嘘つきみ-くんと壊れたま-ちゃん i 記憶の形成は作為
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

嘘つきみ-くんと壊れたま-ちゃん i 記憶の形成は作為

ぼくのこころに連絡を取る。ノイズばかりだけど、辛うじて通信はできた。
著者: 入間人間 (著者) / (イラスト)
シリーズ:嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

むかしのことを考えると頭の中が深夜のテレビみたいにノイズだらけになるさっこん、いかがお過ごしでしょうか。これは、ぼくがまだ僕になる前の話だ。家庭内にぎやか事件のあと、ぼくはいろんな人と出会った。恋日先生、じさつ志願者、いじめっ子少女、にもうと、そして、マユちゃん。みんな(とくにマユちゃん)の純粋むくな姿がめじろおしでおとどけなのである。……むかしのぼくは正直ものだったんだよね。うそだけど……今度、じしょでうそって字を調べとこう。

みんなのデータ

  • 18
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • チアモン

    ふうっ。これで、私の積読していたみーまーシリーズは、ジ.エンド。久しぶりにちょっと辛い?読書だったなぁ。挫折しそうになったけど、読破しました。あぁ。みーくんのラストの一言が虚しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とら

    勿論今までの積み重ねがあるのが前提だが、面白すぎた。色々思うところはあるがまず、みーくんも人間だったんだなあと至って単純で当たり前のことを改めて感じた。子供の頃の方がそりゃあ素直だよね。あと全体的に恋日先生が関わってきて何というか感慨深い。と言ってもやはりみーくんはみーくんなのである。最後の短編もパラレルワールド的な世界で、そして多分正しいんだけど、違和感しか感じないのはそれも積み重ねの問題。そこで父親の台詞「人間は最善の道しか選べない」が、「最善の判断の中に幸福を見つけていけるといいな」…グッとくる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    「みーくん,みーきゅん,みくーん,みきゅるー。みっきゅーん」ぼくが僕になる前の、四季を舞台とした4編と、あり得たかもしれない世界の5つの短編集。春に出会ったのは。ぼくに空の落ち方を教えてくれた大人ー『うそが階段を上るとき』事件が終わり、精神病院で自殺志願者のヤマナさんに出会う。自殺することが生の証であるヤマナさんに死にたがりだと言われる。生きてていいのだろうか,死なないとだめなのか…死ぬことと生きることの価値がわからない。そしてヤマナさんが自殺する。死にたがりながら生きるか、生き生きと死にたがるか、→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 浅漬けの素

    番外編。こんなことがありました。こんな人がいました。こんなあなたがここにいました。こんな気持ちで過ごしていました。もしかしたら、もしかしたら、こんな世界もありました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 七月せら

    みーくんがみーくんになる前のあれやこれやのお話。相変わらず痛い(物理)な場面目白押しだけれど、まだ嘘に彩られきっていない素直な心の交流もあったりして、みーくんの下地が垣間見えました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/06/10
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784048678445

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK