俺が主人公じゃなかった頃の話をする
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

俺が主人公じゃなかった頃の話をする

『偽悪の王』に続く二階堂紘嗣 新シリーズプロジェクト第二弾!
著者: 二階堂紘嗣 (著者) / 館川まこ (イラスト)
シリーズ:俺が主人公じゃなかった頃の話をする(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

三柴直道、この物語の“主人公”である。幼馴染みのありすによれば「無自覚な魔術師」。妹のスズによれば「夢を見ている救世主」。クラス委員長麻乃によれば「運命の婚約者」。三人の主張は矛盾しているが、彼の正体は――? それは既存の『日常系』を超えてゆく超・日常系ファンタジー!

みんなからのレビュー

  • リプトン

    物語としてはまだ序章でそれぞれのヒロインの顔見せで今巻は終わってしまったので次巻以降でどうなっていくかという感じですかね。ヒロイン達のキャラも良く可愛いくMFらしさもありつつ掛け合いも楽しかったです。謎が多く今後の展開次第で評価も変わってきそうですが、次巻も続きがどうなるか楽しみと期待できる程度の面白さはあったと思います。今巻はそれぞれの話でプロローグ3つあったようなものなので今後次第ですし、これを上手くまとめるのは大変そうですが期待したいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sskitto0504

    ハーレムラノベですが、なかなか設定が面白いです。いったい主人公が何者なのか気になります。メインヒロインは副題のようにありすなんですよね? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シンヤ

    総合的には面白かった、けどまだ何とも言えないかな。趣向としてはなかなか面白いけど、物語としてはどれもまだ序章と言ったところで、引きの後味もあわせてまだ全貌が図りかねるのでなんとも、増やし方でどう活きるか変わるかなと思います、纏まるか纏まらないかで二分、いまはまだ出揃ってない印象です。キャラ立ちは実にラノベらしく、MF文庫Jらしさもしっかり押さえつつ、構成でプラス補正かな。なかなかアクが強い感じではあるけど楽しめたかな。趣向としては面白いけど、かなりの技量を要求される構成なので、続きの出方次第かなーと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 王蠱

    過去のある事件を起点にどこかがかみ合わない三つの少女たちの「事実」と向き合うことになった主人公。各々のヒロインのキャラはそれぞれしっかり魅力あるし彼女達の背景としてある設定もいきなり過剰展開し過ぎな気もするが決してそれだけで嫌になるほどではない。ただそれらの組み合わせ方というか重ね合わせ方が秀逸と呼べるほどではないのが残念。「僕はやっぱり気づかない」みたいなのを期待してたが悪い意味でやはりMFテンプレから抜け出せていない。正直もう自己評価低い主人公ってお腹いっぱいで。このままだと続いてもあと2巻くらいか 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ジャックン

    気になり始めてから早1年、ついに購入。とても面白かった。3人の主張は嘘のようにも感じられるし、真実のようにも感じられた。果たして誰が正しいのか、あるいは他の結末が待っているのか。……ようは1巻だけではよくわからなかった。でもそれが目的なのだろうから、次巻以降に期待。あと、イラストは可愛らしくて良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2013/07/12
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840152358

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル