんなのラノベまとめ

  • とにかく女の子がかわいいラブコメ
    ぶちたけが作成したまとめとにかく女の子がかわいいラブコメで紹介されています。
    3
  • ラノベ好きなら読むべきツンデレなヒロインまとめ
    たいぞうが作成したまとめラノベ好きなら読むべきツンデレなヒロインまとめで紹介されています。
    1
  • 思わず笑い転げちゃう楽しいラブコメ
    にゃにゃにゃわんが作成したまとめ思わず笑い転げちゃう楽しいラブコメで紹介されています。
    3

みんなからのレビュー

  • みりあ

    「俺妹」の著者の新作。前作よりもインパクトがある題名…いやこの場合、インパクト強すぎて逆に手に取らないのではないか…?(笑)いや、案外そんなことは無いのかもしれない…更にその逆効果を生むのかも。はい、でも少なくともそういった類の内容では無いことは最初に断っておきます。伏線はばんばん貼られているが、もう何となく予想はつく感じはするので。しっかりと意味のある題名なのだということは断っておきたい。…なんか読んだことを言い訳してるみたいになってるな(笑)正直また妹か…とは思ったけど純粋に面白かった。続きに期待! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    いやー、何というか。。。たぶん物語としては、既定路線を突っ走るんでしょうけど、めんどくさい二人を、周囲がやきもきしながら絡んでいく感じになるんでしょうね。エルフはエロマンガ先生を巡って正宗と勝負してたはずなのに、結果として別の重要な事実を、本人によって残酷にも突きつけられました。その裏ではエロマンガ先生が勘違いして、自分を認めさせるべく努力していたという。。。すれ違っていた二人は分かり合えたかに思えたのに、結果的にまたすれ違ってしまった。めぐみもまた絡んできそうだし、次巻以降が楽しみ。面白かったです! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    初めてこの人の本筋の作品を。さすがに一本仕上げたことのある作者だけに構成の仕方やキャラの活かし方とかはなかなかにいい。話の内容としては素直すぎるぐらいに素直なんだけど、ほとんどの作者はどこかで奇をてらうようなことをすることが多いし、だからこそ作者が残れた一因でもあるのかな。ただ、あくまで義妹にしたということはそういうことなんだろうなと思ったけど。キャラ的にはやっぱり狭霧かなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    高校生ながらラノベ作家の仕事をしている和泉正宗は義理の妹の紗霧と二人暮らしだが、紗霧は一年をも部屋を出ない引きこもりだった。しかしある動画をきっかけに紗霧が自身の作品のイラストレーターだと判明する…。『俺妹』コンビの第二シスコン&ブラコン物語。新作の兄妹は、作家とイラストレーターという同じ業界で繋がりながらもリアルでは部屋から一歩も出てこないという筋金入りの引きこもりの紗霧を自分の意思で出そうとする正宗の兄妹。引きこもることも学校に行かないことも望んではいないけど否定もしないという優しさは前作の京介も→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 友和

    とても楽しめてよかった。イラストレーターをめぐるラノベバトルはとても燃えてかっこよかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2013/12/10
  • 定価
    650円+税
  • ISBN
    9784048660815

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル