フルスケ-ル・サマ-
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

フルスケ-ル・サマ-

奇妙な少女たちとの出会いが変えた夏
著者: 永島 裕士 (著者) / 紅緒 (イラスト)
シリーズ:フルスケール・サマー(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

初夏に出会った模型好きのおかしな女の子。彼女に興味を抱いたその時から、眩しい日差しと塗料の匂いにあふれた原寸模型部の夏が始まった――。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • シンヤ

    総合的にはピーキーなのに無難。ちょっと欲張りすぎたかなという感じです。余分なパーツがあったり噛み合わなかったりで、ううむ。展開・構成としては、よく組み立てられたキットでよく出来ているかなと、文章もそう悪くない。ただ要素、設定が盛り込みすぎて、活きていないものや、突っ込みところが多いのが難点。スタートとゴールは見えているのになんでこんなビジョンがぼやけているんだろうというクセの強い作品かなと。強引な展開だがわかりやすい。物語は悪くないが、欲張り過ぎたかなと。マイナスは多いが目を張るプラスがあったタイプかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 与太郎

    本来は、もっとたくさんのエピソードが途中に挟まれてたんじゃないだろうか。ときおりある不自然なシーンカットが少し気になった。でも、面白かった。すべてを原寸で作ってしまう模型部。廃部の危機にあるその部活を再興すべく立ち上がった、少年少女のひと夏の物語です。生徒会に提示された条件で、成果を上げるためにコンクールへ挑戦するのが本作のメイン。趣味に偏った部分が多くいまいちキャラが不透明ではあったが、熱いものを感じさせる青春のストーリーはとてもフレッシュでワクワクしました。プラモデルって男の子だよなあ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    ネタ系かなと思って読み始めたら部活青春ストーリーでした。展開的には」ロボノのROBO-ONEまでの所に似た感じがするなと思った。ちょっと無理やりなところもあったけれども全体的には結構良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    これは面白い。あえてカテゴリーを探すと、変な部活系に入るのだろうか。模型という名目ながら、実質的には工学ネタだった。展開も強引だが分かりやすい。個人的には、サイズよりも、ディーエレの装輪装甲車とか鼻血もの。しかし、いろんな実在の会社名出しちゃってるけど、いいんかいねえ? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たこやき

    模型作りをする話だと思ったら、実物大模型を操ってコンテスト入賞を目指す話へ。もっとちまちまとした話を期待していたので(笑)、ちょっと違った感じはあるのだが、部活物としての「熱さ」は伝わってきて、楽しめた。ただし、動機付けが必要とはいえ、生徒会長とのやりとりに終始する第1章はやや冗長に感じたし、また、コンテスト辺りになると、3人(+1対)のヒロインの中のうちの2人の描き分けが弱く感じたり、なんていうところを思わずにはいられなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2013/08/10
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784048918183

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK