雨の日のアイリス
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

雨の日のアイリス

それは── ある雨の日の記録。降り続ける雨の下、出会いと別れの記憶。
著者: 松山剛 (著者) / ヒラサト (イラスト)
シリーズ:雨の日のアイリス

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ここにロボットの残骸がある。『彼女』 の名は、アイリス。正式登録名称:アイリス・レイン・アンヴレラ。ロボット研究者・アンヴレラ博士の元にいた家政婦ロボットであった。主人から家族同然に愛され、不自由なく暮らしていたはずの彼女が、何故このような姿になってしまったのか。これは彼女の精神回路(マインド・サーキット)から取り出したデータを再構築した情報 ── 彼女が見、聴き、感じたことの……そして願っていたことの、全てである。 第17回電撃小説大賞4次選考作。心に響く機械仕掛けの物語を、あなたに。

みんなのデータ

  • 40
    評価する
  • 32
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Yobata

    ロボット研究者アンヴレラ博士のもとで働いていた家政婦ロボット・アイリスは何不自由なく家族同然として過ごしていたが、ある事件を境にスクラップにされてしまう。さらには悪環境の労働を強いられ…。人間の為に働く存在であるロボットの「破壊と再生」,そして「愛」についてロボット視点から描かれる感涙物語。知能があるロボットが人間の従物であり続ける限り、存在する永遠のテーマを愛してくれた博士がいなくなるという経験をしたアイリスから見てみる話で、転生してからの絶望感は酷い。しかしそのどん底でも出会ったリリス,ボルコフとの→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    うん、面白い。面白いけどこれラノベじゃなくて一般小説じゃね?無機質であるロボットの感情というものをしっかりと書かれている作品。伏線の張り方はまぁまぁだけど、その伏線にその時になるまで気付かなかったのは、ひとえに物語に引き込めるほどの素地があったからなんだなと思う。リリスの「薄情なものよね。勝手に造っておいて、いらなくなったらポイなんてさ」というセリフにはいろんなものが詰まってる感じがするな。構成的にも、上げて下げて上げるがしっかりできてるのがいいな。あとは、リリスのメイド姿をはよ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    人間と感情のある機械達が共存する世界で、ウェンディ博士のもとでメイドとして働くアイリス。共に大切に思い幸せな日々を過ごしていたある日、博士が事故死したことから始まる切なくも感動的な物語。 スクラップになり作業用ロボットに転生したアイリスが、夜の読書会を通じてリリスやボルコフと友達になったある日、人間の残酷さを目の当たりにして、2人と共に行った壮絶な逃走劇の結末と、物語の全てが繋がるラスト。心温まる素敵な物語でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ほーりえ

    ああ、久々に泣いた。バスの中で必死に堪えるも、ちょっと泣いた。 自分は情報工学を専攻する大学生で、人工知能にも若干興味を持ってるのですが、もし機械やロボットに自我があったら、こんな感じなのかなぁと。いろいろ想像してしまいます。 ラノベなので、一般の方には敬遠されがちですが、是非色んな人に読んで欲しいと思います。P266の挿絵や、読み終わった後に見る表紙等は、ラノベだからこそ表現できた芸術。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 美羽と花雲のハナシ

    大好きな作品。ロボットと人間の優しい物語。語りかけてくるような文体と心が洗われるような清々しい読後感。序盤では、博士との甘い生活が描かれており、こっちまでが幸福感で一杯だ。中盤が凄く辛かった。真夜中の読書会が彼らの心を癒し、その時間はどこまでも柔らかく包んでくれた。もう悲劇のままで終わってしまうのかと嘆いたラストに一筋の光が差し込んできた。博士からの最後で最高のプレゼント。博士の手紙はずるいよ、涙が止まらなかった。困難を乗り越え、心の成長を遂げたアイリスは新しい生きがいを打開した。タイトル名が非常に秀逸。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 読み直したい夢中になるライトノベル10作品
    はれ@記録が作成したまとめ読み直したい夢中になるライトノベル10作品で紹介されています。
    0
  • 中学生にオススメの作品 3選
    たるたるが作成したまとめ中学生にオススメの作品 3選で紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2011/05/10
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784048705301

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK