アクセル・ワ-ルド 10 Elements
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アクセル・ワ-ルド 10 Elements

SAOとのコラボ短編ほか、書き下ろし含む三編収録。
著者: 川原礫 (著者) / HIMA (イラスト)
シリーズ:アクセル・ワールド(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

『遠い日の水音』 ── 西暦二〇四六年、秋。新生 ≪ネガ・ネビュラス≫ の一員となったシルバー・クロウことハルユキだが、とある過失でバーストポイントを急激に減らしてしまう。窮地に立ったハルユキに、タクムは加速世界の ≪用心棒≫ を雇うことを提案する。 『最果ての潮騒』 ── 西暦二〇四七年、春。新入生のバーストリンカー・能美征二による策略によって、かつてない危機に陥ってしまったハルユキ。それと時を同じくして、黒雪姫は修学旅行先の沖縄で、奇妙なバーストリンカーに≪対戦≫を仕掛けられていた。 『バーサス』 ── 西暦二〇四七年、春。ハルユキはブレインバースト内で、黒い剣士の姿をしたアバターと出会う。仮想デスクトップには、≪KIRITO≫ という表記で……。次元の壁を越えて、二人の主人公が激突する!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ひめありす@灯れ松明の火

    色々と「うっかり」なお話の多いフラグメントな短編集。レベル1から2に上がったばっかりのハル君がうっかりポイント全損しそうになって女の子に助けて貰うお話と、うっかり友達を傷つけてしまいそうになった黒雪姫が色々うっかり過ぎる地元っ子たちと協力して闘ったりする話。うっかりな地元っ子たちが可愛いのと、黒雪姫の色々やらかしたらしい過去が気になります。最後が本来交わるはずのない世界とうっかり交わってしまった特別なおまけの短編。いきなり文体が変わったので、ちょっと驚きました。うっかりだけどでもまたいつか会えると思います 続きを読む…

    ネタバレあり
  • チェシャ猫

    短編集。3編中2編はアニメで出てきた内容。エレメンツがココでも。ところでアイテムって、ポイント全損した時に稀にか、直結じゃないとプレイヤー間の移動って無いかと思ってたんだけど、なんか手に入れてましたね。強化外装とアイテムで扱いが違うのかしら。最後の1編はキリトが登場。慣れないゲームで互角ということでキリトの方が強かったというイメージが残りました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    アクセル・ワールドの短編集。「遠い日の水音」「最果ての潮騒」「バーサス」の3編。「遠い日の水音」はハルユキがとある過失でポイントを大幅に喪失してしまったため、「用心棒」を雇うことに。「最果ての潮騒」では、ハルユキが能美と争ってる最中、黒雪姫が修学旅行先の沖縄でとあるバーストリンカーに対戦を申し込まれる話。「バーサス」はSAOのキリトとシルバークロウの戦闘が。「バーサス」面白かったね。イラストもちゃんとabecさんとコラボしてたし。水アバターのアクアカレントはまさかのエレメントの一員。旧ネガ・ネビュラスは→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぴよの助

    今回は短編集。バウンサーのアクアカレントは第一期ネガ・ネビュラスのメンバーってことだよね。いつか合流する日が来るのかな。ていうか、なんでレベル1?黒雪姫にスポットの当たった話もあったけどこの辺りはアニメで見たから補完的な気持ちで読んだ。一番面白かったのはSAOとのコラボ。同じ作家さんだから出来ることだよね。ハルユキ対キリトもよかったけど。黒雪姫対キリトも見てみたいし、アスナ対黒雪姫も見てみたい。コラボに無限の可能性がある。この辺もやってみてくれないかなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 星野流人

    物語としても巻数としても節目の10巻は短編集。「遠い日の水音」はシルバー・クロウがレベル2になった直後の物語で、ここから先のネガ・ネビュラスの物語にも深く関わってきそうな人物が登場してきました。「最果ての潮騒」は黒雪姫が修学旅行中の沖縄で巻き込まれていたもうひとつの物語で、大きなピンチとバトルがあり、すごくおもしろかったです。そして本編にも関わる「そういうことね」という背景も描かれていたり。沖縄のバーストリンカーたちも個性的かつおもしろいので、これから先も勢力拡大してほしいと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2011/12/10
  • 定価
    715円(本体650円+税)
  • ISBN
    9784048862417

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK