カナクのキセキ 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

カナクのキセキ 3

カナクへの想いを支えに――ドジっ娘神官ネウ、銀獣人を捜す旅へ
著者: 上総朋大 (著者) / さらちよみ (イラスト)
シリーズ:カナクのキセキ(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ダークエルフの聖神官ネウは愛するカナクを救う旅に出た。だが、女王の命令は大氷山脈に住む銀獣人を連れてくること。それがカナクを滅ぼす布石だと直観したネウは葛藤を胸に出立するが、意外な人物に襲撃されて!?

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ひめありす@灯れ松明の火

    走り出した物語。誰も彼もが純粋な愛情を貫こうとしている。その純愛が敗れたときに、それを孤高の使命と捉えて邁進していく人と、身勝手な憎悪に変えて暴走していく人と、何が違うんだろうと考える。きっと、それはその人の性状だけでなく、周りで誰かが助けてくれた。ほんの少しその人に向けられる愛情の違いでしかないのだろうと思う。誰ひとりとして本当に悪い人がいないのがこの物語の特徴だなあ。恥ずかしげな台詞を誰もが恥ずかしげもなく堂々と口にしていて、読んでいるこちらは赤面ものだけれど、そんな青青しささえ、今は心地よい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 紅羽

    お話が広がり、また面白くなってきました。ネウが可愛かったです。リーゼの過去は切なく、彼女の今まで抱えてきたものを考えると、彼女の見方がこれまでとは変わりました。キャラクターの心理描写も繊細で、毎回強く引き込まれます。この先には幸せな結末が待っているとしても、まだ試練は続くようですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • コン

    説明不足で、ネウたちに都合のよい展開が多すぎる気もするけど、まぁーそれは本作のお約束なので流します。とりあえず読み終わって思ったことは、早く続きが読みたいってこと。序破急で序ということは、次からは描き方も展開も変えてくる可能性があるっていうことで、とにかくハッピーエンドは約束されているみたいだし、著者がどんな風に描いてくるのか楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ころん

    ネウの物語とリーゼの物語。リーゼの人生は、壮絶という言葉そのもの。どうしてここまで狂気に落ちてしまったんだろう。最期には救いがあることを期待してます。ネウの話では、レニウスとリリルの純愛ににやにや。このふたりには、ごく普通な幸せを手にして欲しいです。ネウの話といいつつも、レニウスもアルマもヤヒロも個性が強すぎて、ネウが若干くわれてたような気もしますが、まだまだ語られていない物語がありそうで、これからも楽しみです。個人的には、アルマ×ネウを推したい…w 続きを読む…

    ネタバレあり
  • KEI

    購入。表はネウとその仲間がカナクを助ける物語。裏はこの物語の根源たる物語。んー、面白いんだけどなぁ。もうちょっとなんだよなぁ。児童書に近いファンタジーでご都合主義全開の物語でも全然構わないんだけど、中途半端にRPGみたいにするのは止めてほしいんだよな。あとは、もう少し肉付けをして欲しいところ。プロットのみを読んでる気がしてしまう。個人的にはこの作品には期待してるから尚更頑張って欲しい。純愛で王道の夢物語みたいなものを待っています。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK