安達としまむら
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

安達としまむら

のんびり日常を過ごす、安達としまむら。その関係が、少しだけ変わる日。
著者: 入間人間 (著者) / のん (イラスト)
シリーズ:安達としまむら(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

今日ものんびり日常を過ごす、女子高生な安達としまむらの二人。一緒に居て安心する二人は、ふとしたことで手をつないでドキドキしたり。……そんなお話です。

パートナーのおすすめレビュー

  • 綾乃
    綾乃
    安達ちゃんとしまむらちゃんって、無二の親友みたいな間柄とは違うんだよね。ただ、授業のさぼりっていう、普通からは少し外れた時間を共有してて、自転車に二人乗りなんて、ちょっと悪いことも一緒にしちゃって……うぅん、この関係、どう言葉にしたらいいんだろう? でも、ふたりが少しだけ特別な友達、っていうのは間違いないんだ。

    そんな友達関係も少しずつ変わっていってね。安達ちゃんがしまむらちゃんをなんとなーく意識しちゃって、彼女とキスする夢も見たりして。この気持ちは「友達の好き」なのか、それとも「女の子としての好き」なのか……? 異性の友達ならともかく、同性の友達が相手だと、そんな思いを認めるのさえ簡単にはいかないんだよね。むー、悩ましい……!

    けど、そんな安達ちゃんの悩みなんてぜんぜん知らないしまむらちゃんは、何気なーく安達ちゃんに密着しちゃったり……うん、女の子の友達なら普通なんだけど……普通なんだけど! しまむらちゃん、ドギマギしてる安達ちゃんのこと、察してあげてー!

    女の子ふたりの関係は、友達と好きの間で揺れ動いて、とってもあいまい。でも、そのあいまいさ、うまく気持ちが伝えられないもどかしさに、ちょっとニヤニヤしちゃった。
  • つむぎ
    つむぎ
    おっとりして落ち着いている安達に、面倒見は良くてもあまり周りに関心がないしまむら。そんな主人公ふたりですけど、彼女たちは、一目見れば物語の主役とわかるような、強烈な個性は持ち合わせていないんです。でも、それはある意味当然で、安達もしまむらも、本当に現実のどこかにいるような、女子高生、なんですよね。

    放課後に何となく友達を遊びに誘って、みんなでカラオケやドーナツ店に行って。そんな毎日の中で、ふと逃げたくなって授業をさぼってみたり。ちょっとだけ普通じゃない時もあるけれど、彼女たちの日々は女子高生たちが過ごすような日常そのもの。この友達と一緒にいるゆる~い空気感、何だか心がほわほわしちゃいますねっ。

    そんな現実味のある日々が続くからこそ、日常の中で、少しずつしまむらへの思いが変わっていく安達の気持ちにも、すごくリアリティを感じちゃうんです。意識し始めて、独占欲を覚えて、しまむらのことばかり気になるようになって……なんでしょう、この穏やかなのに感情へ訴えかけてくる感じ……! 日常をここまで日常らしく、それでいてドキドキするように描けるなんて、さすがは入間人間先生の筆力ですね……!

みんなのデータ

  • 96
    評価する
  • 209
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 寂しがり屋の狼さん

    かなり巻数が出ているので後回しなってましたが、やっと読めました(笑)📕前半は女子高生の日常って感じて少し退屈…中盤から引き込まれました(◕ᴗ◕✿)宇宙人は未だ謎ですが…次巻も借りに行かなきゃ🐾 続きを読む…

    ネタバレあり
  • T.Y.

    女子高生の百合風味日常もの。鈍感主人公のように無頓着ながらどこか対人ガードの硬いところのあるしまむらと、しまむらのことを大好きとしか思えない安達の、微妙なすれ違いを含んだ関係が描かれる。物語というほどの物語はなく、どうも本格的な同性愛とも違うようだが、そんな中での自分の感情に対する思春期らしい悩みや人間関係の中で感じる微妙な疎外感の描写は繊細で鋭い。良い青春文学。ついでに、『電波女と青春男』とコラボあり。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    ゆるゆるーでふわふわーでゆるふわーな作品(謎。この手の距離感の描き方は流石といったところ。反面、具体的に強いストーリーがあるわけではないので、そういうのがないとつらい人にはだらだら読む感じになってしまうかも。個人的にはあだっちーとおんなじような理由でしまむらーの方がすきかも。しかし今回は星宮ではないのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    安達から「しまむらの特別になりたい」という想いが溢れくるのが、とてもよく伝わってきます。見えない手を伸ばし、しまむらの心に触れそうになって手を引っ込めて…。その繰り返しに心が締め付けられるような思いがしました。一方のしまむらの安達に対する執着のような感情はまだ見られないけど、これから変わっていくのだろうか。この静かに心のやり取りをしていく感じがとても好き。ヤシロの存在も気になるし、今後の展開が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 雪紫

    アニメだと、色彩や雰囲気が好みだったし、この原作でも雰囲気が好きだけど文章で書かれる気持ちが何処かずっしりした感覚を覚える。ヤシロが妙に不思議な印象。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • あったかい気持ちになるラノベ5選
    KUMAが作成したまとめあったかい気持ちになるラノベ5選で紹介されています。
    0
  • ゆるーく好きなものをまとめてみました
    09が作成したまとめゆるーく好きなものをまとめてみましたで紹介されています。
    0
  • ペテ
    ペテが作成したまとめペテで紹介されています。
    1

関連情報

つむぎが選ぶ、2010年代に登場した人気ラノベまとめ60選

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2013/03/10
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784048914215

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK