アイドライジング! 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アイドライジング! 3

著者: 広沢サカキ (著者) CUTEG (イラスト)
シリーズ:アイドライジング!(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

みんなからのレビュー

  • 星野流人

    モモのアイドルとしてのこれからの日々を決定づける、大いに重大なエピソード。3巻目にしてようやく、ただ戦うだけだった主人公のモモに、ようやく戦う為の理由が出来てストーリー的には大きな進展。それにしても、オペラ・オービットの大半から気にかけられているモモ……どんだけ凄まじい存在なんだ……。 オリンちゃんが、普通にモモの良きライバルみたいな枠に収まりつつあるのに危機感。駄目だよオリンちゃん……君は……もっとこう、当て馬っぽさ全開の二流芸人みたいな立ち位置じゃなきゃあ……! ベストイラストは、274頁のモモ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • カインズ

    【何のために戦うのか】基本的な流れは前巻と同じような感じだったのだが、その中でなんとなく流れで戦っているだけであったモモが戦う理由を見いだし、クラスメイトとの絆を深めたことが印象に残った。それにしても、タキは、尊敬出来るのか出来ないのか判断に困る人物である。今回登場した今回登場したキジョウがストイックな性格のガチバトル志向という今までにないタイプだったので、彼女についての心情描写も見たかったところ。エリーは、なんだか食いしん坊キャラにしか見えなくなってきた……。ゆるゆるな性格っぽいユカリの詳細が気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いかずち

    アイドライジング上での戦いはそこそこに、どちらかというとモモの周囲を重点的に描写していた巻だった。テンポの良さは犠牲になっていたが、モモが非常に愛されていることがわかって非常によかった。今回のテーマは競技を続ける上でのモチベーションは「勝利」の1点だけではならないという点で、いろいろと思い当たる節があったのではないだろうか。後書きによると難産だったようだが、それを乗り越えただけのことはある作品。オススメ度:★★★★★ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みくきのこ™

    2巻を読んだのは数年前。この巻を読んで一気に思い出すことが出来ました。この巻はオペラ・オービットよりもモモの成長にフォーカス。敗北からの発見。戦いが終わった後のモモの表情、とてもよかったです。この巻でアイドルとしての大切なことを感じることが出来たモモが、どう進んでいくのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    王道だし、山も谷もあるんだけど、物足りなく感じるのは何故か考えた。はっきりわかることはおりんりんランドじゃなかったということか。今回はアイドル云々というより内面的な話が多いかな。ぶっちゃけ文化祭は某クレイジーサイコレズとの絡みがほとんどだったのであまりそんな感じもしなかったし。というかハイライトは葛餅じゃないか。新キャラのムラサメはキャラバリエーションとしてはそういうのも必要だろうけど、あんま得意な娘じゃないなぁ。そろそろモモだけじゃなくオリンの試合も見たいな。そしてウルシダニさんの出番はあるのだろうか 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2011/10/10
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784048709651

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル