神さまのいない日曜日
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

神さまのいない日曜日

日曜日。神様は、世界を捨てた――読者・審査員絶賛のファンタジア大賞!!
著者: 入江君人 (著者) / 茨乃 (イラスト)
シリーズ:神さまのいない日曜日(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

人が生まれず、死ぬこともなくなった、神様に見捨てられた世界。村で唯一の“墓守”の少女アイは、ある日、村にやってきたハンプニーハンバートと名乗る不思議な少年と出会う――。第21回ファンタジア大賞作品!!

みんなからのレビュー

  • みっちゃん

    初読みの【王女コクランと願いの悪魔】がとても良い本だったので、このデビュー作も読んでみたくなりました。ここは神に見捨てられた世界。赤ん坊は生まれず、死者は死ぬ事が出来ない。この荒れ果てた世界で、死者を埋葬して安らぎを与える「墓守」の少女と、死者を狩るアルビノの美しき青年。二人の思いがけない絆と最後に起きる小さな奇跡。寂しくて、寂しくて、でも愛おしい。心惹かれる物語世界でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナカダマサトウ

    2009年第21回ファンタジア大賞受賞作、知人に薦められ読了─不思議な世界観だが、今まで便所の落書き程度にしか思っていなかった作者あとがきに目を通して、ああこの人はホント苦節してコレを書いたのだなということを如実に感じる稀有な作品─ラノベの宿命として続刊はしなければならないのだろうが、この本は一冊でよく完結しているなという印象を持った─子供が生まれず、四肢や頭部を破壊されても「生きている」という自覚を主張する人間……、それは果たしてゾンビなのか死んでいることをわかっていない人間なのか、そこにジャッジを下す 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    十五年前、神様に見捨てられたこの世界では人は生まれず死者は死なない。そんな死者に安らぎを,生者に慰みを与える者は“墓守”。その墓守であるアイは日課である墓穴を掘る毎日を過ごしていると、ある日村にある少年が現れ、日常を全て覆す。アイの村に隠された秘密とは?そしてアイ自身の正体は…?いきなりの村人の虐殺など理不尽でグロテスクな描写なのに悲哀の感情があまりなく、また情報量がないまま淡々と進んでいく所に違和感を感じたが、隠された伏線が徐々に回収され最後に一気に全てが明かされ違和感が解消される所は見事だった。→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • た〜

    (「王女コクランと願いの悪魔」の著者の作品ということで)割りと面白かった。ファンタジーな世界観はまだ良くわからないのでこの先のお楽しみかな。お父様の出番がこの巻だけ(?)なのはちょっと意外かな 続きを読む…

    ネタバレあり
  • これは……なんというか、ハンプニーが、めちゃくちゃかっこいいんだよなあ、と思った。信念において潔癖で、もどかしいほど頑固で融通がきかないどころかきかせる気もない我が道を行く、でもある意味理想の父親像をものすごくうまく体現してる感じ、が、します。厳しくかっこいいお父様。あとアニメより原作の方が、アイは大人かなー。けっこう思考し打算を知る女の子。好きです。全ては破壊され変革しいつか眠りにつく。面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル