超粒子実験都市のフラウ Code-1# 百万の結晶少女
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

超粒子実験都市のフラウ Code-1# 百万の結晶少女

巨大実験都市で、異能の少年は“奇跡”で創られた少女と出会う――
著者: 土屋つかさ (著者) / 植田亮 (イラスト)
シリーズ:超粒子実験都市のフラウ(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

謎の素粒子【グロア】が満ちる実験都市で、異能を持つ子供が生まれ始めて十数年。ある日、隼人は何者かに追われる少女フラウと出会う。思わずかくまった隼人は、彼女の感情が街に影響を及ぼす事に気づき――

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • くろり - しろくろりちよ

    グロア粒子という新しいエネルギー媒体を使用する実験都市での、ボーイ・ミーツ・ガール、ただしグロアロイド。実験都市や能力者から、かの超有名なラノベを思い浮かべるのも無理はないかと。ただしヒロインが人間ではないこと…アンドロイドをヒロインとしたノベルとしてはそれなりにありきたりではある。幼馴染の秘かな想いが全く実らないのは不憫過ぎる。一冊目は手始めとして、人が機械を愛せるかではなく機械が人を愛せるか…通例とは逆の設問へと持って行く展開になりそうな次巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シンヤ

    総合的には悪くは無いけど、『作者の個性』が薄まった感じかな。設定、世界観に関しては、これと言って目新しいものは無いが、整っているので可も無く不可も無くと言ったところかな。テーマ性よく描かれてるけどちょいと物足りない。登場人物の造形、配置は精巧に纏まっているけど、展開、描写が薄いかなと言った印象です。逆にライトなスピード感はよかったかなと思いました。文章自体はなかなか。整っているけど、これと言ったものがないというのが感想ですかね。手堅いが無難と言ったところですね。もう少し作者ならではの味が欲しいところです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八尋

    臨場感に欠けるというか何というか。しっかり読めるけど迫力を感じないそんな作品でした 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HOSHIZUKI, Yusuke

    なんかどっかで見たような設定の詰め合わせな感じがあって読むのが辛かった... 最初から既に全員攻略済みじゃないですかーやだー。 キュートでクレバーな発明家アイドルはご入り用ですので今すぐ来てください(真顔 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    きゃわわ。主人公側に正当性がないというか、敵があまり悪そうに見えない。むしろ発明品を盗まれるわ不法侵入されるわで一方的に被害者で、すげえ迷惑な話にみえる。という引っかかりだけをのぞけば、全体的に綺麗で良くできたラプンツェル系のボーイミーツガールのお話。続巻展開する気満々のようなので、この後どう展開されるのか見守りたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK