シロクロネクロ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

シロクロネクロ 2

ネクロマンサー×おバカゾンビで贈る、究極至高のネクロマンティック・ラブコメディ第2弾!
著者: 多宇部貞人 (著者) / 木村樹崇 (イラスト)
シリーズ:シロクロネクロ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

樽多露(たるたろ)市立美術館で起きた 『奇跡の宝石盗難事件』、馬流原(バルハラ)町各地で目撃されている『赤目の巨大野良犬』 の噂で街が騒がしくなり始めた頃、おバカでゾンビな高校生・不二由真はシロネクロの美少女・高峰雪路のえっちな妄想夢を楽しんでいた。 その頃、“クロネクロ幹部・四札(スート)のヴィクター・フランクストンが“賢者の石“探索に乗り出す。 時同じくして、戒律違反の疑いがある雪路の査問会が開かれようとしていた。水面下で動き出すシロとクロのネクロマンサーたち。そして、雪路とソファイアの師匠・ドールマンサーのマトリも現れ、雪路の真相に迫っていく──。 何も知らない由真はやっぱり雪路のえっちな妄想夢を楽しんでいたのだった。しかし……!?

みんなからのレビュー

  • ろびん

    唐突に登場して唐突に消えていったカーバンクルさんに戸惑いを隠せないんですが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 千秋

    相変わらずたくましいのか弱いのかよくわからないヒロイン。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しば

    一巻に続きまたしてもコマンドー要素が出てきたから続き買うか…… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ステファ

    なんか前巻から感じるのは、いつのまにか相手が消えてるってところ・・・かな。結構アッサリな感じがある。2ページ使った挿絵は(いい意味で)反則かなww 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ハロサイ

    今回はシリーズ映画の2作目をもじった章タイトル、だけどやっぱり内容的には意味なさそう。真剣さを下ネタで外すバトルと、真剣そのものバトルの2段構えが熱い。普通ならいくら熱いバトルでも長すぎるとダルくなってくるし、最後までボケを挟まれるのもイラつくが、本作のバトルはぜんぜん飽きずハラハラ感が継続する。ただ、ヒロインをちょっといたぶり過ぎだなあ。クライマックスでやる分には緊張感が高まってドキドキするけど、序盤から犬に肉を食いちぎられたり切られたりちょっとやり過ぎな感じ。[☆☆☆--] 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2011/05/10
  • 定価
    570円+税
  • ISBN
    9784048704908

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル