電波女と青春男 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

電波女と青春男 6

青春ポイントのボーナスステージで、ついにエリオは 「せーしゅん女」 になる。
著者: 入間人間 (著者) / ブリキ (著者)
シリーズ:電波女と青春男

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

どもども丹羽真です。えー、俺は今、青春ポイントが浮遊しまくる魅惑のボーナスステージに立っているのだった……! そう。本日は我が母校の文化祭なのである。今年は 『引力』 をテーマとしているらしく、生徒も一般入場者も、全員その小指にはカラフルな糸がぷらぷら結ばれている。なんでも、同じ種類の糸を巻いている人を発見して結び合えば、『運命という引力で引き寄せられた者』 同士ということで、めでたく文化祭のメインイベントである体育館ライブコンサートにアリーナ席で参加出来るらしい。さて。俺はその 『引力』 とやらでどんな相手を引き寄せるんだろうねぇ。ふと気づけば、見慣れた水色の粒子があたりをキラキラ散乱していた。この晴れ舞台で、ついにエリオは 「せーしゅん女」 になる。

みんなのデータ

  • 14
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • とら

    もうすっかり「青春女と青春男」となったこの作品ですが、うん青春も悪くない!w前巻読んで、ちょっと落ち度があるのが見えてきたか?と思ったけれど、今はまったくもって前の逆の気持ちで満ちている。こいつらの、このキャラクターたちの行く先を見届けたいと。先が気になりすぎて困ってるところです。あ~最後にみんな集合したけれど、そこでもう一波乱あってもよかったんじゃないか!あれだけ総出演させておいて素っ気無い!...という愚痴は置いておいて、たぶんおそらく、この次の巻も続けて読んでしまうんでしょう。引力がこっちにもきた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    文化祭編やっちゅーに。今回は様々なキャラの一人称で物語が進むのだけど、この作品のキャラって大体同じ文調なので、誰が誰だかよくわからんくなるんだよなぁ。あと、別作品のキャラが出てたけどそっちは読んでないのでよく知りません。短編のキャラを出してくる糸はいまいち掴みかねるけど、最後のエリオの引力ロマンチストの部分は良かったかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナオフミ

    全てを通して伏線がはられ、気がついたときには全てが回収されて驚かされていた。伏線を伏線と感じさせず言葉で読者を誘導して一気に爆発させる、こんな小説を自分は初めて読んだ気がします。読んだことはあるかもしれないけどこの小説を読んで感じたことは今までで初めてだと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • KEI

    購入。鳥肌立ったー。まさか短編キャラをここで持ってくるとは。普通に驚いてしまった。それと、最近になってジョジョさんの素晴らしさがわかってきた。僕も大人になったのかね・・・。それでも本命は前川さんであると声を大にして言いたい。次巻はエリオ学校復帰かな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 4巻の伏線回収?みたいなかんじで学園祭でドタバタと。今後どうなるのだろうか、ドロドロ?誰エンド? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2010/09/10
  • 定価
    605円(本体550円+税)
  • ISBN
    9784048688802

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK