赤の9番〈隷従〉
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

赤の9番〈隷従〉

世界の運命を担った12人の少女達――“不可解”な「運命ゲーム」が幕を開ける!
著者: 相原 あきら (著者) / カズオキ (イラスト)
シリーズ:赤の9番【隷従】(電撃文庫)

あらすじ紹介

「私は赤の9番です。至急私にベットしてくれるプレイヤーを探しています」憧れの同級生のブログで見つけた謎のメッセージ。不可解なゲームが幕を開ける!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ソラ

    内容(「BOOK」データベースより) 冴えない男子高校生・木下つくしは、ある日ネットを徘徊中に、クラスメイトが書いたと思しきブログを見つける。「私は赤の9番『隷従』です。至急私にベットしてくれるプレイヤーを探しています」―凛とした態度で同性にもファンが多く、つくしも憧れるクラスメイトの小田かずさが、実はゲーム好きの同志だった(これはチャンスかも)!?そんな妄想全開で、彼女に話かけてみれば、妙に切羽詰まったかずさの様子に引くに引けず、気が付けば彼女の下僕として不可解なゲームに巻き込まれるハメに―!? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いわし

    再読。赤と黒に分けられたそれぞれの未来に付けられた名前を考えると、赤がネガティブで黒がポジティブな言葉のように思える。たぶん意図されてる。明らかに勝ってはいけなそうな奴ら(こんな事を言うのはあれだけど)が主人公ってのは微妙に素直に応援できない所がある、だがそれがいい 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さくら猫

    主人公の妄想が度々入るのが鬱陶しい。   “赤の”とか“黒の”とか言ってるからルーレットを想像してたけど若干ちがうみたいだった。 赤の9番があるのなら黒の9番があると思っていました。 最初の扉絵を読後に見てようやくなっとく。 あらすじの12人の少女ってところで、なんで24人じゃないのだろうと疑問でした。(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あまたあるほし

    そろった素材は悪くないと思うが料理法に難あり。ラノベはある程度お約束は許されるとはいえ主人公の所作や展開が……。ベットという形でバトルに参加するのは気になる。しばらく先を知りたくなった 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こうま

    ★★★★☆ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2010/01/10
  • 定価
    671円(本体610円+税)
  • ISBN
    9784048682824

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK