機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer

劇場版を完全小説化! 来るべき対話が始まる──
著者: 木村暢 (著者) / 柳瀬敬之 (イラスト) / 羽音たらく (イラスト) / 今泉良一 (カバーイラスト) / 矢立肇 (原作) / 富野由悠季 (原作)
シリーズ:機動戦士ガンダム00(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

西暦2314年──恒久的平和を目指す世界に、大きな危機が迫る。ついに訪れた”来るべき対話”に混乱する世界。人類を導くイノベイターへと進化した刹那は、新たなガンダムを駆り、その根源に触れようとするが──

みんなのデータ

  • 2
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ガーガー

    映画でよくわからなかった所が補足されていてよかった!ネーナに似た女性とか刹那が沙慈達の前に姿を現した理由とか。今までは人間同士の戦いだったけど、今回は一丸となって同じ目標と戦っていてよかった。でも、敵側味方の葛藤とかがなくて不完全燃焼…。あと、アンドレイとグラハム達の塵ざまは映画でも小説でも泣けた。それぞれ最後にはちゃんと納得したのであった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • bassy

    映画を先に見て、個人的に「この内容なら3時間とか、前後編でもいい!」って思ってところ、映画の補完目的で読んでみました♪いやぁ、映画では読み切れなかったあのキャラ、あのシーンの心理描写がしっかりなされていて、映画のシーンを思い出しながら一気に読み進めてしまいました。OO、すごく面白くて大好きだったけど、やっぱり、これで完結・・・と言うにはちょっと寂しいものがありますね。OO大好きな人には当然オススメ♪ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちり

    映画観たのはだいぶ前だけど、やっと読めた。 映画では???だった部分がちょくちょく繋がってスッキリ^^グラハムさんがかなりおいしいと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 赤い熊熊

    ガンダム初の(アニメ映像化されてる中では)異星体との遭遇です。テレビ放映時から示唆されてきた遭遇。異星人じゃないあたりが良いなと思います。有機物ベースではない、金属異星体。ガンダムに地球外生命が出てくることに色んな意見はありそうだけど、その点では違和感なく楽しめました。と、映画でたっぷり楽しんだあと、場面の映像をフラッシュバックさせながら小説を読んで、詳しい設定や状況の描写にフムフムとしてました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぎんのささみ

    劇場版を見ずにこちらを先に読んだけど、劇場版を見て口ぽかーんとなる理由がわかる。心理描写を文章化せずに映像だけで伝えるなんて不可能だよ・・・。グラハムの「たとえ矛盾をはらんでも存在し続ける、それが生きることだと!」の台詞は格好良すぎます。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 人前で読むのは注意!な泣ける作品
    コロロ少尉が作成したまとめ人前で読むのは注意!な泣ける作品で紹介されています。
    2

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK