天使から百年 魔人と主人と廃棄物
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

天使から百年 魔人と主人と廃棄物

“世界のためになんか戦えない”。二人の少女の、エスケープ・ファンタジー
著者: 野梨原花南 (著者) / ここのか (イラスト)
シリーズ:天使から百年(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

異形の敵・ロドーリーに対抗できる能力者を集めたダーヴィス学院。英雄の末裔だという理由で学院に強制入学させられた少女・カイは、魔人フジシロユイカを召喚して、ロドーリーと戦うことになるのだが……!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 発掘。ちょいちょい入ってくる伏線が気になる。ユイカがカイ好き好きなのが可愛い。イズシードさんが好き。がんばって生き残って……。やれよ、と言ったあとに本当にやってもらって、でもそのひとがぐちゃぐちゃに傷つく、っていうこのさりげなくえげつない展開をサラッと出すのがなんか野梨原さんだなって思った。あとカイの艶声とか、野梨原さんすごく楽しそうだな、と……(笑)カイを庇ったときのジェンセンのひたむきさとか、つかみどころのないユウキとか、なぜか胸がつまされる。ところで東京レイヴンズとアンゲルゼを思い出しました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ふぁるこん

    男の子向けに書いた世界観としては野梨原花南さんらしい作品だった。野梨原さんの「ちょー」シリーズでもそうだけど、相手を許すとか理解をするとか、できなくても優しくあろうするそういったキャラクターたちに野梨原さんらしい魅力を感じます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月@更新停滞気味

    サラッと書かれてるけど、これ結構エロいよね?ちょっとびっくりした。カイが最初ユイカをあれだけ嫌がってたのに許容してからが割とあっさりな気もしたけどそれが野梨原さんの小説なんだろうなぁ。それからカイの名前、『ハイパーグッドラック』ということに最初気付かなかった。超幸運か。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • クローカ

    ライトノベル。『異世界にどの程度現実世界の法則が通用するのか』みたいなツッコミはするだけムダだ、と感じました。文章の圧倒的な酩酊感にただ引きずり込まれていくだけ。設定とか、バトルとか、色々そういったライトノベル的な要素はどれもわかりづらいのだけど、本質は文章そのもののドライブ感(というよりは、サイケ感?)にあるのではないかな、と思います。またキャラ的には良質な百合分とボーイ・ミーツ・ガール成分が摂取でき、美味しい作品ではないでしょうか。良いものを読みました。次巻にも期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 安寿

    えっちぃ。(笑) ・・・いやいや、ノリハラさん的世界観はやっぱすてきですね。どちらかというと、心の勢いで書かれる方なので、考えて読むよりも心で読んだ方が受け止めやすいのかな。あと2冊とのことですが、しばらくは新たなノリハラ世界に漂えそうです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK