クライング・オ-タム 鋼殻のレギオス18
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

クライング・オ-タム 鋼殻のレギオス18

レイフォンとフェリ、2人きりの逃避行!?
著者: 雨木シュウスケ (著者) / 深遊 (イラスト)
シリーズ:鋼殻のレギオス(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ニーナが隠す秘密を追い、2人きりで白炎都市メルニスクを目指すレイフォンとフェリ。しかし二人を待ち受けていたのは絶体絶命の危機! 同じ頃カリアンとハイアの姿は何故かグレンダンにあった――激動の最新刊!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • YO-HEY@紅蓮ロデオ

    この世界の根底の敵に向かっていく。みんなが目指す敵を見定めて。学園臭は無くなったけど、このシリアス展開も大好きだよ。レイフォンはいつ天剣クラスの武器を手に入れるのかな。。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 和尚

    少し忘れかけてたんで17巻から読みなおしたけど、いつの間にやらフェリエンドに…とおもいきやまたリーリン?そして最後は走って天剣もささっと与えて佳境に進むわけですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • _mogura19

    ここ最近になく、れいほんが前向きになっている巻。そこですでに感激した。サイハーデンの技がとんでもないというか、対人で学生相手につかえないなって実感した……連弾の修行もあるけど、ハーレイ・キリクの努力の一説が心に染みた。 グレンダンの話、リーリンの葛藤と焦り、ニーナのじい様の終焉、アルシェイラの態度。なんとなく、でっかい失敗が来そうな予感がする。 ヴァティは葛藤の結果をメイシェンに伝えてから行動に出たところがひっかかるなぁ……報われていいっていうパターンでいうならヴァティもそうだよ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こんこん

    天剣やすーい。そしてこれが揃うことに果たしてどんな意味があるのか。誰もが超人めいていくなか、シュターニアさんがなごむ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 梅みかん

    今までで一番面白かった。レイフォンは本当に鈍感だけど、初めて行動に恋心が見えて面白いし、二人して最強の証明をしようとしたり、とにかく楽しかった。レヴァンティンとメイシェンのシーンは少し切なかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK