カナクのキセキ 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

カナクのキセキ 5

恋する魔王と紅の魔女を巡る悲恋のファンタジー、感動の完結巻!
著者: 上総朋大 (著者) / さらちよみ (イラスト)
シリーズ:カナクのキセキ(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

リーゼを追うオリヴィア。ソーンを探すヤヒロ。カナクを倒したいライカと救いたいネウ。そしてユーリエに会いたいカナク。それぞれの命を賭した願いが叶うべき時は今。いざ、胸震わすトゥルーエンドへ!

みんなのデータ

  • 4
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ひめありす@灯れ松明の火

    僕が選んだ軌跡は、決して他人に赦されるものではないだろう。世界を恐怖に陥れて、徒に犠牲を増やして、そして何より、君を悲しませた。優しく純真な君が、僕を追うを知っていて。暁の聖者、紅の魔女。そう呼ばれる彼女の姿は、何故か分たれたこの世界とよく似ていた。光も闇も、等しく世界の一要素。もう一度、この世界が溶け合う様に。悲しみは一緒に僕が連れて行く。だから君はどうか笑って、君だけの軌跡を歩んで欲しい。わがままだと分かっているけれど、大好きな君が大好きな人と一緒に歩んでいく世界に。どうか、マールの加護があります様に 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ころん

    カナクをめぐる物語、ここに完結。アレンシア大戦が始まり、今までそれぞれの物語が語れてきたキャラ達が一同に集結。どんな人生を歩んできたのか、どこに向かっているのか、それぞれの思いをぶつけあうような戦いは壮絶の一言で、1ページも目が離せなかった。悲しい結末を迎えたキャラもいるのに、読み終わった後は自然と優しい気持ちになれて、とても良い上質のファンタジーでした。ネウとあのキャラのやりとりで物語を締めてくれたのもよかった。あのふたりの旅は、にぎやかで楽しそう。時間さえあれば最初から読み直したいなー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • KEI

    購入。紅き魔女と黒い魔王の旅が終わった。1巻で受けた感動を超えることはなかったことは残念だが、素晴らしい作品であることは間違いはない。ただ一人の少女を愛し、魔王に身をやつしてまでも生き抜いたカナク。彼が起こしたキセキは間違いなく世界をも動かした。愛する人を選ぶか、世界を選ぶか、そんな2択の前に愛する人を迷わず選びつつ、結果的に世界をも変えたこの物語の終幕は、まさにトゥルーエンドにふさわしい物と言えるだろう。正直、御都合主義と言われたら否定は出来ないけど、おとぎ話ぐらいは甘くてもいいだろう。次回作にも期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • どんぐり@明日はいい日だ

    大円団!1巻読み終わった時ラノベで初めて涙ぐんだ。これから二人の旅がはじまるんですね。ユーちゃん、カナちゃんお疲れ様。個人的にはレベッカさんにもう少し幸せになって欲しかった・・・あまりにも苛烈な生き方に涙。読み終わった感がすごいです。次回作もたのしみにしてます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぷりん

    報われる想いも、報われない想いもあった。それぞれの想いの表し方には、はたから見れば間違ったものもたくさんあった。けれど、あぁ、これでよかったのかなーと思えるラストですね。この世界観で、まだまだ語れることがたくさんありそう。番外編とか、同じ世界を別の視点から描いたりしてくれるといいのにな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK