子ひつじは迷わない 泳ぐひつじが3びき
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

子ひつじは迷わない 泳ぐひつじが3びき

なるたま、ピンチ! 使い物になりません!!
著者: 玩具堂 (著者)
シリーズ:子ひつじは迷わない(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「子ひつじの会」に持ち込まれた相談に微妙な反応を見せるなるたまこと成田真一郎。その上、いつもなら積極的に解決しようとする彼が――。「成田くんが使い物にならないんです」。佐々原の訴えに仙波がとった行動は

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    ややミステリ成分は控えめな感じでしたが、学校のプールを堪能するはずだったのに、なぜか二人正座のお見合い状態で、なぜ女の子とお話ししてたのかとか水着姿の佐々原さんに説教されてたり、早退するくらい体調悪く、資料室で寝ていた仙波さんを放っておけずに、なるたまが介抱したり、なるたまが昔喧嘩別れした女の子と再会して誤解が解けたけど、大事な秘蔵写真削除されたり、見どころの多い巻でした。しかし会長が早退したなるたまを密かに超気にかけてたり、今と変わらない過去も露見して、構いっぷりとか暗躍がちょっと気になりました(苦笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 華臨

    今回は今までとは違い生徒会には寄せられない外部での問題が発生するという変化球が出てきました。だけど、ミステリ部分?はなんだかあんまりだった気がします…まぁ恋愛面では進展してきたのでミステリ部分も次回に期待ということで。因みに、相変わらず女の子がみんな可愛くて好きです。特に3巻では宮野先輩が気になりまくりです。勿論なるたまも(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    水泳部の問題でそれぞれの泳ぎ方でその人の性格を判断していくのは珍しいというかよく発想が生まれるなぁと。成田と仙波、成田と松宮の拗れた関係が対比になっていて、いずれ仙波も心開くようになるんだろうか。そして明かされた成田の気持ちはどうなるのか気になりますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 星野流人

    玩具堂、という作者の名に恥じぬ、まるで玩具箱のような作品である。基本構成は、迷わない子ひつじの会に持ち込まれた相談をツンダラ娘こと仙波が、不本意ながら解決していくというもの。ミステリーというよりかは、パズルのような感覚の作品。どんな深刻そうな相談でも、真相は案外ほのぼのしていたことが多かったりするのもこの作品の魅力。 プールのお話では、純粋にキャラクターたちのかわいさを感じられてよかった。宮野先輩の、イラストはないくせに存在感だけはある感じが好き。個人的に、三毛状態の桃子さんにグッと来た。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 千冬

    とにかく主人公に対する女性陣の当たりが強くて、それだけに真摯に接する佐々原に読者の好感度は傾きそう。登場人物が次第に「好意」を自覚しつつあるあるだけに、ここから先、どう展開させるつもりなのかは気になる、かな。持ちかけられる相談にキレがなくなりつつあるので、次回の夏休みで挽回して欲しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK