ノロワレ 人形呪詛
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ノロワレ 人形呪詛

甲田学人が放つ新たな呪いの物語、開幕──。
著者: 甲田学人 (著者) / 三日月かける (イラスト)
シリーズ:ノロワレ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

双子の弟・現人は兄の夢人が嫌いだった。十五歳で作家になり、『呪い』と噂される七屋敷の娘と婚約して帰郷した兄・夢人。そして、彼らを蝕む呪いの物語が始まる。甲田学人が描く新たな呪いの物語、開幕!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • そのぼん

    タイトル通りのお話・・・。『呪い』をテーマとした作品でした。日本人形や釘の描写がなんとも不気味で、ゾクゾクしました。外国にはない、日本独特の怖さのある作品となっていました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • コリ

    待ちに待った新シリーズ。タイトル通り「呪い」にまつわる物語。ひたすらに怖くて不気味でおぞましいが、最高に面白かった。グリムよりもMissingに近い作風になったなぁ、と。どちらにせよ安定の甲田ワールド全開!って感じかな(笑)夢人は目的を果たせるのか?ミコトは一体何者なのか?と、読み終わったばかりなのに続きが気になってしょうがない!最後に印象的なセリフを1つ。作中ではなくあとがき、つまり登場人物ではなく作者から引用。…「私の作が、あなたの心に呪いをかけますように!」いやもうかかってるわ、コレ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    とある田舎町で起こる呪いの物語。断章のグリムがグロ重視ならこちらは静かに恐怖が迫ってくる感じでしょうか。人死には出ないものの、登場人物がいつ死ぬか分かったもんじゃないので終始ドキドキしながら読み終えました。ミステリー要素が分かりやすかったり、グロ描写も控えめだったりと全体的に物足りなさを感じましたが、今回はあくまでも導入部なのでそこら辺は次巻以降に期待ですね。作者曰く、人を死なせない物語との事ですがそれはそれで怖いので今後の展開が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゴローさん

    甲田先生らしいおどろおどろしい雰囲気が良いですね。あらすじを読む限り現人が主人公っぽかったのですが殆ど出番無かったですね…立ち位置的にはmissingの武巳に近いのでしょうか?そして夢人は恭一と被って見えましたがこっちは肯定的な死を目指していて無事(?)死ねるかどうか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    #ラノベ 弟君が主人公と思ったら、1巻は肩透かしだった件。でも、じわじわと巻き込まれるんだろうなあ。しかし、この自殺志願者の兄は危険すぎる。いまのところ、断章のグリムほどのグロさはないけど、今後は……。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/12/10
  • 定価
    605円(本体550円+税)
  • ISBN
    9784048912068

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK