テイルズオブヴェスペリア虚空の仮面 下
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

テイルズオブヴェスペリア虚空の仮面 下

著者: 株式会社バンダイナムコゲームス 奥田孝明 (著者) / 株式会社バンダイナムコゲームス岩本稔 (イラスト) / 株式会社バンダイナムコゲームス (監修)
シリーズ:Special story

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

みんなからのレビュー

  • ノイス

    ちょっと上巻に比べて淡々としすぎていたり流しすぎていたりするのが気になった。対してドンとの関わりや、アレクセイの豹変部分はとても丁寧に描かれていてよかった。特にアレクセイの変遷は、悲しすぎる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • antoni

    再読。以前読んだときはアレクセイにあんまり感情移入できなかったけど、今回はシュヴァーンとの擦れ違いが胸に痛かった。彼にも誰かそばにいれば、違ったのでしょうか。ドンはレイヴンを思って「不幸な顔するな」と怒ったんだろうけど、あの輝かしい日々と同胞、掴みかけた夢、故郷、愛する人、そして自分自身を一度に失ったらああなっちゃうのも仕方ないと思った。遠回りして十年以上かかって漸く自分のなりたいものに辿り着いた彼。これからはきっと自分の道を突き進むのでしょう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • うるみ

    上巻がダミュロンの話とすれば、こちらはシュヴァーンとレイブンになる話というところ。 ゲームだとアレクセイは最初からああいった人間だと思っていたのですがこの小説を読んで、最初は違っったんだ、環境や経験があって変わるものなんだ、最初から悪人はいないのだと思いました。そして、ドンの器の大きさはすごいなと再確認しました。最後の方のキャナリのことを思い出すシーンは、切なさや嬉しさで泣いてしまいました。ゲームでは特にレイブンのことは好きでも嫌いでもなくって感じだったのですが、この上下巻を読んでとても好きになりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みちざね

    ゲームでは描かれていなかった部分が気になって仕方なかったので、気になっていた部分が全て書かれていてうれしかったです。この話はシュヴァーン、レイブンの物語ですがアレクセイの物語でもあったような気もします。ドンの最後やエステルへの謝罪のシーンももちろんよかったですが、キャナリとフレンを重ねたシーンもまた…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シアン

    レイヴンについて深く知ることができてすごく良かった。飄々としたレイヴンがあんな想いを抱えながら過ごしてたんだなって考えたらこみ上げるものがあった。自分を大事にしてくれる仲間ができて良かったね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2010/08/11
  • 定価
    640円+税
  • ISBN
    9784047266575

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル