アスラクライン 14 The lost files
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アスラクライン 14 The lost files

新たな主人公が登場!! もうひとつのアスラクラインの物語。
著者: 三雲岳斗 (著者) / 和狸ナオ (イラスト)
シリーズ:アスラクライン(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

次元の狭間に迷いこみ、非在化した街を彷徨い続ける智春と操緒。“神《デウス》”の破片が降り注ぐ世界で出会った謎の少女が、彼らに告げる。お願い、和葉を護って、と──。一方そのころ苑宮和葉は、洛高の入学式の日を迎えていた。行方不明の兄、智春の行方を捜そうとする和葉だが、彼女の前に現れるのは、人間離れした能力を持った怪しい上級生ばかり。果たして和葉は智春失踪の真実に辿り着けるのか!? おなじみの仲間たちの秘密の過去と、それからの未来を描く新たな物語。 大人気スクールパンク、第14弾! リバーシブル・カバーで登場!!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ササキ アンヨ

    再読。まさにロストファイルなんだよな。最終巻の後の短編集だから無くてもいいし、有ってもギリギリ補完になるくらい。妹が兄と同じような状況になるということ自体は当初の着地点に近かったのではないだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たく@ぼっち党員

    アニメで消化ということで。そのうち読みます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★☆☆☆ 勝利のリバーシブル・カバー。しかし、内容は・・・。全体構成上、何を考えてここで過去話を挿入するのか理解できない。そして、ラストとあとがき。あ、あとがきは今回は先に読まない方がいいです。正直、この巻はなかった方が良かったかもしれない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • うめいち

    和葉の物語のプロローグ的な幕間に、これまでの番外編を配置した構成。タイムループものって、マンネリに陥りがちですが、そこを螺旋状にしてその間を行ったり来たりすることで(いみじくも、当初の潮泉老人の言葉が暗示していた)、シリーズとして推進力のある物語になったと感じます。まぁ、最初のころは展開がたるかったり、随所に無駄なお遊びが多かったりしますが、ともかく楽しませてもらえました。★★★☆。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    後日談と言うよりも、第二シリーズのプロローグな感じだぞ。中途半端なところで終わっているのがもったいない。まだまだ出し切ってない引き出しがいっぱい残ってるでしょ? 不完全燃焼なのでぜひ続編を。それと、佐伯妹はやっぱりかわええわ。なぜ彼女がメインヒロインではないんだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 積み読リスト
    紫鮫が作成したまとめ積み読リストで紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2010/02/10
  • 定価
    605円(本体550円+税)
  • ISBN
    9784048683340

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK