劇場版マクロスF 上
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

劇場版マクロスF 上

河森正治監督も激賞! 劇場版「マクロスF」完全ノベライズ
著者: 小太刀右京 (著者) / 青木ハヤト (本文イラスト) / 江端 里沙 (表紙イラスト)
シリーズ:劇場版マクロスF(角川スニーカー文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

西暦2059年。マクロス・フロンティア船団は人気歌手シェリル・ノームの公演に沸き立っていた。パイロットを目指す早乙女アルトと歌手を夢見る ランカ・リーも、シェリルのライブに魅了される。だがそこに謎の宇宙生物バジュラが襲来。民間軍事会社S.M.Sの新型バルキリーによって何とか撃退するも、シェリルの来訪とバジュラ襲来の奇妙な一致を怪しんだ政府は彼女にスパイ疑惑を向け!? 河森正治監督も激賞! 劇場版「マクロスF」の完全ノベライズ。

みんなからのレビュー

  • miwmiw

    戦闘機とかロボットとか今までまったく分からない上、前作全てのマクロス見てないのに、このマクロスFにはアニメから夢中になりました。劇場版のノベライズだけど、細かい心理描写とか説明がこっちにはあって楽しめました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 柏葉

    アニメのストーリーの焼き直し、歯車がずれたパラレルワールド、そんな印象を受けた。アルトとランカがシェリルのコンサート前から友達だったり、シェリルが自身の役割を知っていたりと、アニメ版との細かな違いがある。アナザーワールドとして楽しませたかったのかもしれないが、できの悪い鏡写しの世界だと感じた。それでも歌と戦いのマクロスシリーズの十八番となると、惹きつけられる。恋の三角関係はテレビ版と同様に明確な結論を出さないままなのだろうか。下巻も買ってあるので、読んで確かめることにする。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆーきー

    もう少し早いタイミングで発売できなかったのかなと思ってたけど、読んでみたらサヨナラノツバサ見た後の方が楽しめるかも知れないと思った。描写とか言い回しはテレビシリーズのノベライズ版から相変わらずな感じ。心理描写や設定についてはアニメより細かく描かれているけど、アニメのような戦闘シーンや歌が無いので、人によっては淡々と進んでいくような印象を受けるかも? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 胡馬香具師茉侑馨

    劇場版前編のノベライズ。オリジナル内容を含みつつも、原作の持ち味を活かしてうまく小説として昇華していっている。ただ文章なので戦闘シーンがアッサリ終わらせているのが残念なところか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 舞人(maito)

    劇場版見てないけど(涙)見てなくてもTVシリーズ見てたら、この小説だけでも結構楽しめる。特にシェリルの設定が相当盛り込まれていて、完全にメインヒロイン扱い確立してる。。。ただ、ランカも「精神年齢を気持ち上げている」という設定通り、安定したスタンスで驚いた。そしてヒロイン二人に比べると、あんまり成長度が測れない主人公(涙)後編に期待 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル