耳刈ネルリと奪われた七人の花婿
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

耳刈ネルリと奪われた七人の花婿

著者: 石川博品 (著)

  • Amazon紙書籍

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    いつものように学園生活を過ごしていたレイチたちが、その場の勢いで演劇大祭で舞姫チェリーとの演劇勝負をする事になる話。いやはや、今回もすごかった。真面目に演劇について描写し、その裏で進んでいく陰謀劇と上手く絡めていきラストの大団円へと繋げていく手際の良さは感服モノです。レイチの心情描写をぶち込むタイミングの巧さと言い、やっぱりこの作者は只者じゃありませんわ。レイチというキャラクターの魅力を余すことなく出し切った見事な1冊だったと思います。次巻も楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナカショー

    学園生活を満喫していたレイチたちがか成り行きとその場の勢いで先輩と演劇対決することになる第2巻。真面目に演劇しつつ背後で蠢く陰謀をアドリブでなんとかする展開がたまらなく爽快だった。やっぱりレイチの独白は個人的にツボ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 訃報

    レイチの守りたい日常って何?ラブアンドピースだよ!祭=政=非日常なんかに負けてたまるか!でもそれって青春じゃん?演技が気持ちを育み、本物の恋になる(演技ができなくなる)。彼が積み上げてきたウソの砦が結末では、少なくとも語りの中で完全に剥がれ落ちている。それは感動的な瞬間ではあるのだけど、「僕とネルリ以外の全てを焼き尽くさんとする世界最終戦争が世界一小さい規模で始まっていたのだ」との記述が怖い。本音を出す、本気になるということには、争いの予感が含まれている。大好きなあの子を守るため、独り占めするために戦う 続きを読む…

    ネタバレあり
  • METHIE

    ネルリ達が彼女の先祖である耳刈ネルリの演劇をするはめになった。 電子書籍で読了、意外と読みやすくすんなりイケルと思った確かにかさばる本よりもこちらのほうがいいという人もいるだろう。 これを読んだ後第一巻を読んだら印象が変わるだろうなぁと思った。 架空の社会主義国を舞台にしたシリーズ第二作、原作者コーチキンが書いた話は体制側の視点で検閲されたものなので恋人が離れ離れにオチなんだけど(この作者の話は結ばれない恋や悲恋、別れが多い) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • cista

    耳刈ネルリシリーズ第2巻。なにこれすっげえ・・・! この2巻を読むためだけに1巻を読むべき。あとついでに3巻も買うべき。圧巻なのはやはり終盤のミュージカル上演シーン。上演作品の史実的説明/作中人物の心情/演じてる主人公たちの心情/観客の反応、を同時進行で語りながら、国内外の政治対立/学内のお祭り騒ぎ/親と子の葛藤/密かな恋愛感情、を作中劇のなかで一挙に解決してやがる。なんだこの力技。これだけの要素がたった一冊にまとまってて、なのに学園ラブコメライトノベルとしても成り立ってることがおかしい。おかしいだろおい 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/07/10
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784757749320

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK