“文学少女”見習いの、卒業。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

“文学少女”見習いの、卒業。

もうひとつの”文学少女”の物語の、終わりとはじまり。
著者: 野村美月 (著者) / 竹岡美穂 (イラスト)
シリーズ:“文学少女”見習い

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

もうひとつの”文学少女”の物語の、終わりとはじまり。

みんなのデータ

  • 21
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Yobata

    親友の瞳と心葉のキスシーンを目撃し、瞳からは邪魔,心葉からは瞳と付き合うという衝撃の告白をされる。しかしそれには瞳の隠された秘密の過去にあった。それはなんと三年前の彼氏を死なせたという過去だった。その当事者の一人である忍足先生が菜乃と瞳の前に現れ…。瞳を闇から救うために文学少女として菜乃は立ちあがる。文学少女外伝,菜乃の物語最終巻。夏目漱石の『こころ』を題材とした「寂寞。」と心葉の卒業による菜乃と心葉の別れの「卒業。」の短編の二本。夏目漱石の「こころ」。やはり漱石名作の「こころ」は来るかw→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 文庫フリーク@灯れ松明の火

    『文豪とだって、喧嘩する』ストーリーセラー・サイドBに重なってしまう。『初戀』読み始めた頃は、菜乃に泣かされる日が来るとは思わなかった。あぁ、成長したなぁ、菜乃も心葉も。もっとすっきりまとめられる気もするけれど、やっぱり読んで良かった1冊・読み続けて大正解なシリーズ。『挿話集』4も楽しみだけれど遠子と心葉『半熟作家と文学少女な編集者』が待ち遠しくてたまらない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • た〜

    暴走娘が親友のために本気の中の本気・・・の筈がやっぱりコノハくんの手助けが必要で。その中でコノハくんの内面に触れていく。ところでコノハくん、遠子さんといい菜乃ちゃんといいひんにゅうにもてますねー 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 寂しがり屋の狼さん

    『見習い』シリーズの最終巻🌸今回は夏目漱石の「こころ」を軸に物語が綴られています。BFだとアタフタしたり夏目漱石に喧嘩を売る菜乃ちゃんは可愛い💓文芸部に入り一年…すっかり『文学少女』になりましたね(*^-^*) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 奈桜

    櫂くんが亡くなってしまったから真実は闇に葬られ…。人の心はその人自身にも分からないところがあるのが怖い。でも、その中での心葉の美羽との経験からの話はとても心に響きました。ななせの「井上のこと好きでいてよかった」の言葉に込めた想いが切なすぎる。「遠子のことが好きな心葉」を好きになった菜乃。無鉄砲なところが遠子に似ていた菜乃。心葉が菜乃のために小説を書いたことには「感動」と言葉では言い尽くせない。菜乃の想いも報われた…かな?「日坂菜乃さん、ぼくはきみが大好きです」これから2人が会う機会があることを祈って…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2010/09/10
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784047267251

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK