だから僕は、Hができない。 11 死神と王様
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

だから僕は、Hができない。 11 死神と王様

ついに僕は、Hができる!?
著者: 橘ぱん (著者) / 桂井よしあき (イラスト)
シリーズ:だから僕は、Hができない。(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ガルダーブロウグに攫われた美菜を追い、死神界へ向かう良介たち。死神界ではレストール家への責任追及会議が始まろうとしていた……。良介は無事に美菜を救い出し、約束通りリサラに告白することができるのか?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Yobata

    イレギュラーとして覚醒しガンダーブロウグに連れ去られた美奈,そして戦闘の際、死神の力を使い過ぎて強制送還されたリサラを救う為、良介達は再び死神界へ。レストール家の後継者問題によって監禁されていたリサラを救い出し、美奈を人間界に連れ戻し全ての決着をつける為、ガンダーブロウグとの最終戦に臨む…。最終巻。うむ、予想通りに期待通りに普通に丸く終わったなw最終章としてガンダーブロウグ派との戦いが多くなってアホエロ部分がちょっとおざなり感になってたのが残念。美奈も毎度羞恥プレイされすぎでしょ、→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シンヤ

    落ちるところに落ち着いたと言う感じの予定調和な最終巻でした。特に予想外の展開はなく、そつなく小奇麗に着地と言ったところでしょうか。大分シリアス方面がグダグダしていたところを、なんとか終わらせたって感じでしょうかね。盛り上がらない戦闘描写合わせて、シリアス方面が非常に弱い。そこにちょくちょくエロネタ挟み込むから腰を折っていたかなと。本編が蛇足っぽい感じだったけど、まぁそもそも方向性か、エロコメが薄くなったのも逆効果かな。登場人物の描写などは結構輝いていたりしたけれど、、ストーリー構成がいまひとつだったかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ ついに最終巻。イレギュラーとして覚醒した美菜をガルダーブロウグに奪われ焦る良介たち。一方、大人たちは捕らぬ狸の皮算用という逆境の中で物語は始まります。物語をしめるためにシリアス風味に展開されるため、今回はサービス控えめ。美菜が一人で頑張ってました。ストーリーの方は最終巻なのに相変わらず単細胞な面々な中、今まで噛ませ犬扱いだったイリアがやたらと輝いてました。とは言いつつ、良介も締めるところは締めてくれました。表紙もやたらイケメンでしたし。それにしても、ラストバトルがあっさり過ぎて拍子抜け。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    落ち着くとこに落ち着いたようで……リサラのよさはあんまわかんないけど、まあ概ね予想通りに。美菜は強くなったなぁ…… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 朝夜

    えんだああああ(オチツケ 読了。ついに完結。「ふふ、最終巻だからってやりたい放題だなこの作者」と、目次の時点で思っていたけど内容もまぁ、やりたい放題な内容でしたね。単細胞と変態率が高すぎです。 作戦を練る割りとシリアスパートにグダグダとエロネタを入れたり、焦り、先走り、話の腰を折って尺を取ったり割りに肝心のバトルパートが呆気無さすぎて拍子抜けでした。 まぁ、カエサルが一番イケメンのシリーズでした。次点はグラムです(マテ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK