隙間女(幅広)
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

隙間女(幅広)

〈受賞情報〉電撃小説大賞電撃文庫MAGAZINE賞(第15回)
著者: 丸山 英人 (著者) / ミヤスリサ (イラスト)
シリーズ:隙間女 (幅広)(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

〈受賞情報〉電撃小説大賞電撃文庫MAGAZINE賞(第15回)

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Yu。

    隙間女、魔女、人面疽、花子さん… 人を恐怖に陥れるのを得意とするエキスパート達なのに。。。ちょいとおバカで愛らしく、トボケた舌戦が茶の間を沸かし、最後はほろりなオチが待つという、もう一つの都市伝説短編ストーリー。おもしろい!! 落ちこぼれ隙間女のダメさ加減といい、ツンデレ魔女の乙女心といい、ハナコとハナコの不思議な友情的関係性といい、もうオリジナルとはかけ離れた物語になってるが、逆に様々な角度やタイプが愉しめて新鮮。なかでもまさかまさかの人と人面疽との間に生まれる絆にはうるっとさせられた(*´ω`*)ゞ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • た〜

    【ネタ重視型】ホラー・・・をモチーフにしたラブコメ、というかギャグの短篇集。ギャグとしては面白いけど中身はあんまりない。なのであっという間に読み終えてしまう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    おにぎりダイエットとか。というわけで都市伝説を中心とした短篇形式の話。どの作品もまったりとした具合と一人称といった感じで、細々読んでいくにはちょうどいい感じ。それゆえに高低なく、平坦に感じるところもあるかな。とりあえず学校の怪談のやたら現実的な事情は笑ったけど 続きを読む…

    ネタバレあり
  • CCC

    テーマ都市伝説、ほんわかラブコメ風味だが、その裏に隠れたフェティシズムと食への執着を私は見逃さなかった。真のテーマはデコとぽっちゃり、便所飯、あとはたまごサンドとカレーうどんと思われる(適当)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 謡遥@ぼっち党員

    短編でした。雰囲気が見えづらかったけど、結局面白がれたので良しとします。割と落ちが単純だったりするけど嫌いじゃない。これぞ短編、とか思ったり。まあ登場人物がばらばらだからそこまで深くはないけど、キャラは立ってました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2010/07/10
  • 定価
    671円(本体610円+税)
  • ISBN
    9784048686587

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK