僕の学校の暗殺部 2 たぶん個人的な事情
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

僕の学校の暗殺部 2 たぶん個人的な事情

「暗殺部」。それは、残虐非道な「いるか人間」を殺戮する部活--。深見真がふゆの春秋とのコンビで贈る恋と闘争の思春期ストーリー。緊迫の第2巻!!
著者: 深見真 (著者) / ふゆの春秋 (イラスト)
シリーズ:僕の学校の暗殺部

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

未但馬裕佳梨(みたじまゆかり)を失った痛みを抱え、それでも零士は、暗殺部の活動を続けていた。そんなとき、別の高校の暗殺部が壊滅したという情報が入る。一人だけ生き残った少女、千葉詩舞(ちばしいま)は正袈裟高校暗殺部に編入することになるが……。死にたがっているかのような詩舞に動揺する零士。さらに彼は、裕佳梨の友人だったという少女と出会ってしまう。残されたものの生きる道とは? そして精鋭揃いの暗殺部を壊滅させた敵、〈かげもず〉とは一体何なのか--。緊迫の第2巻!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • くりへ~

    増員として壊滅した他校の部員が登場。お約束で実戦ではポンコツって状況。最後に復活って流れかと思ったら、予想外に速く復活。イルカに利用されてる少女が救われたが、次巻以降どう主人公と絡むか楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    深見真先生(@fukamimakoto)の作品 #ラノベ 凄まじい暗く救いがないな、というか敵があまりにも外道すぎる。そしてヒロインがいない。これだけ少女キャラがいるのに、主人公とくっつきそうにないなあ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ころん

    編入生として、暗殺部の新入部員としてやって来た千葉詩舞。詩舞は以前所属していた暗殺部で仲間を全員失っており、<いるか人間>と戦うことができなくなっていた。クール、そんな言葉が似合う作品。むしろラノベと言っていいのかこれ…十代の少年少女をメインにしているという点ではある意味青春ラノベと言えるかもしれないけれど。<いるか人間>の描写は吐き気や嫌悪感を覚えるところもあって。容赦のないエログロ描写は人を選びそう。新たな設定も明らかになってもうしばらく続きそうだし、零士にはこのまま裕佳梨のことを引きずり続けて欲しい 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サエズリ割津

    すごく面白かった。「かげもず」という謎の存在に壊滅させられた高校から唯一の生き残りである千葉詩舞という精鋭が転校してきて、「かげもず」に対抗していく話。前巻同様、深見真の色が強く出ていて、本当に好きなシリーズ。濃すぎるガンアクションとぶっ壊れた倫理感と鬱屈したストーリーが本当に面白い。鬼一部長と零士の哲学的な掛け合いも面白かった。そして何よりあとがきが最高。恥ずかしい話だが、個人的に深見真の作品を溺愛する理由に少し合点がいった。それから引用されている本も読みたくなった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ドル箱

    感想いこう。これは「殺戮者の定義」を著した物語なのですが、いかんせんちょっとオナニー作品に近い。専門知識もかなり精通しているがハッキリ言って描写力が足りない。初刊で好きな事ばかり書いてもしょうがないと書いたが、そこを「自覚」出来ているのかは解らないが「自覚」していないと文体を読むと見えてしまう。まぁ少し癖のある作家なので致し方無い部分もあるだろうが「小説の書き方」を勉強した方が良い。嫌いな作家ではないがハヤカワ辺りで出版されたらまた手に取りましょう。ライトノベルでこの書き方は落第。切りましょう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/12/12
  • 定価
    616円(本体560円+税)
  • ISBN
    9784047285071

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK